KuruTown(くるたうん)

車の買取業者から電話が来たときの上手な断り方についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車の買取業者から電話が来たときの上手な断り方は?

車の買取で、査定を複数の業者に依頼しても、実際に契約するのは1つだけで、ほかは断らなければいけません。どの業者も依頼してほしいため簡単には引き下がらず、何度も電話をかけてくるでしょう。上手に断るには、どのように対応すればいいのでしょうか。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

おすすめの対応

買取業者が断られた後で何度も電話をかけてくるのは、どうしてもその車が欲しいからです。買取業者は、買い取った車を売って利益を出していますから、車がなければ商売になりません。そのため、買い取れる可能性がある限りは、電話をかけ続けます。こうした背景を考えると、「絶対に車を買い取れない」と相手に思わせることが、上手に断るコツといえるでしょう。

たとえば「ほかの業者に買い取ってもらうから」という断り方です。本当は買取先が決まっていなくても、業者名をいわない限りは通用します。 聞かれても答える義務はありません。むしろ、答えてしまうと業者同士でつながりがあるかもしれないので、嘘をついていた場合、バレて引き続き電話をかけられてしまいます。

また、「ウチなら高値をつけられますよ」といわれる場合もあるでしょう。けれども、すでに売買契約を締結した後なら、キャンセルできなかったり違約金を請求されたりするので、結局は損です。それに査定では高値をつけても、入金までの間に何かと理由をつけて減額される恐れもあります。惑わされないように気をつけましょう。

動機としては弱いですが、「知人や家族に譲るから」や「乗り続けることにした」という断り方もあります。もちろん、「売ったほうがお得ですよ」と説得されますが、そこはきっぱりと断りましょう。

きっぱりと断れる自信があるなら、「査定額を知りたかっただけ」と率直に伝えると、無駄な言い訳を重ねずに済みます。そもそも、その業者を断る理由は何でしょうか。査定を依頼したものの、満足のいく額にならなかったり、対応に不満を抱いたりしたからでしょう。それなら、その旨を伝えたほうが断る側はストレスが溜まりません。きっぱりと断っても電話が続くようであれば、着信拒否するのも致し方ないでしょう。

車を買い取ってもらうときは、1つの業者だけに査定を依頼すると、提示された額が適切なのか分かりません。中古車の買取価格は、そのときのオークション相場や買い手のニーズなどで決まるため、提示される額は業者によってまちまちです。1つの業者だけで決めてしまうと、高く買い取ってもらえるチャンスを逃してしまうでしょう。

だからといって多くの業者に査定を依頼したのでは、断るのに一苦労します。高値を追って欲張るよりも、2~3つなど手に負える数でとどめるほうが無難です。

断るときに、「いま決めないと、この査定額は出せない」という業者もいますが、少なくとも現時点で満足してないのですから、無理に引っ張る必要はありません。相場やニーズは常に変わるのですから、安くなる可能性もあれば、逆に高くなる可能性もあります。

NGな対応

逆に、断るときはNGな対応もあります。

たとえば、電話の無視です。連絡が取れるまで業者は何回も電話をかけてきます。そのたびに着信を無視するのはストレスです。業者の中には、しびれを切らして自宅まで押しかけてくるかもしれません。 むしろ、電話に出てきっぱりと断ったほうが、簡単には引き下がらないかもしれませんが、かけてくる回数は少なくなるでしょう

着信拒否しても電話はかかってこなくなりますが、いきなりするのは、いたずら目的で査定をしたと思われてしまいます。先述のとおり、業者間では横のつながりがありますから、まだ買取先が決まっていなければ、どこも相手にしてくれなくなるかもしれません。

査定額に納得がいってないときも、一度は話を聞く余地を持たせたほうが、高値を引き出しやすいでしょう。 「検討している」など、曖昧な態度を取るのも良くありません。いくらでも業者につけ込む隙を与えてしまいます。 車の査定は自分から依頼しているので、無下に断るのは気が引けるかもしれません。けれども、曖昧な態度を取り続けるのは自分が疲れてしまいますし、相手も無駄な時間を費やしてしまいます。きっぱりと断ったほうが親切でしょう。

いきなり怒るのもNGです。相手に非があれば別ですが、そもそも電話をかけるきっかけを作ったのは自分なのですから、失礼な対応になります。

また、業者は何度も電話をかけて怒られることには慣れっこです。むしろ、怒った相手を上手にいなして、説得する術を持っています。怒っている側は感情的になるほど冷静な判断ができず、業者の意のままになってしまうかもしれません。業者からの電話を断るときは、できるだけ感情を排して、事務的に応対するのがベストです。

なお、JPUC(日本自動車購入協会)では、買取時の電話について、以下のような行動基準を定めています。

JPUCに加入している業者であれば、しつこい電話を防げるでしょう。それでも目に余る行為があれば、コールセンターで苦情を受け付けています。

売買契約した後で断りたい場合は?

一度は買い取ってくれる業者を決めたものの、ほかの業者に説得されて気が変わったり、逆に押し切られて不本意に契約して後悔したりすると、断りたくなるかもしれません。そんなときは、速やかにキャンセルの電話をしましょう。

連絡が遅くなるほど、キャンセルできなかったり、違約金を請求されたりする恐れがあります。いつまでならキャンセルできるかは、契約書に明記されているはずです。期日を過ぎていたら、原則としてキャンセルはできないと考えたほうがいいでしょう

なぜなら、すでに業者間オークションに出品したり、次の買い手を探すための準備が始まっていたりするからです。このタイミングでキャンセルすると、業者は整備にかけた費用や出品料などの損失を被ってしまいます。もちろん、次の買い手が見つかっていたら、キャンセルするのは容易ではありません。

たとえ、先述のように高値をつけてくれる業者が現れたとしても、キャンセルにかかる手間や費用を考えたら、全然お得ではないでしょう。そのような誘惑に負けないためには、査定を依頼する前に車の相場を知っておくのが大事です。そうすれば上回る買値を提示されたときに、納得して契約できます。

なお、どんなに不本意な契約であっても、車の買取はクーリングオフが適用できません

クーリングオフとは、冷静な判断ができなかったり、仕組みを理解できなかったりする状態の契約に対して、一定期間なら無条件で解約できる特定商取引法の制度です。早くても契約書を受け取った日から8日、長ければ20日以内に解約できます。

けれども、車(四輪自動車)は特定商取引法の対象外ですし、売買契約自体が冷静な判断ができなかったり、仕組みを理解できなかったりするものではありません。不本意な契約であっても、キャンセルできなかったり、違約金を取られたりするのです。そうならないように、気が乗らない場合は、きっぱりと断りましょう。

まとめ

取引するつもりがない買取業者の電話は、きっぱりとした態度で断るのが一番です。曖昧な態度を取ったり、感情的になったりすると、つけ込まれてしまいます。断るために適当な理由をつけてもいいでしょう。

査定も買取も、できれば常識的な対応をしてくれる業者に依頼したいものです。業者の詳しい情報を調べてみてください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る