車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取で車検残りはどう価格に影響する?査定額アップのコツも紹介

車買取で車検残りはどう価格に影響する?査定額アップのコツも紹介

車買取を依頼する場合、できるだけ高く売却したいと考えるのが当たり前ですが、買取査定を依頼するタイミングに悩む人も少なくありません。

とくに車検の残月が少ない場合、査定に影響するのではないかと不安になる人もいるでしょう。

車検の残りは多いほうが良いのか、買取価格にどのように影響するのか、車検と車買取の関係性についてまとめました。

査定額アップのコツについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

車買取で有利な車検残りは4ヵ月が目安

車買取査定には、ある程度の基準があります。この基準は、日本自動車査定協会が規定しているもので、車種などによって8段階のランクに分けて、それぞれに車検に関する加点の点数を定めているというものです。

この基準では、8段階中どのランクであっても、4ヶ月以上の車検残月がないと買取査定の加算対象になりません。すなわち車検残月が3ヶ月だった場合には、0点ということです。

また車のランクごとで加算点が決められており、一番ランクの低い軽自動車の場合でなら1点の加算、一番上のランクの車でも最高3点の加算になります。1点につき1,000円プラスなので、3点加算されても3,000円アップにしかなりません。

そして、日本自動車査定協会が規定している基準というのは、あくまでもひとつの指標にしか過ぎず、基本的には買取店ごとの判断で査定されます。車検残月の期間で、大きく査定額が増減することはないと考えて良いでしょう。

さらに、買取する車があまり人気のない車種やカラーだった場合、車検残月が多くてもマイナス査定になることが多いです。

市場ニーズがない車種の場合、中古車として売れるまでの期間が長く、買取業者側に管理費や手間の問題が発生します。

残月が多いことで査定額をアップさせてしまうと、買取業者側に不利益になってしまう可能性が高いからです。

車検残りにこだわるより早めの車買取がおすすめ

先ほどもご紹介したように、車検の残月が多くても、査定額が大きく変わることはありません。

車検期間にこだわって買取を悩んでいるよりも、早い段階で買取査定してもらうほうが、結果的に査定額が高い場合も多いのです。

また車検の残月にこだわるあまり、車検を受けてから買取りに出すという人もいますが、車検後の買取はおすすめしません。

その理由を、ここから解説していきます。

車検後の買取は損

車検の残月が多くても、日本自動車査定協会が規定している基準で考えると、最高3,000円アップにしかならないことを解説しました。

車種によって、また車の状態によって車検にかかる費用は異なりますが、いくら安く済んだとしても数万円はかかります。

そのため車検を受けてから買取査定に出しても、車検費用を相殺するどころか、逆に損をしてしまうのです。

車検をわざわざ受けてからではなく、車検切れになる前に買取に出すのがおすすめの方法といえるでしょう。

車検切れでも買取は可能

万が一車検切れになっても、車の買取自体は可能です。しかし、車検切れの車は公道を走行できません。そのため、自分で買取してくれる店舗まで持ち込むことができないのです。

では、どのような方法で買取してもらうのかというと、仮ナンバーを発行してから自分の運転で買取店舗まで運ぶか、出張買取業者に依頼して引き取ってもらうかという方法があります。

仮ナンバーを発行するのは市町村の役場でできますが、手続きに必要な書類をいくつか準備しなければならないことや、車を使用する当日か前日に手続きをしなければならないので、手間がかかります。

出張買取を依頼する場合は、業者選びに注意しなければなりません。車の移動には、レッカーなどを使用することになるので、レッカー費用を取られる業者だと、買取査定額からレッカー代を引かれてしまうことも考えられるのです。

出張買取業者を利用する際は、必ず引き取りに費用はかかるのか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

車検残りわずかな車買取で高額査定を狙う方法

車検の残月が買取査定に影響するのは、4ヶ月が目安ということをご紹介しましたが、車検まで2ヶ月を切っている場合や、車検ギリギリの場合でも高額査定を狙う方法はあります。

できるだけ高く車を買い取ってもらうために、業者の選び方や買取に適した時期、車の状態などについて知っておいてください。

車検ギリギリでは売却しない

車検の残月は、あまり査定額に影響しないとご紹介しましたが、車検ギリギリで買取業者に依頼するのはやめましょう。

これは、車検の残月が影響するという意味ではなく、早く買取ってもらわないと車検が切れてしまうという焦りが買取業者側にも伝わり、安く買い叩かれる可能性があるからです。

気持ちに焦りがあると冷静な判断ができませんし、交渉もできずに売却となってしまうケースが少なくありません。

納得できる値段で車を買い取ってもらうためにも、最低でも車検が切れる2〜3ヶ月前には、車買取業者に査定を依頼しておきましょう。

複数の業者で査定してもらう

車買取の基本は、複数の業者で相見積もりを取ることです。車の買取価格には、車種や年式、買取りする時期によって、ある程度相場が決まっています。

そのため、相場よりもかなり高い値段で買取ってくれるという業者は見つかりませんが、業者の在庫によっては、ほかの業者より少し高い値段で買い取りたいという業者も存在するのです。

また複数社に査定をしてもらっているといえば、競合他社に対抗して査定額を上げてくれる業者もいるでしょう。

車の買取業者の中には、相場とかなりかけ離れた安い値段で車を買い取ろうとする、悪質な業者も存在します。

複数社で査定をして比較すれば、そのような悪質業者はすぐに見抜けますし、比較した段階で一番高い値段を提示してくれた業者に売却すれば良いのです。

高く売れる時期を狙う

車の需要が高い時期を狙って、買取に出すという方法もあります。決算時期やボーナス時期である、1月から3月、9月と10月は、全国的に車を購入する人が多いです。

そのため中古車買取専門店は、少しでも多く中古車の在庫を抱えておき、売れる時期に売りたいと考えています。この車の需要が高い時期は、どこの買取業者も多少買取価格を上げてでも、買いたいというのが本音です。

しかし、いくら普段より高く買取ってくれるといっても、ある特定の車種を除きほとんどの車は、新しければ新しいほど価値が高いので、高く売れる時期を待ってまで買取に出す必要はありません。

たとえば4月に買取に出す予定だった車を9月まで待つというのは、5ヶ月も間が空いてしまうので車の価値が大きく下がる可能性があります。

中古車の価値は、変動しやすいので、買取してもらいたいと思ったときに素早く売却するのが一番賢い方法だといえるでしょう。

走行距離を意識する

走行距離が多くなれば多くなるほど、車の価値は下がります。これは走行距離が多いほど、車の部品が劣化している可能性が高く、中古車としてのニーズが少なくなるからです。

中古車業界では、3万キロ・5万キロ・10万キロが、ひとつの目安になっています。たとえば、4.8万キロの車と5.1万キロの車があった場合、実際の走行距離的には、0.3万キロしか変わりませんが、5万キロを超えた時点でガクッと車の価値が下がる傾向にあるのです。

車の買取で、できるだけ高い査定を望むなら、走行距離も意識して少しでも早く買取査定してもらうことをおすすめします。

まとめ

車検の残月は、車買取の査定額にはあまり関係ありません。車の買取は、できるだけ価値がさがらないうちに早く売ること、少しでも高く買取ってくれる業者で買取ってもらうことが重要です。

車検は意識せず、効率よく良い買取業者を見つけましょう。

都道府県から車検業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ