ローンが残っている車でも買い取ってくれるか

ローンを組んで購入した車は、車検証の所有者がローン会社やディーラーなど別人の名義になっているはずです。これを「所有権留保」といい、名義人は万が一返済が滞ったときに、車を没収して債務を整理する権利を優先的に保有できます。

所有者が他人名義になっていると、勝手に売却することはできません。自分の車ではないので、ほとんどの買取業者にも断られてしまうでしょう。車に最初から付属しているパーツやオプションを売却するのも同様です。売却が発覚すると横領罪や、民法の債務不履行、不法行為を問われる恐れがあります

所有者の名義を変更するには、まずローンを完済しなければなりません。それで初めて自分の車にできる権利が発生します。けれども、名義は自動的に書き換わりません。所有権留保を解除する手続きが必要です

所有権留保を解除するには、所有者の名義人に申請する書類を送ります。何を送るかは所有者によって異なりますが、一般的には車検証の写しやローンの完済証明書、実印を押印した所有権解除依頼書(または委任状)、印鑑証明書などです。

手続きが終わると、譲渡証明書や委任状、印鑑証明書などが送られてきます。あとは、これらを持参して、運輸支局や軽自動車検査協会で名義変更の手続きを行うと、所有者の名義が自分に変わって、自由に車を売却できるわけです。

ちなみに銀行のマイカーローンを利用していると、所有者が銀行ではなく最初から本人になっている場合があります。だからといって勝手に売却できるわけではありません。規約や契約書の中に、その旨が記載されているはずです。どうしても売却したいときは、事前に銀行へ確認しましょう。

ローン返済サービスとは

車の買取業者の中には、ローンが残っていて、所有者が本人以外の名義でも、買い取ってくれるところがあります。所有権留保の解除も、所有者とのやり取りから名義変更の手続きに至るまで、代わりに行ってくれるので簡単です。

この場合、名義は元の所有者から本人を介さずに買取業者へ変更されます。本人が用意するのは所有権留保の解除で必要とされる書類だけです。

残っているローンは、買取業者が一旦立て替えて完済してくれます。もし、売却代金がローンの残債を上回れば、余った分は本人が受け取れます。たとえば売却代金が50万円で、ローンの残債が40万円だったら、10万円の受け取りです。

逆に売却代金がローンの残債を下回ってしまうと、足りない分は何らかの方法で補わなければいけません。先ほどの例で、ローンの残債が60万円であれば、10万円の不足です。

方法としては以下の3つがあります。

  • 現金で一括払いする。
  • 新たにローンを組む。
  • 同時に車を購入するのであれば、マイカーローンに上乗せする。

現金で一括払いをするのは、不足額が多くなるほど困難です。返済に困って車を手放していれば、少額でも負担は大きいでしょう。

車の買取業者の中には、ローン返済サービスを行っているところがあり、不足額で新たにローンを組むことが可能です。その代わり、車のローンよりも金利が高くなる恐れがあるため注意が必要です

売却と同時に新たな車を同じ買取業者から購入するのであれば、不足額を新たな車のローンに上乗せできるかもしれません。単に返済するためのローンよりは金利がお得になる可能性もあります。

自分で所有権留保を解除する手続きを行う前に、そのようなサービスを利用できるか、車の買取業者に問い合わせてみましょう。

利用するときの流れ

ローンが残っている車を売却するときは、買取業者にその旨を伝えて、買取と同時に所有権留保の解除を依頼します。

買取業者は車検証の所有者に必要な書類を問い合わせるので、自分で用意するものがあれば、指定された期日まで渡せるようにしましょう。手続きにはローンの立て替えや書類のやり取りなどで、1週間前後かかります。 並行して車の査定が行われ、買取価格がローンを立て替えた分を上回れば、新たにローンを組む必要はなく、余った分は本人のものです。ただし、一連の手続きには代行手数料がかかるので、その分も差し引かれます。

逆に買取価格がローンを立て替えた分を下回れば、一括で返済するか、新たなローンを組むか検討しなければいけません。同時に買取業者から車を購入するのであれば、新たなローンに上乗せできます。 ローンを組むのであれば、源泉徴収票や納税証明書など、年収を証明できるものや身分証明書が必要です

利用するときの注意点

車の買取業者によるローン返済サービスは、とても便利ですが、利用にあたっては注意点があります。

まずは、年収やほかのローンの利用状況によって、新たなローンを組めない可能性があるところです。新たなローンを組むときは、問題なく返済できる人物であるか、貸主となる信販会社や金融機関、貸金業者が審査を行います。

その際に重視されるのが、年収に対する借入額の割合。「総量規制」といって、収入の3割を超える貸付はできない決まりになっています。マイカーローンは総量規制の対象外ですが、返済できそうにないと判断されると審査に通らず、新たな利用を断られます。自ら申告しなくても、ローンを利用した情報はJICCやCICといった信用情報機関に登録されるので、隠し通せません。

次に、売却と同時に車を購入して、新たなローンに残ったローンを上乗せするのは、当然ながら返済の負担が大きくなります。毎月の返済額が収入の20%を上回るようであれば多すぎです。同じ金額を貯金すると考えれば、返済の難しさを実感できるでしょう。

そもそも、ローンを上乗せしてまで車を乗り換える必要があるでしょうか。いくら車好きでも、それで生活が立ち行かなくなれば意味がありません。無理して購入しても、他の部分で我慢せざるを得ないでしょう。 ガソリン代を節約したり、整備費を出し惜しんだりしていたのでは、車を購入した意味がありません。さらに、車は購入後も車検代や税金、駐車場代などの維持費が発生します。ローンが残っている車を売却する時点で、今後も車を持つ必要があるのか、見直したいところです。

ほかにも、EVやPHVなどのクリーンエネルギー自動車を購入するときに、「CEV補助金」を受け取っていると、3~4年間は保有しなければいけません。その間に手放すと、補助金の返納を求められます。 車を売却するときに、できるだけローンを残さないようにするには、高く買い取ってくれる業者を選ぶのも大事です。同じ車でも買取業者によって、査定額は大きく異なります。業者選びを間違えたばかりにローンが残ってしまったら悲惨です。

そうならないように、ローンが残っている車を売却するときは、複数の買取業者に査定を依頼しましょう。その上で、所有権留保を解除する手続きの代行サービスや、ローンが残ったときにローン返済サービスを利用できれば便利です。

まとめ

ローンが残っている車は、完済して所有権留保を解除すれば売却できますが、買取業者の中にはローンを立て替えて、手続きを代行してくれるところがあります。売却価格がローンの残りを下回っても、ローン返済サービスを利用したり、新たな車のローンに上乗せしたりするのが可能です。

ローンが残っているが車の売却を考えている方は一度買取業者に問い合わせしてみましょう。