車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取は残価設定ローンの途中でも可能?メリット・デメリットも解説

車買取は残価設定ローンの途中でも可能?メリット・デメリットも解説

車を購入する際にローンを利用する人は多いでしょう。ローンにもいくつか種類がありますが、新車の購入では残価設定型ローンがよく利用されています。新車にこだわりたい人に人気の高いローンの仕組みです。

しかし、生活環境が変わると、残価設定ローンを利用中に車が必要なくなることや、ローンを早く解約したい場合もあるでしょう。

ここでは、残価設定型ローンを返済している途中でも、車を買取に出せるのかどうか解説していきます。

車買取は残価設定型ローンの返済途中でもできる

残価設定型ローンとはどのようなローンなのか説明します。それを踏まえて、残価設定型ローンの返済中に車を買取に出す方法についても見ていきましょう。

残価設定型ローンとは

残価設定型ローンというのは、新車を購入する際に数年後に下取りに出すことを前提にして組むローンのことです。そして、下取り価格をあらかじめ残価として設定し、新車の購入価格から差し引きます。その差し引いた残りの金額に関してローンを組んで毎月返済していくという仕組みです。

ローンの期間は、手放して下取りに出す時期に合わせて設定します。下取り価格の分だけ、ローンを組む金額が少なくなるため、返済の負担が小さくて済むというわけです。

たとえば、購入する新車の価格が300万円で、手放す際の下取り価格が100万円なら残りの200万円についてローンを組みます。

300万円の車を実質200万円で購入できますが、ローンの返済を終えた後は、ディーラーに車を返却しなければなりません。どちらかといえばリースに近いものと捉えておくといいでしょう。

ローンの残債と残価を一括返済

残価設定型ローンを利用している場合には、車の所有者はディーラーかローン会社になっています。車を処分する権限は所有者にしかないため、車を買取に出すためには、名義変更をし自分が所有者にならなければなりません。

そのためには、残価設定型ローンを利用中の車を買取に出すには、ローンの残債を一括返済して清算する必要があります。

また、残価設定型ローンで残価を支払わずに済むのは、ディーラーへの下取りを前提としているためです。ディーラーに下取りに出さず、買取業者に売却するのであれば、残価も支払わなければなりません。

こうしてローンの残債と残価をすべて支払えば、車の名義を自分に移してもらえます。そうすれば、あとは自分の車として買取に出すことが可能です。ただし、この方法だとまとまった金額のお金を用意しなければなりません。

返済中に車を売却する方法

まとまった金額のお金を用意するのが難しい場合には、ローンを組み直す方法もあります。新たにローンを利用してお金を借り、そのお金で残価設定型ローンの一括返済と残価の支払いをするというやり方です。そうすれば車の所有者を自分に移してもらえるので、買取に出せるでしょう。

買取に出せば買取代金が入ってくるので、それを新たに組んだローンの返済に充てます。そして、残りを少しずつ返済していくという方法です。

ただし、この方法で車を買取に出すには、新たなローンの審査に通る必要があります。

残価設定ローンのメリットデメリット

残価設定型ローンは、残価設定クレジットや残クレと呼ばれることも多く、新車をお得に購入できる方法として人気です。ただし、メリットばかりではありません。

返済途中での売却が難しいこと以外でもデメリットがいくつかあります。

では、残価設定型ローンのメリットとデメリットを解説します。

メリット

車を購入する際には、年収額や家計の状況などを考慮して決めるでしょう。ローンを組む場合には、無理なく返済できるかどうか吟味し、厳しいようであれば購入する車のグレードを下げます。

ただ、どうしてもワンランク上の車が欲しいという人や、新車を買いたいという人も多いです。その点、残価設定型ローンなら、実際に返済するローンの合計額が車の購入価格よりも安く済みます。

毎月の返済額も少なくて済むことからワンランク上の車が買えるのです。

通常のローンで買えるような場合でも、毎月の返済額が少なければ、その分をほかのことに使えるため、生活にゆとりが持てるようになるでしょう。

また、下取り額があらかじめ保証されていることも残価設定型ローンのメリットのひとつです。最初はコンパクトカーで、家族が増えたらミニバンといった具合で、ライフスタイルの変化に合わせて数年おきに車を買い替えできます。

デメリット

残価設定型ローンは、通常のローンと比べて利息が高めの傾向にあります。ローンは毎月支払う金額のうち、利息の支払いに充てた残りが元本の返済に充てられる仕組みです。

そのため、利息が高いと、なかなか元本が減りません。利息の負担も含めて考えると、それほどお得でないケースも多いです。

また、残価設定型ローンにおける残価は、事故などがなかった場合を想定して決められています。もし、利用中に事故に遭って車体にキズや凹みなどができてしまうと、車の価値が想定よりも下がってしまうでしょう。

その下がった分の金額の負担を求められるケースもあります。車の価値は走行距離も関係するため、1ヶ月の走行距離の制限が設けられていることも多いです。

走行距離がオーバーした場合にも、追加料金がかかってしまいます。レジャーなどで遠くに行く際には、走行距離が上限を超えないか注意しなければなりません。

ほかにカスタマイズができないなどのデメリットもあります。車をカスタマイズして使いたいと思っている人は、残価設定型ローンは利用しない方がいいでしょう。リースに近いサービスであるため自由度があまり高くありません。

残価設定ローン返済途中で車買取をする注意点

残価設定型ローンの返済途中で車を買取に出す場合に、注意すべき点について解説します。

なるべく高く売却する

車の買取代金はローンを清算するのに充てるでしょう。そのため、できるだけ高く買取してくれる業者を探すのが望ましいです。新たにローンを組み直した場合にも、高く売却できた場合には、返済が楽になります。

そのためには、できるだけ多くの買取業者に査定に出すのがおすすめです。1社にのみ査定に出して早々と売却を決めてしまいたいと考えている人もいるでしょう。しかし、その1社がたまたま買取額の安い業者だったということもありえます。

また、業者によって査定で重視する点も買取に力を入れている車種もまちまちです。なるべく高く買い取ってくれる業者を探し当てるには、複数の業者に査定に出して比べてみなければなりません。

買取業者のローン返済サービスの利用も検討

車買取業者の中にはローン返済サービスを提供しているところもあります。これはローンが残っている車を買取に出したい人が利用するためのサービスです。ローンの返済と残価の支払いに充てるお金を、車買取業者がいったん立て替えてくれます。

そして、立て替えた金額から買取代金を差し引き、残りの金額をこれから返済していくという仕組みです。

もし、立て替えてもらった金額よりもローンの返済と残価の支払いに充てた金額の方が安ければ、差額は手元に残ります。

新たに借入をしてローンを組み直す方法とほぼ同じですが、一般の金融機関で審査に通らない場合には利用を検討してみるといいでしょう。主に規模の大きな車買取業者で、ローン返済サービスを提供しているところが多いです。

まとめ

残価設定型ローンは、新車を数年のサイクルで乗り換えたい人やワンランク上の車に乗りたい人にとっては便利なローンです。ただ、自由度が低いのが難点でしょう。

また、途中での売却を想定していないサービスですが、ローンを清算し残価を支払えば途中での売却もできます。

その際に売却代金を返済に充てることになるため、できるだけ高く買い取ってくれる業者を探しましょう。複数の業者に査定に出してみて、よく吟味して決めることが大切です。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ