KuruTown(くるたうん)

福島県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

福島県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

福島県の廃車買取業者の特徴について

福島県は東西に広く周りを山に囲まれた盆地になる為、県内移動の利便性が高いとは言えず移動手段として自動車を利用する方が多くなっています。

1,000世帯当たりの所有数量が約1,880台となっている福島県には、廃車を依頼することが出来る業者が複数あります。複数ある廃車業者の中から廃車業者を選ぶポイントとは?どんな車が福島県では人気があり、高く買い取られているのかなど、こちらでは福島県での廃車の特徴についてご紹介いたします。

福島県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:4件/1-4件目を表示

福島県の車検や各種手続き業者一覧(4件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 行政書士紺野法務事務所

    行政書士紺野法務事務所

    福島県福島市渡利字七社宮47-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
  • ケーズコーポレーション

    ケーズコーポレーション

    福島県西白河郡西郷村羽太原ノ前2

    業種整備工場
    受付業務
    • 車検
    • 点検・整備
  • 行政書士 かんの事務所

    行政書士 かんの事務所

    福島県福島市大森字北島44-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印

福島県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

福島県には2つの運輸支局があり、内陸の福島市寄りを福島運輸支局が管轄していて、県南のいわき市周辺をいわき自動車検査登録事務所が管轄しています。

廃車業者に廃車手続きを依頼した時に、手数料が必要となる要因は運輸支局までの交通手段と距離、時間と人件費がかかるためです。廃車手続きの手数料は、運輸支局に近いほど移動時間や手間がかからなくなるため、業者に手続きを依頼する時も費用を抑えることが出来ます。

福島県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

福島運輸支局:福島ナンバー、会津ナンバー、郡山ナンバー、白河ナンバー

いわき自動車検査登録事務所:いわきナンバー


福島県で廃車する車の特徴

福島県は福島盆地や郡山盆地、会津盆地など居住区域が山に囲まれた平野が多く、山間部を走行する機会も多い為、細い山道と勾配がある坂などの走行に向いているパワーがある普通乗用車が人気です。

コンパクトで力強い車が人気

街乗りだけでなく、山道などの小回りも必要なためボディサイズはコンパクトな車が人気です。3ナンバー車よりも5ナンバーサイズに人気があります。

また、移動が多く、毎日の通勤や通学に使用する人も多いため走行距離が都心部と比べると長くなり、燃費の良い車が人気の傾向となります。

軽自動車ではパワーが足りないと感じる方は、軽自動車の4WDターボをオプションで選択して出来るだけ馬力の出る車にするか、総排気量が軽自動車の規格上660cc以下になってしまうためパワーのある普通車を選ぶ方も多いようです。

福島県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

福島県に拠点のある廃車業者が車を高く買い取ることが出来る理由はいくつかあります。

特に、販路が多いことによって買取後の再販価値を下げることなく売却が出来るため、販路を多く持つ廃車業者ほど高い金額の買取査定をすることが出来ています。

オークション会場があり再販ルートを拡充

福島県の郡山市には中古車オートオークション会場があります。

宮城県からも訪れやすい場所にあり、県をまたいで自動車の仕入れに訪れる中古車販売のディーラーも少なくありません。車の買取業者は再販できるルートが多いほど様々な車の需要と供給のバランスをうまく取れることが出来ます。


特に、次のユーザーや買い手が見つけやすいオークション会場に出品できる業者は、仕入れに力を入れていて個人ユーザーから買取を行いますので、オートオークション会場に近い買取業者であるほど高額な買取が期待できる可能性があるのです。

国際港湾である相馬港からのルート

福島県の相馬市にある相馬港には、国内外への輸出ルートがあります。外国船舶の入港が可能な特定湾に指定されている港となり、輸出輸入のルートとして有効になっています。

中古車だけでなく解体車両から取り出したリサイクルパーツの輸出にも利用されており、海外での修理用部品や、組み立て用部材の一部に利用することが可能なため、リサイクルパーツを取り出し再販することで利益を得ている廃車買取業者では、海外への輸出ルートがある業者ほど買取がつきやすくなっています。

福島県の廃車買取、人気車種

福島県にある廃車買取業者から人気の高い車の特徴と共通点は、海外で人気があったり知名度があるかどうかです。

特に廃車買取業者は国内の販路だけの場合、パーツや部材の需要が限られるため、ストックコストがかさんでしまったり、あまり高く売却が出来ない可能性があります。海外への輸出販路を持つ業者であれば、国内以上に需要があるため、中古車部品が高く売れることがあります。


また、日本国内では人気が落ちてしまった車や、低年式となり中古車流通が減っている車も、海外では現役で利用されている車も多いため、国内との相場の差がある可能性があります

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン
排気量が2000cc~3000ccとさまざまなタイプやグレードにて販売されてきたトヨタクラウン。高年式のクラウンでは3500ccタイプも製造され販売されるなど、昔から現在まで高級車としての確固たる地位を守っています。クラウンは年式によってはエンジンなどが輸出されますが、海外で人気がないタイプのクラウンでも排気量が大きい場合(3000ccなど)、解体業者によって鉄やスクラップとして利益を得ることができるため、故障車や長期放置車両でも買取りをしてもらうことができます。廃車買取業者には解体業者のネットワークを保有しているケースが多いので一度相談されることをおすすめします。

トヨタ ハイエースレジアス

トヨタ ハイエースレジアス
ハイエースレジアスはガソリン車とディーゼル車があり、人気が高いのはディーゼル車ですがガソリン車も高値で取引されています。特徴としては、ガソリン車の場合は主に中古車として海外へ輸出されていますので、自走可能の状態が好ましくディーゼル車の場合はエンジンや部品としても輸出されていますので不動車でも買取りをしてもらうことができます。廃車になる車の場合は、鉄スクラップでの販売や海外へ輸出される場合、日本国内で再販される場合などがありますが、ハイエースレジアスは海外へ輸出される場合が多いです。

トヨタ サクシードバン

トヨタ サクシードバン
業務用で使用されていたサクシードバンの走行距離は277,000kmで、日本国内での再販は難しいほど多走行車でした。サクシードバンは海外輸出販売を行う業者に人気のある車両で、自走が可能であれば多少の傷やへこみがあっても高価買取をしてもらうことができます。こちらのサクシードバンを売却された方は複数の廃車買取業者に査定依頼を出してから売却先を決めたとのことでした。いくつかの廃車買取業者に問い合わせをして、買取価格や廃車手続き、引取り費用などを確認して決めることをおすすめします。

トヨタ グランビア

トヨタ グランビア
グランビアはガソリン車(2700cc/3400cc)とディーゼル車(3000cc)があり、圧倒的に売却に有利なのはディーゼル車です。ガソリン車も中古車として海外へ輸出されていますし、パーツとしての流通もしていますが、グランビアのディーゼルエンジンの価値は高く廃車買取り業者によって高価買取されています。ガソリン車とディーゼル車の大きな違いは不動車の場合で、ガソリン車はある程度の車両コンディションが良くないと廃車同然の買取額になりますが、ディーゼル車は不動車でも高値が付きます。今、乗っている車のタイプによって早めに売却した方が良いかどうかを決めるのがよいです。

福島県内でベストな廃車業者を見つけるには

福島県内で廃車する予定がある方は、廃車業者の選び方次第で得になったり損をしたりすることがあることをご存知でしょうか。

廃車をするには廃車引き取り・廃車手続き・廃車解体に3つの工程を行う必要があります。その工程を行うことが出来る廃車業者は、実は限られており、業者次第で外部に発注をすることもあるため、廃車にかかる費用に差が出ることがあるのです。

廃車にかかる費用を抑えるために

廃車の3つの工程は、引取、手続き、解体ですが、その中でも手配次第で費用が大きくかかる可能性がある工程は廃車引き取りです。

特に、廃車する車の状態がタイヤパンクやエンジン故障、車検切れなどの場合、廃車を移動させるには必ず移動用のレッカー車の手配が必要となってきます。

レッカー費用は、距離や状態によって違いますが、平均として1万~3万円程度かかることがあります。このレッカー費用を抑えることが出来れば、廃車の手数料は一気に下がるのです。


レッカー費用が無料になっている廃車業者の特徴としては、廃車をどれだけ有効に再販することが出来るかがポイントとなっており、廃車解体後のパーツや素材の販路が多くあり、売却ルートが多く、廃車再販による利益がある業者ほど廃車の引取り費用を無償で行っていることが多くなっています。

廃車手続きに時間をかけない業者

廃車手続きも廃車を依頼する上で必ず必要な工程です。

廃車手続きをするには、運輸支局へ必要な書類を持っていくのですが、実はこの必要書類を揃えるスピードで廃車手続きをいかに迅速に出来るかの差が出ます。


普通乗用車の場合、廃車手続き完了の月までは自動車税の課税義務が発生しています。廃車するクルマで使っていない車であったとしても自動車税を支払う必要があるため、出来るだけ廃車手続きを早く行うことが大切なのです。


廃車手続きを廃車業者へ依頼するなら、必要書類などのアドバイスが確実に出来る業者で、廃車の実績数が多いところへ依頼することをおすすめします。

福島県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る