KuruTown(くるたうん)

車を売却するタイミングについてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車の買取には時期が重要!高額査定を狙えるタイミングは?

愛車を手放すのなら、少しでも高く買い取って欲しいと思うオーナーは多いでしょう。その車の買取価格、いつ売るかによって大きく変わることをご存じでしょうか。
どんな時期に、どんなタイミングで売れば高い査定額となるか、車を売却するタイミングについてご紹介します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車の買取でおすすめの時期はいつ?

中古車買取は一年間を通じていつでも行われていますが、世間のイベントなどに影響され、買取価格が上がりやすい特定のシーズンが存在します。

中古車需要が最も高いのは1~3月

年間を通じて中古車需要が最も高いのは、1~3月の3か月間です。毎年4月は入学や就職といった、大きなライフイベントの節目にあたります。入学のお祝いとしてのプレゼント、車がないと生活できない地域で働くためなど購入の理由は様々ですが、新生活に車が必要となる事情が多く生まれ、それに伴い中古車の販売台数が伸びます。

この時期はさまざまな車種の車がどんどん売れていきますので、買取業者も新しい車をどんどん仕入れたいと検討をしているのです。

また、3月が決算月である会社も多いため、年度末の売り上げを大きく作っておきたいと、多くの企業が考えます。これにより年度末商戦ともいうべき買取と販売が行われ、取引の数が増加します。

8~9月は中間決算前

3月決算の会社にとって、9月は年度の折り返しとなる中間決算の時期です。企業は中間決算前にも業績を大きく伸ばしておきたいため、9月末に向けて中古車の買取と販売が強化されていきます。

商品となる中古車の買取もキャンペーンなどで促進し、在庫を増加させます。3月の本決算ほどではありませんが、業界が全体的に活発に動くため、車の買取と販売が積極的に行われるシーズンといえるでしょう。

在庫が出た直後

中間決算前および3月末の新生活開始前には多くの車が売れ、中古車販売店の在庫も大きく減少します。店舗によっては主力商品をほぼ売り尽くしてしまうこともあり、新たな商品となる中古車買取の需要が高まります。

大々的なキャンペーンなどはあまり展開されませんが、査定員による査定価格は通常よりやや高くなる傾向が多いです。一括査定を依頼した業者の中には、在庫を補充したくて仕方ない業者も紛れているかもしれず、頭一つ抜けた査定額を出す場合もあるでしょう。

モデルチェンジには注意

年間を通じて買取価格が上がりやすいシーズンはありますが、その好景気ぶりを吹き飛ばしてしまうのがモデルチェンジの影響です。

車は1~2年ごとにマイナーチェンジ、5~6年でフルモデルチェンジが行われます。フルモデルチェンジでは車の性能の向上や、大幅なデザインの変更などが加えられるため、前モデルの価値は大きく下がり、買取価格も一気に下落します。

スポーツカーのように、デザインや性能に対して好みが分かれるような車種は比較的影響は少ないです。しかし、ハイブリットカーのような燃費・エコ性能を重視している車種では、新モデルの性能が大きく向上することで、前モデルは大きな影響を受けてしまいます。

車を買取に出すタイミングの考え方

車の買取価格はさまざまな要素に影響を受けますが、どのようなタイミングが売り時期を考える要素になるのでしょうか。

車検を受ける直前

車検は2年に1回行わなければならず、点検のための作業費や交換パーツ代、自賠責保険などの法定費用も含め、数万円~数十万円と大きな費用が掛かります。

車検を通過したからといって、車検費用を取り返せるほどの大きなプラス査定はなく、また自賠責保険は未経過分が戻ってきますが、車検の有効期間に対する還付金はありません。

車検実施後に車を売却するのは、費用面で大きな損につながる場合があります。

走行距離が大台に乗る前

車の査定に影響する要素のひとつに、走行距離があります。走行距離は5万キロ、10万キロがひとつの目安となっており、特に10万キロ超の車は過走行車と呼ばれ、車全体の疲労・摩耗が激しく、買取価格にも大きく影響します

新モデルが発表になる前

前述の通り、車は数年ごとにデザインや構造、性能が大きく変わるフルモデルチェンジを行います。モデルチェンジが行われる度に前のモデルの中古車市場での価値は下がり、買取価格にも大きく影響を及ぼします。

車の買取時期で高額査定を狙うポイント

車の売却価格は様々な要因で変化しますが、どんなタイミングを狙って買取に出すのが良いのでしょうか。

車の需要が高まる時期、在庫が枯渇する時期を狙う

比較的高い査定額を引き出しやすいのは、車の需要が高まる時期です。特に1~3月は、中古車買取業者からすれば、買った車がどんどん売れていくシーズンですので、いくらでも車を仕入れたいと思うような時期です。

この時期は他にも売りたがるオーナーが多いため、なかなかスムーズな手続きを行えないこともありますが、年間を通じても最大の売り時といえます。

また、在庫が枯渇する時期も売り時のひとつです。1~3月に比べると業者側も落ち着きを取り戻しているため、複数の業者と比較をする余裕が出てきており、じっくりと腰を据えて交渉もしやすくなるでしょう。

走行距離が5、10万キロに乗る前

車の価値が大きく下がるタイミングが5万キロ、10万キロを突破する時です。メーカー側の想定では、近年の車は15万キロ走っても全く問題が無いような性能といわれていますが、中古車市場では5万キロ、10万キロで価格が一段階下がる風習が残っています。

この大台に乗る前に買取に出すことで、大きく価値が下がる前に売り抜けることができるでしょう。反対に中古車を購入する際には、5万キロ、10万キロを超えた直後の車は価格に対する車のダメージが小さいといえることがうかがえます。

新モデル発表前

数年おきに繰り返されるモデルチェンジは、車の価値に大きく影響します。しかし、フルモデルチェンジはいつ行われるか予測をしにくいため、モデルチェンジに合わせて車を売却することは非常に難しいでしょう。

小さな変更が行われるマイナーチェンジが1~2年ごと、フルモデルチェンジが5~6年ごとが目安になりますので、2~3回のマイナーチェンジが行われたら買取に出すのがちょうどいいかもしれません。

原則として早ければ早いほどよい

高く買取してもらうためには様々なタイミングや条件はありますが、原則として中古車の買取価格は早ければ早いほど高いとされています。 予測不可能な要素で買取価格が上下することはありますが、走行距離が短く、新しいモデルの車が最も高く売れることには変わりはありません。

また、時間が経過する間に、事故やトラブルによって車の価値が大きく下がってしまうこともあります。車を売ることを決めたのなら、シーズンや走行距離を狙いすぎてタイミングを失ってしまう前に売却するのが良いでしょう。

まとめ

中古車買取には高値で売れやすい時期が存在します。1~3月の新年度前および決算前が最大の繁忙期となり、次いで8~9月の中間決算前、そして繁忙期後の在庫枯渇時期が続きます。

車を高く売りたいなら、これらのシーズンを狙うのと同時に、走行距離が5万キロ、10万キロに到達する前や、フルモデルチェンジ前を狙うのがおすすめです

ただし、車は刻一刻と価値が変化していくため、年式が若い上走行距離が短く、事故やトラブルによる車のダメージがないうちの売却が、最も安定して高く売れるでしょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る