KuruTown(くるたうん)

栃木県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

栃木県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

栃木県の廃車買取業者の特徴について

栃木県は内陸県となり、県北部は高原地が多く県南部と県東部の平野部に居住区域が集合しています。

県北部は居住区域が少ないため、自動車整備工場や中古車販売店などがあまりないように思われますが、不動になった自動車の廃車を依頼する時に業者の拠点が遠いとレッカー費用や手間で手数料がかかってくるのではないかと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


こちらでは栃木県の廃車業者の特徴をご紹介します。

栃木県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:3件/1-3件目を表示

栃木県の車検や各種手続き業者一覧(3件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 篠塚行政書士事務所

    篠塚行政書士事務所

    栃木県小山市花垣町1-13-2

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
  • 行政書士久保田茂雄事務所

    行政書士久保田茂雄事務所

    群馬県前橋市総社町総社1132-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印

栃木県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

栃木県は2つの運輸支局があります。宇都宮市周辺は栃木運輸支局が管轄になっており、県南側の佐野市周辺は佐野自動車検査登録事務所が管轄になっています。

廃車業者を探して依頼するなら、業者の拠点ができる限り運輸支局と近い場所にある業者へ依頼すると、移動費や人件費を含めて費用を抑えることが出来るので、廃車手数料を抑えるコツとなります。

栃木県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

栃木運輸支局:宇都宮ナンバー、那須ナンバー

佐野自動車検査登録事務所:とちぎナンバー


栃木県で廃車する車の特徴

栃木県の宇都宮市は全国屈指の米産地としても知られており、農産業が活発な為、軽バンや軽トラックなどの燃費もよく、個人で所有するコストが抑えられて農作業など仕事にも活用できる車の需要が高くなっています。

軽バンや軽トラックで人気の車種

栃木県の中古車市場や廃車市場において人気が高く、需要が多いため買取価格がつきやすい軽自動車というとスズキ自動車の車に人気があります。特に軽の商用車として人気が高いスズキのエブリイやキャリィトラックは、国内市場だけでなく海外でも人気が高い車です。

海外で人気が高い軽自動車の場合、再販する時のリセールバリューも高くなることが予想されるため、中古車として購入する人にとっても、今後の売却価格に期待することが出来ます。

栃木県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

栃木県にある廃車業者が車を高く買い取ることが出来る理由は2つあげられます。

廃車業者にとって、買取査定が高くなるかどうかのポイントは、リサイクルして得られる利益がどの程度あげられるかになっています。販路が多いほど買取後の仕入れたクルマの再販利益が高くなる可能性があるのです。

中古車オートオークション会場での再販が出来る

関東地方はもともと、中古車オートオークション会場が多く設けられている地域になっており、栃木県にも中古車オートオークション会場は2ヵ所あります。場所は栃木県小山市と宇都宮市にあり、オートオークション会場近くには整備工場や運輸支局など車に関連する店舗や施設が多く存在します。

オートオークション会場が近くにある廃車業者であれば、陸送コストも抑えられますし出品するための費用を抑えることが出来るため仕入れに集中することが出来ます。

特に、栃木県は宇都宮市に人口が集中していることもあり、中古車買取店自体も多いため仕入れに力を入れている業者であれば、買取価格で競合が起きて高くなる可能性もあります。廃車業者を探すなら宇都宮市近隣は一つの目安となるでしょう。

廃車解体後のリサイクルパーツの販路も広く

栃木県の廃車業者の中には、廃車引取後に廃車を解体しリサイクルパーツや鉄・非鉄の金属素材を再販することで利益を得ている業者が多くなっています。


廃車を解体することが出来る業者はリサイクルパーツを県内の修理工場や、自動車メーカーに売却していることが多くなりますが、その販路以外にも国内でネット通販を利用し、リサイクル部材を売っていたり、廃車部品を売っている業者もあります。

リサイクルパーツは廃盤となった車などの貴重なものから、現在人気の新車まで需要が様々ありますが、探している業者とのマッチングが無ければ売却出来ずストックになってしまいます。リサイクルパーツも販路があるほど利益が出るのです。

栃木県の廃車買取から人気がある車種とは

栃木県の廃車買取業者から人気があり、高い買取査定がつきやすい車の共通点は荷室空間が広く取られていて、最大積載量が多い車や、荷室のアレンジ力が高い車となっています。

荷室空間が広い車というとミニバンやキャブオーバー型バンとなります。

トヨタ自動車のアルファードやヴェルファイアといったLサイズミニバンや低床ミニバンのホンダのオデッセイなどは、国内外どちらでも人気のある自動車で、買取査定も高くなる傾向にあります。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア
令和の時代になりヴェルファイアの販売が中止されることがトヨタより発表されました。ヴェルファイアは2008年頃より販売が開始され若者をはじめとして高い人気がありました。特に、ZGエディションのグレードは日本での初年度登録が1年落ちの車は、東南アジアへの輸出販売価格が新車を上回ることでも有名です。日本国内でもまだまだ需要があるヴェルファイアですが多走行車の場合は相場もずいぶんと下がってきました。しかし、多走行車や低価格の車両を取り扱う事業者とネットワークを保有しているのが廃車買取業者です。廃車買取業者には毎月多くの多走行車の車が入庫します。したがって、日本国内の販売を主たる事業としている事業者も廃車買取業者との取引を行っているため、ヴェルファイアを売却検討している方で多走行車の場合は廃車買取業者に相談してみるとよいでしょう。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ
オデッセイは、廃車買取業者で引き取られた後に解体業者によって部品が取り外され、鉄スクラップとして資源の再利用になります。年式によってタイプがいくつかに分かれますが、アブソルートのグレードはMタイプやLタイプのグレードより少し価値が高いため、廃車買取業者に査定をしてもらうときはグレードがアブソルートであることを伝えましょう。解体業者の買取価格は、車両重量が大きいほど高値が付きますので、オデッセイは他の普通車と比較すると高値で買取りをしてもらえる車です。低年式、多走行車の場合は中古車として流通することは少ないと思いますので、自走可否や車両コンディションによって価格の変動はほとんどありません。

日産 サニー

日産 サニー
廃車買取業者がサニーを買取した後は、部品の一つ一つを丁寧に取外しパーツとして海外バイヤーに販売しています。海外バイヤーに販売ができるものは、エンジンやドアなどのパーツですので、ある程度の良いコンディションでなければなりません。もちろん、エンジンは動く状態で、外装に関しては大きな傷やへこみが無いのが理想です。しかし、低年式、多走行のサニーの場合、エンジンや外装コンディションに問題がある場合が多いと思います。車両状態によって査定額が異なりますので、廃車買取業者に問い合わせをして査定をしてもらうことをおすすめしております。

トヨタ スプリンター

トヨタ スプリンター
スプリンターは小型のセダンタイプとして海外でも人気があり、ドバイや東アフリカなどに中古車として、部品として輸出されています。スプリンターは既に製造が中止されているので日本国内で再販されるケースは少なく、ほとんどの車が海外へ輸出されています。エンジン状態によって査定額は大きく変わり、不動車の場合は廃車同然の車として扱われるため、故障する前にお手放しを検討するのがおすすめです。

栃木県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。

お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。

この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。

車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。


廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

栃木県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る