レヴォーグ車買取の特徴

レヴォーグはレガシーの後継モデルで、比較的歴史は浅い車種のですが、先進的な技術が盛り込まれているスバルの主要車種の1つです。

レヴォーグは、小排気量ながらパワフルなターボエンジンで、環境性能・安全性能にも優れている為、ファミリー層や40代以上の方から高い支持を受けている人気車種です。

ターゲットが家族向けの為、小さなお子様を乗せて遠距離ドライブをしたり、家族でアウトドアを楽しんだりする事も多く、車内が荒れている車も少なくありません。

また、年式の割に走行距離が多い車もある為、整備記録簿も大切な買取査定の指標になります

レヴォーグを買取査定に出す前には、整備状況や車の清掃を念入りに行って、少しでも高値がつくように工夫する必要があります

レヴォーグ

レヴォーグの車買取をしてもらえる場所

レヴォーグはステーションワゴンの販売台数が激減する中、レガシィの後継車として日本国内向けに販売を開始した経緯があります。

発売当初の評価は高く、2014年に高いデザイン性が評価されて「グッドデザイン賞」を獲得、安全性能では予防安全性能アセスメントで最高評価の「先進安全車プラス」に選定されるなど、着実に日本での知名度を上げてきました。当初は、日本国内でしか販売されていませんでしたが、ステーションワゴンの人気が高い欧州市場でも販売が開始され、現在ではインプレッサ同様にスバルの世界戦略モデルとなっています。

レヴォーグの車買取をしてもらえる場所を紹介します。

メーカーディーラー

メーカーディーラー

メーカーディーラーの下取りや買取りは、新車販売時に引き取る下取り査定がメインですが、車種によっては買取りを行う場合もあります。

しかし、メーカーディーラーは買取を行っても現金化するルートに限りがある為、思い切った価格で買取りを行う事は殆どありません。

メーカーディーラーには、社内規定による下取りや買取りの相場が決まっている為、リスクを負ってまでの高価買取は行わないので、レヴォーグのような個性的な車の買取にはあまり向いていません。

中古車買取専門店

中古車買取専門店

レヴォーグのようなツーリングワゴン系の車は、中古車買取専門店の中でもミニバンやステーションワゴンに特化した専門店で買取査定を行う事がベストです

専門店だとステーションワゴンやミニバンだけを取り扱っている為、鮮度の良い良質なレヴォーグの買取を行い、在庫として仕入れる事ができます。ユーザーから直接買い取ったレヴォーグは、まだ中古車市場へ流れる前の為、鮮度の良い車として中古車業界では高い価値があります。

スバルと言う個性的なメーカーのレヴォーグは、ステーションワゴンに特化した中古車買取専門店なら高価買取を十分狙う事ができます。

自動車整備工場、ガソリンスタンド

自動車整備工場、ガソリンスタンド

自動車整備工場やガソリンスタンドでの買取査定は、大きく損をする事がない低リスクの軽自動車を中心に行われています。

一般的な中古車販売店と違って、大きな展示場を持たない販売スタイルをとっている為、利益率が低くても損をしない車種に絞って取り扱っています。軽自動車は、買取相場も中古車販売相場も良い意味で安定している為、どこで買っても、どこで売っても、価格に大きな差がないのが魅力です。

それに対してレヴォーグは、買取相場の幅が大きく相場が不安定な車種の為、高価買取を行って失敗すると大きな損をする可能性があります。

レヴォーグのようなリスクのある個性的な車は、自動車整備工場やガソリンスタンドでは取り扱いが難しいので、注文を抱えている時以外では、高価買取は難しい車種と言えます。

ネットオークション、メルカリ

ネットオークション、メルカリ

レヴォーグのような個性的な車は、ネットオークションやメルカリには向いています。

ただ、ネットオークションやメルカリは安くないと売れないので、高価買取の期待はできません。中古車販売店と同じ価格でネットオークションやメルカリで出品しても、購入する側にとってはリスクが高いだけで何も良い事はありません。

ネットオークションやメルカリで車を探している人は、安く手に入れる為に利用しているので、高価買取の期待はできない事を理解した上で利用して下さい。

レヴォーグを高く買ってもらう方法

レヴォーグを高く買ってもらう方法を紹介します。

モデルチェンジ前

値崩れがしにくいレヴォーグでも、グレードや年式が下がる事によって買取査定も大きく下がります。

特に、モデルチェンジでの影響は大きく、モデルチェンジの発表が報道されると一気に買取相場も動きだします。モデルチェンジが行われると現行型から旧型になってしまう為、中古車市場での評価も下がってしまいます。

また、同じ考えで売る人が増える為、中古車市場に在庫が溢れてしまう現象が起こり、更に旧型レヴォーグの相場が下がってしまいます。少しでも高く売却するなら、モデルチェンジが行われる前に手放すのが得策です

走行距離

レヴォーグを買取に出す場合、走行距離は重要なファクターの1つです。

修復歴の有無に匹敵するほど走行距離は大切で、レヴォーグを売却する上では買取価格に大きく反映してきます。同じ年式・同じグレードのレヴォーグでも、走行距離が30,000kmと50,000kmとでは、買取価格に数十万円もの差が出ます

それだけ、中古車の買取査定にとって走行距離は重要な要素で、レヴォーグを売却するタイミングを走行距離で判断するのも間違いではありません。

純正パーツに戻す

レヴォーグは、過度なカスタムを施している車は少なく、比較的普通に乗っているユーザーが多い車種です。

カスタムで良く見掛けるレヴォーグは、少し車高を下げてマフラーを交換する程度で、車検に十分通る範囲のライトなドレスアップ車ばかりです。

保安基準適合マフラーとは言え、実際に車検の検査ラインでは不合格になるケースも多く、車検対応とは言ってもあまり信用できるレベルではありません。

商品開発の段階で保安基準にギリギリ適合したマフラーも多く、車検対応マフラーとは言っても過度な信用は避けて下さい

また、足回りも車高を下げる事によってショックアブソーバーに負担が掛かり、オイルが漏れるケースがあります。

このように、車検に通らないパーツは純正パーツに交換する必要があるので、買取に出す時には純正パーツへ交換してから査定を行うのがベストな選択です。自分で純正パーツへ戻せない場合は、純正パーツの保管状況を買取査定時に伝えて、買取査定が下がらないようにして下さい。

細かいキズなど、簡単に直せるものであれば修理しておく

レヴォーグは、過激な走りをするユーザーはあまりいませんが、小さな子供がいるファミリー層が多い為、内装・外装が荒れている車を良く見掛けます。お菓子やゴミが溜まりやすい後部座席の裏側など、買取査定に出す前に念入りに掃除をするように心掛けて下さい。

また、子供があちこち触ってついたボディの小傷は、軽いコンパウンドが入ったWAXでも消す事ができますし、自分でするのが難しい場合は、ガソリンスタンドで外装コーティングを依頼するのも良い方法です。

レヴォーグを高く売りたい人は、最低でも車を綺麗にする事を怠ってはいけません

複数の業者に一括査定を申し込む

レヴォーグの買取査定として、複数の業者に一括買取査定を申し込む方法があります。

ただ、一括買取査定は非常に便利な分、トラブルもそれなりに多く起こっています

一括買取査定は、申し込みを行った直後から複数の業者から電話やメールが掛かってきます。こちらから申し込みを行ったので、連絡がきて当然なのですが、仕事中にガンガン電話が鳴ったりする事でトラブルに発展するケースがあります。スマートフォンはマナーモードやサイレントモードにして対応するなどの対処が必要です。

また、どうしても業者からの電話がしつこいようでしたら、一旦申し込みをキャンセルする事もできます。

一括買取査定サイトの中には、連絡方法がメールアドレスだけのサイトもあるので、営業電話が苦手な人はそのような一括買取査定サイトを選択して申し込みを行って下さい。