車買取でおすすめの業者と特徴

一口に買取業者といっても、専門性や対応速度など、業者ごとに特徴があります。気持ちよく愛車を譲るためにも、自分と愛車にとって最適な業者を選びたいものです。最適の業者を選ぶためにはいくつかのポイントがあり、大きく4点に分類されます。

業者の専門性

業者の中には輸入車専門、キャンピングカー専門、ミニバン専門など特定の車種を専門に扱う業者が存在します。それらの業者はその分野の車種への専門知識も深く、また高値で販売できるルートも持っているため、他の業者に比べて高値で買い取ってくれる傾向があります。

専門業者は地方によって特色があり、東北や北海道といった雪が多い地域では4WDの専門業者が多く、都市部に行くほどセダンやSUVに強い業者が目立ちます。また、大手自動車メーカーが生まれた地域では、そのメーカー車全般の評価が高くなることもあります。

査定時の対応

査定の際には、実際の車を見てから最終的な査定が行われます。その買取業者の査定員が対応しますが、その際に受ける車の状態の説明に注目しましょう。

査定員からの説明が詳細であればあるほど、その車の状態を正確に把握した上で査定を行っている証明となります。反対にあまりにも簡素な説明しかしない査定員なら、正確な値付けもできず、満足のいく査定額につながらないかもしれません。

また、査定員は営業マンとしての側面も持っています。どれだけ真摯に車に向かい合ってくれるか、その車の状態や査定に影響する要素をしっかりと説明してくれるのはもちろんのこと、安心して車を譲れるような空気を作ってくれるかも重要なポイントです。

もし査定額も同じくらいの業者がいたら、安心できる相手に譲りたいですよね。

査定にかかる時間

実車を査定する際、おおよそ10分前後の時間が必要とされています。車の外観だけでなく、内装の細かいところ、エンジンルームや足回りなど、細かいところまでチェック。車の状態や査定員によっては30分以上の時間をかけてじっくりと査定することもあるほど、査定には時間がかかります。

しかし、5分程度で手早く査定を済ませる査定員も存在します。たった5分程度では車の状態をすべて把握することなど到底できません。経験豊富で熱心な査定員ほど、過去の中古車でトラブルが起きたような箇所を念入りに点検し、正確な査定を行ってくれます

査定員の質を確認できるタイミングは、実車を直接見てもらうこのタイミングしかありません。あまりにずさんなチェックしかしないような査定員に対応されるなら、早々に売却先の候補から外してしまってよいでしょう。

査定額を比較

実車の点検も終わり、最終的に査定額が提示されます。この査定額は業者ごとにことなるため、複数の業者の査定結果を比較すると、数万円から数十万円の差が生まれることもあります

査定額は原則として、その車種に対する相場を基礎として決められます。その上で車の状態や備品の有無、年式やモデルなどの要素を加味して査定額が決められますが、どの要素をどの程度加味するかは査定員次第で大きく変わり、場合によっては大きな金額差となります。

そのため、査定は1社だけでなく複数の業者に依頼することが必要です。せっかく査定してもらったのに、無駄足になる業者がいることに心を痛める必要はありません。業者側も他社に競り勝つために努力しているため、査定結果で競争することは必須であると認識しています。

厳選した業者複数社に査定してもらうことで、価格に差はあれど、納得のいく価格が提示されることでしょう。その中で最も正確な査定をしてくれたと思う業者を選ぶことで、納得のいく売却が行えます。

口コミや評判で選ぶ

査定を依頼する業者を選ぶ際に参考になるのが口コミや評判です。今はインターネット上でその会社に対する評判をすぐに見つけることができるので、口コミや評判の調査を行い、安心できる業者を選ぶのが良いでしょう。

悪い評判があるところは避ける

口コミは対応がよかったというプラスの評価だけでなく、査定員の対応や態度が悪かった、査定額が不当に低かったなど様々な評判を知ることができます。

実際にその業者を利用した人のコメントは、良い体験をしたならそれを広めたいと思い、悪い体験をしたなら同じ目に合う人を減らしたいという思いからインターネット上に書きこまれます。悪い評判があまりに目立つような業者は、査定依頼の前から除外しておくとよいでしょう。

口コミを信じすぎない

口コミや評判は利用者の生の声が見られる反面、匿名性が高くその投稿の信憑性に欠ける面があります。

実際に利用はしてないけれど悪評を書き込む、自分にも原因があるのに一方的に業者を悪者にするなど、投稿者の悪意による脚色が入ることもあるため、内容を100%信じることは危険です。

感情的に書きこまれただけのものでないか、投稿内容に具体性があるかなど口コミの内容をしっかり吟味し、正しい情報を取捨選択することが口コミの利用には大切です。

良い業者があれば一括査定をするのも手か

複数の業者に車を見てもらうにも、何十社もある業者の中からどこを選んだらいいかわからなくなることもあるでしょう。そういった時に活用したいのが、インターネット上から申し込める「一括査定」です。

複数の業者に一括で査定依頼

インターネット上では「一括査定」を行えるサイトが多く存在します。一括査定は車種、年式、オプションの有無、事故歴、改造歴などの情報を入力すれば、複数の業者が同じ条件で査定を行い、その車を評価してくれます。

個別に複数の業者にインターネット査定を依頼する場合、それぞれの業者ごとに同じ情報を何度も入力しなければなりません。その点一括査定なら、一度の入力で数社から数十社に一度に査定依頼ができます。

しかし、一括査定は業者同士で裏で話し合っている可能性もあるので、必ずしも信じれるというわけではありません。基本的には一括査定ではなく、ひとつひとつ査定をしてもらって回るのが良いでしょう。

業者を絞って出張査定を依頼

一括査定で査定額を出してもらっても、最終的には実車をみて査定額は決定されます。車を見てもらう出張査定を依頼するなら、一括査定でいい価格をつけてくれた上位数社全てに依頼してみましょう。

インターネット査定では車のモデルや年式、走行距離などから大まかな査定額を算出できますが、細かい傷や内装の状態など、実際に見ないとわからない要素は反映されないため、大きく査定額が変わることがあります。

大きく跳ね上がることもあれば、逆に下がってしまうことも。それでも、一括査定で高い査定額をつけてくれた業者はその車種に対して高い評価をしているため、他の業者よりも高い査定評価を出してくれることが期待できます。

まとめ

車の買取を依頼する場合には業者選びが重要です。査定員の質次第で、愛車が高く評価されるのか、安く買いたたかれるのかが決まってしまいます。

高く評価してくれる業者の査定員と多く会うためにも、まずは一括査定がおすすめです。高い買取価格をつけてくれた業者に最終査定を依頼し、少しでも高額の売却を目指してみましょう。