KuruTown(クルタウン)

車買取の手順についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車買取の手順とは?必要な書類や手続きを解説

車の買取には、たくさんの書類が必要です。手続きも複雑ですので、滞りなく買取ってもらうためには、事前に車買取の手順を把握し準備しておかなければなりません。車の買取に必要な書類と実際に車を引き渡すまでにしておいたほうがいい準備について解説します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取の手順をスムーズにする必要な書類とは?

車買取の手続きには、さまざまな書類が必要です。車買取業者に依頼すれば、手続自体は業者が代行してくれますが、自分で揃えなければならない書類もたくさんあります。

実際に買取依頼をして手続きに移行する前に、必要な書類を準備しておくとスムーズに手続きが進行するでしょう。

自動車検査証

一般的に「車検証」と呼ばれていて、運転時には携帯することが義務付けられているので、ほとんどの人は車のグローブボックスに入れっぱなしになっていることが多いです。 運転時には、常に携帯しておくことが義務付けられているほどの重要書類ですので、紛失時には素早く再発行しなければなりません。

買取の前には、現住所と名前が車検証のものと一致しているか、印鑑登録証明書の住所と同じであるかを確認しておきましょう

自動車損害賠償責任保険の証明書

一般的に「自賠責保険」と呼ばれている保険の証明書です。自賠責保険は強制保険なので、誰もが加入しています。

自賠責保険の証明書を紛失している場合は、紛失の旨を保険会社に申告して再発行してもらってください。

自動車税納税証明書

車を所有している人に必ず課せられる自動車税ですが、納付したことを証明する自動車税納税証明書も車買取に必須の書類です。

紛失してしまった場合は再発行しなければなりませんが、普通車と軽自動車とでは、再発行を申請する場所が違うので注意しましょう。普通車の場合は都道府県の税事務所、軽自動車は市区役所で再発行が可能です。

リサイクル券

平成17年から、自動車リサイクル法が制定されました。それにともない、新車購入時にリサイクル料金の預託をした証明として、カーディーラーから発行される券を「リサイクル券」と呼びます。 多くの場合は、車検証と一緒に保管されていることが多いです。リサイクル券自体は、原則再発行はできません。

紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムのホームページにある「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してリサイクル券の代わりに使用できます。

印鑑証明書

印鑑証明書は名義変更の際に必要になる書類で、手続きに使う印鑑が実印であることを証明するための書類となります。印鑑証明書は、使用する3ヶ月以内に発行したものを準備しておきましょう。 基本的には1通で大丈夫ですが、依頼する業者によっては2通必要なこともありますので確認しておいてください。

印鑑証明は、市区町村の役場で発行します。最近では、一部のコンビニでも発行できますがマイナンバーカードが必要です。 印鑑証明書も、車検証と住所や氏名が同じか確認しておきましょう。もし違う場合は、住民票や住民票の除票、戸籍謄本など、状況に応じて準備しなければならなくなります。

実印

車の買取には、印鑑登録した実印が必要です。買取に必要な書類に捺印するために使用しますので、なくさないように準備しておいてください。

良い車買取業者を選ぶ手順

車を売るときには、誰もが少しでも高く買取って欲しいと思っています。車の買取業者を選ぶ際に、1社だけで決めてしまうのはおすすめしません。

車の査定金額は、業者によって違います。車種や年式が同じでも、買取を依頼する業者によって何万円もの差が出ることもあるのです。

しかし1社ずつ査定を依頼したり、1社ずつ店舗に話を聞きに行ったりするのは、時間がかかります。

そこでおすすめの方法が、買取業者ランキングや一覧が掲載されているサイトを見て比べる方法です。たくさんの車買取業者があり、複数の業者を簡単に比較検討できます。 何社もの中から一番高く買取ってくれる業者が一発でわかりますし、それぞれの業者が競合しているので高い値段で買取ってくれる可能性が高いのです。

個人間の売買でも手続きや書類は必要

オークションやフリマサイトを活用すれば、個人間でも気軽に車の売買ができるようになりました。 個人間での車の売買のメリットは、自分で値段が決められることや売りたい人を自分で選べることが挙げられます

しかし個人同士の売買であっても、準備しなければならない書類や手続は業者を通した場合と一緒です。

買取業者に依頼している場合は、複雑な手続きを業者が代行してやってくれますが、個人間の場合は、すべて自分で行わなければなりません。 車関係の手続きは複雑で、慣れていない人が手続きを行うと書類の不備などで手続きが遅れるケースも多いです。

もっとも重要なのは、契約書の締結です。個人間での売買の場合は、この契約書も自分で用意しなければなりません。 契約書の内容がしっかりしたものでないと、後々トラブルに発展することもあります。仲の良い友人に売る場合でも、口約束ではなく、しっかりと契約書を作成しておきましょう

車買取の手順で高額査定を狙うポイント

先ほどは車の買取に必要な、準備しておかなければならない書類関係について解説しましたが、ここからは書類以外に準備しておくべきことについて解説します。

査定額に直接影響するかもしれないものにも触れていますので、しっかり準備を進めておきましょう。

車を美しくする

古い車を買取に出す場合でも、できるだけ美しい状態にしておくことは大切です。見た目を美しくしておくことで、査定額がアップする可能性もあります。 実際に車を査定する査定士も人間ですから、汚い車よりも美しく手入れされた車を見ると「大切に乗られていたんだな」と感じます。洗車するのはもちろんですが、内装も隅々まで綺麗にしておきましょう。

できれば車内のフロアマットもガソリンスタンドやディーラー、洗車場に置いてあるフロアマット用洗浄機を使ってクリーニングしておいてください。掃除機で、車内のゴミやホコリを吸っておくことも大切です。

「業者に依頼して車のクリーニングを依頼したほうがいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、業者に依頼すると費用がかかるのでやめておきましょう。 あくまでも、自分でできる範囲で美しくするのが基本です。お金をかけて美しくしたからといって、その費用分が査定で返ってくるとは限りません。

純正部品を用意しておく

自分でカスタムした車を買取りに出す場合、純正部品は必ず準備しておきましょう。これは、カスタムされた車よりも純正の車のほうが購入者が多いからです。

純正の車のほうが売れることから、買取業者の多くは純正部品を高く評価してくれます。純正部品が手元にある場合は、業者に車と一緒に引き取ってもらいアピールしましょう。

代車の手配

車を乗り換えるために買取りに出す場合は車を引き取ってもらった後、次の車が納車されるまでの期間を調べて、代車を手配しなければなりません。 買取業者によっては、代車のレンタルサービスを実施していることもありますので、値段や期間などを聞いて検討しておくようにしましょう。

車を購入したお店でも、代車レンタルサービスをしている場合があります。複数選択肢がある場合は、相見積もりをしてできるだけ安い業者を手配するとよいでしょう。

まとめ

車買取の手続きは、複雑がゆえに不備があると時間がかかってしまうことがあります。いくら業者にすべて依頼するとはいっても、自分が動いて準備しなければならない書類も多いので、できるだけ早めに準備しておくほうが安心です。 業者をよく吟味して、納得できる買取価格でスムーズに車を買取に出しましょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る