車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
ローンの残債がある車を買取に出すにはどうすればいい?

ローンの残債がある車を買取に出すにはどうすればいい?

車を購入するときに、ローンを利用する人は多いでしょう。ローンの返済が長期にわたると、残債があるうちにその車に飽きてしまったり、車を使わなくなったりすることもあるかもしれません。そのようなときには、まだ価値が高いうちに買取に出したいでしょう。では、ローンの残債があるうちに車を買取に出す方法について解説していきます。

車の所有者を確認しよう

ローンの残債がある車は買取に出せないと思っている人も多いです。しかし、ローンの残債があっても必ずしも買取に出せないわけではありません。買取に出せるかどうかは、車の所有者で決まります。

車を処分する権限があるのは所有者のみ

ローンを利用して車を購入する際には、ディーラーやローン会社が車の所有者になるようにして登録されてることが多いです。万が一ローンを返済できなくなったときのために備えて、担保としてそのような方法をとっています。そのため、ローンを完済すれば、所有権を自分に移してもらえる仕組みです。

一方で、車を処分する権限があるのは車の所有者のみです。ここでいう処分には売却も含まれます。そのため、所有者がディーラーやローン会社になっているうちは買取には出せません。

また、ローンの残債があっても、所有者が自分になっているケースもあります。主に銀行のマイカーローンを利用しているときには、所有者を銀行名義にすることはほとんどありません。そのため、ローンの残債の有無にかかわらず車を買取に出せます。

車の所有者の確認方法

ローンの残債がまだ残っていて、車を買取に出したいときには、車の所有者を確認してみましょう。ローンの借入先が銀行の場合でも必ず自分が所有者になっているとは限りません。

そして、車の所有者は車検証を見ると確認可能です。車検証には所有者の氏名を記載する欄が設けられており、そこに自分の名前が書いてある車なら、自分の意思のみで自由に買取に出せます。

所有者の欄にディーラーやローン会社の社名が記載されていれば、その状態のままでは買取に出すことはできません。

また、車検証を見てみると、所有者の欄のほかに使用者の欄もあることに気づくでしょう。使用者は実際にその車を使用する人の名前が記載されています。ローンの残債があっても使用者欄には、自分の名前が記載されているはずです。

自分が所有者でない場合の対処法

車の所有者がディーラーやローン会社になっている場合に、どうすれば買取に出せるようになるのか見ていきましょう。

名義変更が必要

車を買取に出す権限は所有者にしかないため、買取に出したいのであれば、自分が所有者になる必要があります。つまり、車検証の所有者欄に記載されているディーラーやローン会社から、自分に所有者を移してもらわなければなりません。これを所有権の解除といいます。

しかし、ディーラーやローン会社では、返済困難時の担保という理由があって、所有権を留保しているわけです。買取に出したいということを説明して、所有権の解除を依頼しても、応じてはくれないでしょう。

所有権の解除に応じてしまえば、ディーラーやローン会社にとっては担保を失うことになってしまいます。車を買取に出した後にローンの残債を回収できる保証はどこにもありません。

逆にいえば、ローンの残債が確実に返済されるような場合には、所有権の解除に応じてくれます。

所有権の解除に応じてもらえる場合とは

車を買取に出すことで、まとまった金額のお金が手に入るでしょう。そのお金をローンの残債の返済に充てることで、全額返済できることもあります。そのようなときには、ディーラーやローン会社も所有権の解除に応じてくれるでしょう。

まずは、ローンの残債がいくらあるのか調べる必要があります。ローンを毎月返済していれば、ローン会社からハガキやメールなどで、入金確認の通知が来るでしょう。そのようなハガキやメールなどに残債の金額が記載されていることがあります。ローンの支払回数や残り回数などからも分かることが多いです。

もし、残債の金額が分からなければ、ローン会社に電話をして尋ねてみれば教えてもらえます。

ローンの残債の金額を把握できたら、次は車の買取金額が分かれば、全額返済できるかどうか分かるでしょう。車の買取金額を知るには、実際に査定に出してみるのが確実です。所有権でない人は買取に出すことはできませんが、査定に出すだけであれば問題ありません。不安な場合には、念のためローンの残債が残っていることと、所有権がまだないことを伝えておきましょう。

ローンの残債と査定額を比べてみて、査定額の方が高ければ、全額返済できるということになります。査定の見積書などを添えた上で、ディーラーやローン会社と交渉してみましょう。

ただし、査定の金額よりも実際に買取に出したときの金額がやや安くなってしまう可能性もあります。そのため、ローンの残債を査定額がわずかに上回る程度だと、所有権解除に応じてもらえないかもしれません。2割から3割程度余裕があった方が良いでしょう。残債が35万円から40万円程度なら、査定額は50万円くらいあれば大丈夫です。

残債が売却額を上回る場合の対処法

車の査定額よりもローンの残債の方が上回ってしまったときでも、まだ対処法はあります。では、どうすれば良いのか見ていきましょう。

現金で一括返済

ローンの残債が査定額を上回ってしまうと、買取金額だけでは全額返済することができません。しかし、残債と買取金額の差額が小さい場合には、差額分を現金で支払える場合もあるでしょう。たとえば、残債が50万円で買取金額が40万円なら、10万円を現金で加えて一括返済するような具合です。

差額を現金で支払って一括返済できるなら、ディーラーやローン会社が所有権の留保をしておく理由はなくなります。所有権の解除にも応じてくれるでしょう。

買取金額が残債の金額に少し届かないくらいのときにはおすすめできる方法です。

新たに借入をする

ローンの残債と買取金額との差額を現金で一括返済するのが難しい場合には、新たに借入をしてこれまでのローンを一括返済する方法もあります。これまで利用していたローンが完済されるので、所有権も解除可能です。

ただし、今後は新たな借入先に返済をしていかなければなりません。また、既に借入があるということで、審査も厳しくなります。新たな借入の審査に通らなければ、当然この方法では対処できません。

どうしてもすぐに車を買取に出したいような事情がなければ、ローンを完済するまで待つのが賢明でしょう。

新たに購入する車のローンに残債を組み込む

ローンの残債がある車を買取に出したいと思っている人の中には、買い替えを検討している人もいるでしょう。次の車もローンを利用して購入するなら、現在の車の残債も、そちらの方に上乗せして組み込む方法もあります。そうすれば、現在の車のローンは完済できるので、所有権も解除できるでしょう。

ただし、この方法も新たな借入をする方法と同様に審査に通らない可能性があります。また、返済の負担も大きくなることを認識しておかなければなりません。

もし、返済の負担が気になるのであれば、無理に今車を買い換えようとせず、現在の車のローンを完済してからにするのが望ましいです。

まとめ

車のローンの残債が残っていて名義が自分になっていない場合には、基本的に買取には出せません。買取金額でローンを一括返済できるときなど、限られた場合のみ買取に出せます。現金や新たな借入で得たお金を加えて一括返済する方法などでも対応可能です。

また、ローンを完済してから買取に出す際には、車の価値が下がり、値がつかないこともあるでしょう。そのようなときには廃車買取を利用するのがおすすめです。

都道府県から廃車買取業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ