車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
ローンが残っている車を廃車したい 廃車の方法

ローンが残っている車を廃車したい 廃車の方法

目次

車を購入してから数年で事故を起こしてしまい、車は損傷が大きく廃車するしかない状態だがローンは残っている。
このような場合、車は廃車できるのでしょうか。

ローンの残債が残っている状態でも、廃車をする方法はあります。残債がある車の廃車の方法と手順をご紹介します。

所有者の確認をする

まずは自動車検査証の所有者欄を確認してください。
ここで所有者が車を使用している本人だった場合は、問題なく廃車が可能です。
主に、銀行ローンを組んで車を購入している場合、車を担保にしていないことが多く、所有者は本人の状態になっています。
ただし契約内容によっては車が担保になっている状態で、車検証記載の所有者が本人の場合もあります。この場合、担保である車を勝手に廃車することはできませんので、前もって契約内容の確認をしましょう。
車検証の所有者を確認して、他人名義または他の法人名義になっている場合は、廃車の手続きに所有者の書類が必要になってきます。

所有者が他人名義、または他の法人名義になっている

所有者が他人、または法人の場合は所有者に廃車の了承を得て、書類の発行を依頼しなければいけません。
ローンをディーラーやクレジット会社で組んで車を購入している場合は、所有権留保といって、所有権は使用している本人にはありません。
ローンの担保として、所有者である法人または個人に所有権があり、その後完済していたとしても、名義変更の手続きを行っていなければ、所有権は元来の所有者のままになっています。
この場合の、廃車手続きには所有権者が発行する所有権解除の書類が必要になります。

所有権解除を依頼する

所有権が他人名義または他の法人名義の場合は、所有権解除の依頼が必要です。
ただこの所有権解除書類を発行してもらう為には、ローンが完済されているかどうかを確認する必要があります。
これは所有権解除書類の発行を依頼する時に完済証明書が必要になる為です。
まだ残債が残っている場合で、額面が大きく使用者が残債を一括返済をできないと、所有権解除の書類を発行してもらえない場合があります。
残債があっても一括で完済できるなら、完済証明書を取得して所有者から所有権解除書類を発行してもらい廃車手続きを行うことが可能です。

完済できない額面のローンが残っている場合

ローンの残債が高額の為、一括返済が難しい場合もあると思います。完済できない額面のローンが残っている場合は、どうしたらいいのでしょうか。
事故などで車の損傷も大きく保管料だけがかかってしまうような廃車せざるを得ない状態で、残債もさらに払い続けるとなると、保管料とローン残債を二重で支払い続けなければいけなくなってしまいます。
せめて車両本体だけでも廃車をして保管料の支払いをなくしたいという場合は、ローン会社へ廃車をしてもかまわないか相談が必要です。

残債の支払い方法の変更を相談する

一括返済が難しい場合、残債の支払い方法の変更ができないかローン会社に相談してみましょう。
ローン会社は基本的に分割返済はできない、としている場合がほとんどです。
ただし、突然の事故や大きな自然災害に巻き込まれたなどで車が全損に近い状態になり、廃車せざるを得ない状況になった場合は相談できることもあります。
その場合、車は必ず解体にして永久抹消にする、買取がついた場合は買取額を返済にあてる、など条件が付いてきますのでローン会社へ確認が必要です。

解体条件で廃車の了承を得られたら

車を解体することを条件に永久抹消手続きをするなら、廃車用書類を出してもらえることがあります。この場合ももちろん、残りの返済はしなくてはいけません。
分割返済を了承してもらえた場合、廃車業者へ車の処分(解体)を依頼することが必要になります。
また、永久抹消をするには業者に解体報告をあげてもらわなければいけません
解体報告をあげることができる業者は、都道府県知事の認可を得た業者のみになりますので、依頼をする際に必ず確認をしておきましょう。

所有権解除の書類が出ない場合

ローン残債があり所有権者から廃車の了承が得られず、所有権解除書類が出ない場合や所有権者であるディーラーが倒産や廃業をしてしまって、連絡が取れなくなってしまうこともあります。
そんな時はどのような対処方法があるのでしょうか。

ローン残債の返済方法を組み替える

残債の一括返済が難しく、分割返済も断られてしまった場合は、所有権解除の書類が発行できないこともあります。その場合は、ディーラーなどでローン残債を組み替えることができないか相談してみてください。
これは廃車予定の車のローンから、乗り換え予定の次の車にローン残債を組み替えて払い続けるという方法です。
ただし、自動車税の未払いがあったりすると、ローンの組み替えができない場合もあります。

車両本体を解体して県税事務所へ相談する

所有者と連絡が取れず書類が出ない場合などは、車両本体を解体して解体報告をあげてもらってから、該当の都道府県の自動車税事務所へ連絡をします。内容としては、自動車を解体したので自動車税の請求を止めてもらえないかという相談になります。
事故車など使用が難しい状態になって、廃車手続きができないと困りますよね。廃車手続きをせずに運輸支局上では車の登録が残っていたら、自動車税の請求も続いてしまいます。
車を解体し、自動車税を止めることで、ローンの残債以外の支払いを減らすことができるのです。ただし、解体する前までの自動車税に関しては、支払いの必要がありますので気を付けてください。

ローンが残っている車を廃車したい 廃車の方法

ローンが残っている車の廃車の方法をご紹介しました。
ローン残債がある状態で、廃車をしないといけない状況になった時は、まず所有者情報の確認をしましょう。
またローンで自動車を購入することになったら、廃車手続きで戸惑わない為にも計画的に返済をし、完済後に所有権留保の解除(名義変更)を行い、所有権を本人に移すようにしてください。