車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
どんな車でも買い取れる?どんな車ができない?

どんな車でも買い取れる?どんな車ができない?

車を手放す際には、買取に出してお金に換えたいと考えるひとが多いでしょう。

しかし、これから手放そうとしている車が買取できないのではないかと不安に感じているひともいるかもしれません。車買取の査定に出したら値がつかなかったという話を聞いたことがあるひともいるでしょう。

ここでは、どんな車なら買取できるのか、買取できない可能性があるのはどんな場合なのか解説していきます。

どんな車でも買取に出せるのか

車を買取に出そうと検討している人の多くは、年式や走行距離などを気にするでしょう。高年式で走行距離も短ければ、買取できるものだと思ってしまいがちです。しかし、年式や走行距離よりも前に確認しておくべき点があります。

車の所有者を確認しよう

車を買取に出す際に、最初に確認すべきなのは車の所有者が誰なのかという点です。自分で買った車なら、所有者は当然自分だと思う人が大半でしょう。しかし、念のため本当に自分が所有者なのか確認しておく必要があります。

車の所有者は、車検証を見ることで簡単に確認可能です。車検証に所有者の欄が設けられているので、そこに自分の氏名が書かれていれば問題なく買取に出せます。もし、所有者の欄に自分以外の人の氏名が書かれている場合には買取に出せません。車を買取に出す権限があるのは、その車の所有者のみです。買取手続きの際にも、車検証の提示を求められ、所有者を確認されます。

また、車検証には所有者の欄とは別に使用者の欄も設けられているので、混同しないようにしましょう。

自分が所有者でない場合には

車の所有者が自分でないケースの大半は、家族が所有者になっている場合とローン返済中の場合です。家族共同で使用している車なら、通常は家族のうち誰か一人が所有者になっています。その場合には、所有者になっている家族から手続きを行ってもらえば買取可能です。

また、一度名義を自分に変更してもらってから買取に出す方法と、家族の代理で買取手続きをする方法もあります。そして、代理で手続きを行う場合には委任状が必要です。

委任状は手続きを行う人が所有者から代理人としての権限を委任されたことを証明するための書類で、所有者から書いてもらいます。

買取できない可能性がある場合

自分が所有者になっている車でも、買取できない可能性があるのはどんな場合なのか見ていきましょう。

買取手続きで必要な書類がそろっていない

車を買取に出す際には以下のものをそろえなければなりません。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書
  • 実印

このうち上の4つに関しては、車のダッシュボードの中にまとめて保管しているひとが多いです。念のためあるかどうか確認しておきましょう。

自動車税納税証明書は、自動車税を支払ったときに受け取る領収書のことです。金融機関やコンビニなどの判子が日付入りで押されています。もし、自動車税納税証明書を紛失してしまっている場合には、当道府県税事務所か運輸支局の自動車税事務所で手続きをすれば再発行可能です。

また、自動車税が未納の場合には、自動車税を納付するまで買取に出すことはできません。

印鑑証明書は市役所の窓口で手続きをすると発行してもらえる書類です。ほとんどの車買取業者で発行から3ヶ月以内のものを提出するように求めてきます。

これらの必要書類が足りなかったり、不備があったりすると、車の状態にかかわらず買取手続きを進めることができません。二度手間にならないように、買取手続きをしに行くときには、きちんとそろえておきましょう。

エンジンがかけられない状態の車

車買取の査定では、車の各部について細かなところまでしっかりと整備士がチェックします。実際に車を走らせてみて、正常に走行できるかどうかの確認も行うため、エンジンがかからなければ査定を行えません。

もし、車の鍵を紛失してしまっているような場合には、買取を断られてしまうこともあります。鍵があったとしても、ほかの理由でエンジンがかからない場合も同様です。

業者で買取をした車は整備をしてから中古車として販売されます。走行できない車は、修理で高額な費用がかかるため、値がつかない可能性が高いです。もし値がついたとしても、かなり安くなってしまうでしょう。

ローンが残っている車

ローンを組んで車を購入した場合には、基本的にローンを完済するまでは車を買取に出すことはできません。なぜなら、ローンを組んで車を購入する際には、ディーラーやローン会社を所有者として車を登録しています。ローンを完済するまでは、まだ正式に自分の車にはなっていない状態です。ローン完済後に所有権を移してもらえます。そのあとであれば、買取に出すのも自由です。

ローンが残っていてどうしてもすぐに車を買取に出したい事情を抱えているひともいるでしょう。一定の手続きを行うことで、ローンの返済途中でも車を買取に出せる場合もあります。そちらの詳しいやり方についてはこちらをご覧ください。

また、銀行のマイカーローンなどを利用している場合には、ローン返済中でも所有者が自分になっていることがあります。その場合には、買取に出しても問題ありません。

中古車を少しでも高く売るポイント

これまで大切に乗ってきた車を手放すなら、できるだけ高く売りたいでしょう。では、車買取で少しでも高く売るポイントを紹介していきます。

車の掃除をしておく

買取の査定に出す前に洗車をして車内も綺麗に掃除しておきましょう。車内にゴミが残っていたり、シートが汚れていたりすると、あまり大事にしていなかったのではないかと思われてしまいます。

タバコやペットなどのニオイが染みついているようなときには、ニオイ消しなども使うと良いでしょう。車内が綺麗になっていれば、それだけ印象も良くなり査定額も上がるかもしれません。

洗車は手洗いしても、ガソリンスタンドなどの洗車機などを使ってもどちらでも大丈夫です。ボディーに付着している泥などの汚れを取り除ければ問題ありません。

また、ボディーに小さなキズがついているときには、研磨剤などを使って消しておきましょう。それだけでも査定額が変わる場合があります。

付属品をそろえておく

年式や走行距離が同じくらいでも、こまめにメンテナンスをしてきた車は良い状態を保っていることが多いです。そして、整備記録簿にはメンテナンス履歴が記録されているので、査定に出す際にはきちんと用意しておきましょう。

ほかにスペアキーや取扱説明書、保証書などもあるかないかで査定額が少し違ってきます。特にスペアキーの有無で2万円程度差がつくため、見当たらない場合には家の中なども探してみましょう。

買取業者選び

中古車の査定基準はどの業者もほぼ共通していますが、業者によっては特定の車種やメーカーの車を買取強化している場合もあります。販路も業者によって異なるため、同じ車でも高く買い取ってくれる業者もあれば、そうでない業者もあるでしょう。

そのため、業者選びが重要です。基本的に販路が豊富な業者なら、高価買取が期待できます。ただ、車買取を利用するのが初めてのひとだと、どの業者が良いのかよく分からない場合もあるでしょう。そのようなときには、複数の業者に査定に出してみるのがおすすめです。

まとめ

車買取では手続きを行う際に、さまざまな書類の提出を求められます。

必要書類がそろっていないと手続きを進められないので、きちんとそろえてから査定に出すようにしましょう。その際に所有者本人なのかどうか、自動車税を納付しているかどうかも確認されます。

そして、車買取で損をしないためには、業者選びが大事です。業者により査定額に差が出ることも多いため、慎重に吟味して選びましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ