車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取とディーラーはどっちが安い?高額査定を狙うポイントを解説

車買取とディーラーはどっちが安い?高額査定を狙うポイントを解説

車を売却したいとき、車買取専門店に依頼する方法と、車を購入したディーラーに依頼する方法の2種類がオーソドックスな方法です。

ディーラーと車買取業者、どちらも中古車を引き取ってくれるので、同じと思っている人も少なくありません。

しかし双方それぞれに特徴があり、特徴を知ることで自分に合った売却ができると考えられます。

車買取業者に依頼した場合とディーラーに依頼した場合では査定額に差があるのか、高額査定を狙いたい場合はどうすればいいのかという疑問についてまとめました。

車買取業者とディーラーはどっちが安い?

車買取業者とディーラーでは、買取方法が違います。ディーラーは「下取り」と呼ばれる方法で、車買取業者は「買取」と呼ばれる方法です。

下取りは、新しい車をディーラーで買うという条件で、いらなくなった車を引き取り、新しい車の購入価格から下取り分の価格を下げるという手段を取ります。ディーラーで下取りをして欲しいなら、そのディーラーで車を購入しなければなりません。

それに対し買取は、とてもシンプルです。買取業者が車の価値を査定し、価値につりあう金額を提示します。売却する側がその金額に納得すれば、車を引き渡しお金が入ります。

下取りは次の車購入に充てられるので、現金が手に入らないのに対し、買取では車を売ったお金がそのまま手に入る仕組みです。

ディーラーの役割は新車を売ることであって、中古車の査定知識はあまり持っていません。買取った後の販路も限られているため、どうしても査定額が低くなる傾向にあります。

それに対し車買取業者は、中古車買取を専門におこなっているので、中古車の価値を的確に判断できますし、販路も国内のみならず海外に持っている業者も多いので、最大の価値を算出し高値で買ってくれるのです。

これらの理由から、車を査定に出したときは、ディーラーのほうが査定額が安いといえます。

車買取とディーラーの下取りのメリットデメリット

査定額だけで見ればディーラーのほうが安いので、車買取業者に依頼するほうがいいと思われがちですが、ディーラーの下取りも車買取業者の買取にも、メリットとデメリットの両方が存在します。

査定額だけで安易に決めず、双方のメリットとデメリットを知って、自分に合った売却先を選ぶことが重要といえるでしょう。

車買取のメリットデメリット

先ほどもご紹介したように、車買取の一番のメリットは、高額査定が狙いやすいことです。車買取業者の査定士は、中古車を数多く取り扱ってきた経験から、車の価値を的確に判断します。

たとえば人気車種や人気のボディカラー、人気のオプションパーツなど、中古車市場に精通しているからこそ見極めることができ、それをそのまま買取価格に反映させられるのです。

ディーラーの下取りよりも詳細な項目で査定していることが多いので、細かな部分まできっちり査定してくれますし、販路も国内のみならず海外、中古部品市場など多岐に渡り、買取った中古車を利益にできる可能性が高いため、高額買取を狙えます。

もうひとつのメリットは、車を売却して得たお金を自由に使うことができるという点です。下取りでは、車を売却したお金を新しい車の購入に充てられますが、車買取は、売却したお金がそのまま自分に振り込まれるので、何に使っても支障はありません。

デメリットを挙げるならば、中古車買取相場は、変動しやすいということです。車を売却するタイミングによって、買取相場が大きく違う場合があります。モデルチェンジ後には、ガクッと買取価格が下がってしまうことも珍しくありません。

また、車買取業者によっても買取価格に差があるため、高く買取ってくれる業者を自分で見極めなければならないのです。

車買取業者は数多くありますが、悪徳業者も残念ながら存在します。業者選びを慎重におこなわなければ、買取後にトラブルが起きたり損をしたりすることもあるのです。

下取りのメリットデメリット

買取よりも査定額が低くなりがちなディーラーの下取りですが、メリットもたくさんあります。

下取りを利用する上で、もっともメリットになるのは、手間がかからず安心して任せられるという点です。

普段から車のメンテナンスでディーラーを利用していて、顔なじみのスタッフがいる場合なら、下取りについて質問しやすいという人もいるでしょう。

新車購入が条件の下取りでは、買取のように業者選びをしなくて済みますし、車の購入手続きと並行して下取りの手続きもできますので、スムーズに車の乗り換えが可能です。

車の知識がなくても、ディーラー側が率先して手続きをおこなってくれますし、新車の値引き交渉もしやすくなるでしょう。

デメリットは、やはり買取よりも査定額が安いことです。ディーラーまで自分が足を運ばなければなりませんし、新車購入をしない場合は、下取りは利用できません。

下取りしてもらった金額が、そのまま自分のものになるわけではないので、新車購入以外の選択肢がないということを覚えておきましょう。

ディーラーの安い価格で満足せずに車買取を!

自分が大事に乗っていた車を手放すのですから、できるだけ高く売りたいと思うのが一般的です。

車を乗り換える場合ディーラーの下取りを利用するのは手間がかからずいい方法ですが、高額査定を狙うなら、やっぱり車買取業者に買取してもらうことをおすすめします。

しかし車買取業者といってもサービスの質や買取価格には差があるので、高額査定してくれる優良な車買取業者を見極めなければ意味がありません。

納得できる車買取をしてもらうには、事前にリサーチをしておくなど、準備が必要です。

中古車買取の相場は把握しておく

車を買取りに出す前に、中古車買取の相場はしっかりと把握しておきましょう。中古車買取の相場は変動しやすいので、意識してチェックしておく必要があります。

相場を知っておかないと、買取業者から提示された査定額が、高いのか安いのかも判断できませんし、悪徳業者にうまい言葉で丸め込まれ、相場とかけ離れた安い価格で、大事な愛車を買い叩かれる可能性もあるのです。

また相場を知っておくことで、業者との交渉にも役立ちます。損をしないためにも、必ず車の年式や車種から、中古車買取の相場はチェックしておきましょう。

複数の業者で比較する

車を買取りに出す場合、早く手放したいという理由から、焦って1つの業者で即決してしまう人も少なくありません。

中古車買取は一般的に、車の価値が下がる前にできるだけ早く売るというのが鉄則としてありますが、即決で買取を契約するのは、あまりいい方法ではないのです。

できるだけ高い金額で買い取ってもらうには、複数社に査定してもらい、その中で一番高い査定額を提示した業者に買取ってもらいましょう。

買取業者に複数で査定していることを伝えて、査定額を交渉する方法もあります。車買取業者は、できる限り中古車の在庫を確保したいので、競合他社に負けないように査定額をアップしてくれる可能性も高いです。

1店舗ずつ査定依頼をして店舗まで行き、複数の業者で比較するのは大変なことですが、出張買取査定を利用すれば、一度に複数社に査定してもらうこともできます。

買取業者選びは、大手ばかりに目が行きがちですが、比較してみると個人の業者のほうが高く買取ってもらえたというケースもあります。

最低でも3社以上で買取査定してもらい、比較するのが賢い方法だといえるでしょう。

まとめ

下取りと買取では、条件や査定レベルが異なります。手間が省けるという安易な考えだけでディーラーの下取りを選ばず、せっかく大切に乗ってきた愛車だからこそ、納得できる値段で買取してもらいましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ