KuruTown(くるたうん)

トヨタ カローラルミオンを高く売るコツを紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

カローラルミオンを高く売るコツ

カローラルミオンは、トヨタ自動車が2007年から2015年まで製造・販売していた小型トールワゴン型の乗用車です。日本国内で販売されるカローラシリーズとしては初の3ナンバー登録となり、プラットフォームは新MCプラットフォームとなっています。カローラルミオンは、日本国内だけに留まらず海外でも人気の高いトヨタのカローラシリーズの一種となっています。そんなをカローラルミオンを売却しようとなると、年式や走行距離、クルマの状態や買取地域などによって買取相場が大きく変わる傾向があります。

では、カローラルミオンを少しでも高く売る方法とは?査定に出す前に簡単に出来ることとは?こちらの記事では、カローラルミオンを少しでも高く売るコツについてご紹介したいと思います。カローラルミオンの売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

カローラルミオンの特徴

現在は販売終了となっているカローラルミオンですが、中古車市場では取引数が比較的みられます。では、カローラルミオンの魅力や特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?

まずはじめに、カローラルミオンの2つの特徴についてご紹介いたします。

1、カローラルミオン独自のデザイン

カローラルミオンの特徴としてまず1つ目にあげられることが、カローラルミオン独自の個性的なデザインです。

スクエアなボディを持って登場したカローラルミオンは、曲線的なデザインが多い現代のクルマのなかで、一際目立つデザインとして2007年に登場しました。全長4,210mm×全幅1,760mm×全高1,630~1,640mmで全長が短く全幅がワイドなディメンションに加えて、5ドアハッチバックで直線を基調としているカローラルミオンは、男性ユーザーからも女性ユーザーからも評価を得ている一台となっており、カスタムカーとしても自分好みの一台のベースとして使用されていることも多いようです。

2、高い燃費性能

カローラルミオンの特徴として2つ目にあげられることが、高い燃費性能です。

カローラルミオンには1.5L車と1.8L車が用意されていますが、どちらのタイプもエンジンの燃焼効率向上、フリクション低減、自動無段変速機であるSuper CVT-iが搭載されており、燃費性能の高さでは多くの評価を集めています。また、近年必須の装備であるとしても注目されているトラクションコントロール(TRC)が、全車に標準装備されているという点もカローラルミオンの大きな特徴といえます。

カローラルミオンを車買取に出す前にしておきたい3つのこと

車買取を利用したことのある方ならまだしも車買取に出すのが初めての方は特に、疑問点や不明点も多いのではないでしょうか?

そこで、カローラルミオンを車買取に出す前にしておきたい3つのことについて詳しくご紹介いたします。

1、個人データを含むデータの消去

カローラルミオンを車買取に出す前にしておきたいこととして1つ目にあげられるのが、個人データを含むデータの消去をしておくということです。

ドライブレコーダーのデータやナビのデータには、個人情報に関するデータが多く含まれていることもあります。ドライブレコーダーのデータに関しては、SDカードなどを抜いて別の場所で保管しておくだけで大丈夫です。ナビのデータに関しては、初期化をしておけば良いでしょう。

2、忘れ物の確認

カローラルミオンを車買取に出す前にしておきたいこととして2つ目にあげられるのが、忘れ物の確認をしておくということです。

案外、忘れ物が多いようです。なかでもとくにETCカードの抜き取りを忘れている方が多いようで、ETCカードの紛失となると手続きもなにかと面倒です。ほかにもダッシュボード内やトランク内、各ポケット内など、車買取に出す前にはクルマの隅々まで忘れ物がないかのチェックを行うようにしましょう。時間があるようであれば、忘れ物チェックと並行して車内の清掃もしておくことが望ましいです

3、車検証上の所有者の確認

カローラルミオンを車買取に出す前にしておきたいこととして3つ目にあげられるのが、車検証上の所有者の確認をしておくということです。

車の売却時には、車検証や自賠責保険証、リサイクル券、納税証明書などの書類と所有者の印鑑などが必要となります。軽自動車か普通自動車かのほかに事業用ナンバーのクルマなどの場合にも売却するのに必要な書類は異なります。事前に確認しておくことが望ましいです。分からない場合には、車買取業者に問い合わせてみましょう。車検証上の所有者の確認をきちんと行ったうえで、車を売却するのに必要な書類の準備を行いましょう。

カローラルミオンを高く買い取ってもらう4つのコツ

大事に乗ってきたカローラルミオンを売却するとなった場合、少しでも高く買い取ってもらえたら嬉しいですよね。では、少しでも高く買い取ってもらうためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

そこで、カローラルミオンを高く買い取ってもらう4つのコツについてご紹介したいと思います。

1、下取りよりも買取に出す

カローラルミオンを少しでも高く買い取ってもらうコツとしてまず1つ目にご紹介したいのが、下取りよりも買取に出すということです。

クルマの下取りとは車の乗り換えなどで新しくクルマを購入する際に、購入先にそれまで乗っていたクルマを下取りしてもらうことです。一方クルマの買取とは、乗らなくなったクルマなどの不要なクルマを処分・引取してもらうことです。大きな違いとしては、下取りはクルマを販売することを目的としているディーラーなどが行っており、買取はクルマを買い取ることを目的としている車買取業者が行っているということです。

2、カスタムしている場合は元に戻す

カローラルミオンを少しでも高く買い取ってもらうコツとして2つ目にご紹介したいのが、カスタムしている場合には元の状態に戻しておくということです。

カローラルミオンを愛車とされている方の中には、さらに自分好みのクルマへとするためにカスタムしている方も多いようです。しかし、クルマを売却するのであればカスタムとして社外パーツに取り換えている部品などは、クルマ購入時の純正パーツへと戻しておきましょう。なぜならば、カローラルミオンを査定する際にはカローラルミオンとしての価値が評価されるために、社外パーツの場合にはマイナス査定ポイントとなってしまう可能性も考えられるからです。

3、売却を決めたら早めの申し込みを

カローラルミオンを少しでも高く買い取ってもらうコツとして3つ目にご紹介したいのが、売却を決めたら早めの申し込みを行うということです。

クルマというのは乗っていたらもちろん、たとえ乗っている頻度が少ないとしても日々劣化していきます。つまり、クルマとしての価値が日々下がっていってしまうのです。したがって、売却を決めているのであれば、乗っていないクルマなのであればなおさら少しでも早く売却申し込みをすることが、クルマを少しでも高く買い取ってもらうポイントとなっています

4、複数の業者で比較

カローラルミオンを少しでも高く買い取ってもらうコツとして4つ目にご紹介したいのが、複数の業者で比較を行うということです。

複数社で相見積もりを取ることは、車買取業者を選ぶコツとしても最も重要ともいえるでしょう。カローラルミオンを査定依頼に出したとして、依頼先の業者によっては買取査定額が異なることは珍しくありません。これは各車買取業者によって、持っている販路やサービス内容の違いが理由となっています。

以上のことから、カローラルミオンを少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、1社ではなく2.3社などの複数の車買取業者で相見積もりを取って、査定額が一番高い車買取業者に依頼をすることをおすすめいたします。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る