KuruTown(くるたうん)

外車で高額査定を狙うポイントについてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車買取で輸入車は不利?外車で高額査定を狙うポイント

非常に高価格であり、乗っていること自体がステータスになる高級輸入車。ある程度乗り回してから中古車買取に出した際、買取価格が低く驚いたという経験がある人もいるかもしれません。
輸入車は全般的に買取価格が低くなるといわれています。なぜ輸入車の買取価格が低くなるのか、高く買い取ってもらうにはどんな方法があるのか紹介します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取で輸入車は不利ってホント?

車の中古車買取において、輸入車は国産車よりも安く買われるといわれますが、その噂は正しいのでしょうか。

輸入車の新車購入価格は高い

輸入車は全般的に、同グレードなら国産車よりも高い販売価格で設定されているものが多く存在します。

価格の上昇に影響する要素として、輸入の際にかかる関税が考えられます。しかし日本における乗用車関税は0%のため、関税の影響で価格が上がっている訳ではありません。

価格に影響する要素の一つに「ブランド価値」があります。輸入車の多くは「高級外車」として扱われ、非常に高い購入費用が掛かるというイメージがあります。そのイメージはブランドの価値につながり、高い金額でも車が売れるよう後押ししてくれるのです。

中古での売却額は安い

車種によっては家が買えてしまうほどの価格の輸入車ですが、国産車に比べて中古で売却する際の査定評価が低くなる傾向があります。

輸入車は高級感があるために、資金に余裕がありステータスを求める富裕層に人気があります。

しかしそれ以外の層からはあこがれの存在ではあるものの、なかなか手を出すことは出来ません。そのため中古車市場にあっても買い手がつきにくく、在庫として抱えやすくなる商品であるため、あまり高い金額で買い取ることが出来ないのです。

中古車での購入価格が高いのはなぜ?

買取価格は安めですが、中古車として販売される価格はそれほど安くはありません。それはなぜなのでしょうか。

輸入車はあまり回転がいい商品ではないため、一度仕入れてから再度販売できるまで、長い時間が必要となる場合があります。回転のいい国産車に比べ保管のコストがかさむため、その支出分が販売価格に影響しています

また、高級輸入車を購入する層は車にステータスを求めるため、安すぎるとかえって手が出なくなることもあります。もちろん状態の悪い車を高く売ることは出来ませんが、その車の状態に応じた最大の価格設定にすることで、売れやすくなる側面はあるでしょう。

車買取における輸入車の査定基準

輸入車の買取基準は日本車と異なる部分もあり、輸入車ならではの査定ポイントは存在します。どのようなポイントが日本車より重視されるのでしょうか。

基本的な基準は同じだが下落幅が大きい

基本的な査定基準は走行距離の長さ、ボディの傷やへこみ、内装の状態、故障修理やパーツ交換の内容など、一般的に査定対象として見られる要素は国産車と変わりません

特にBMWミニのような手頃な価格帯の車は、国産車とほぼ同じ基準で考えてよいでしょう。

ただし、年式による価格の下落幅は、国産車に比べ大きい傾向にあります。国産中古車は丈夫で長持ちすることから、アジアや南米などの海外で人気があります。古くなり日本で売れにくくなっても、海外へ輸出することで十分売れるため、海外人気が価格の下落を支えています。

対する輸入車は日本車ほど海外人気が無く、日本国内で買い取った中古車は日本国内で再販するのが一般的です。しかし高級輸入車を欲しがる層は富裕層が中心であり、彼らは中古車ではなく新車で購入する傾向にあります。高価な中古車はなかなか買い手がつかないので、下落幅が大きくなるという流れにつながっています。

高級車は走行距離重視

走行距離に応じて査定価格が下がるのは国産車と同じですが、高級輸入車はその影響が大きく、走行距離の長い車のマイナス査定幅が大きいとされています。

前述の通り、輸入車の中古車は売れにくく、富裕層は新車を購入する傾向が強く出ています。中古車を購入するにしても、価格は意識せず状態のよいものを選びたがりますので、車の状態を判断しやすい走行距離の扱いはシビアにならざるを得ないのでしょう。

傷やへこみのマイナス査定が大きい

日本車は傷やへこみの影響はそれほど大きくないといわれていますが、輸入車に限っては反対に重く見られる傾向が強く出ます。

輸入車の修理は国産車とは違う技術が必要な上、塗装の色が国産車とは異なるため、修理に手間と費用がかかります。そのため査定の時点でその費用分を見越して、査定額が大きく下げられる傾向が強くなります。

車種やグレードによりその扱いは大きく変わりますが、超高級車であるほどその影響は大きくなります。新車価格5,000万円の車のドアについたへこみと傷のせいで700万円も減額になったという例もあることから、非常にシビアに見られる要素であるといえるでしょう

輸入車の車買取で高額査定を狙うポイント

日本車よりも厳しい査定基準を持つ輸入車ですが、買取を依頼する際にはどんな点に気をつければよいでしょうか。

オプションパーツをアピール

輸入車を中古で購入する人の傾向として、全てのオプションを搭載した「フルオプション車」の希望が強い点があります。輸入車=高級車というイメージが強く、同一車種の中でもさらにお金をかけたフルオプション車は、ステータスが高いとされています。

特に人気のオプションにはサンルーフが挙げられます。車の製造時にしか取り付けできないサンルーフの評価は高く、特別感の強いオプションとして扱われています。もし売却したい車にサンルーフがついているようなら、存分にアピールすべきポイントです。

また高級輸入車では当たり前も言われる本革シートも、状態によっては高い査定評価を受けられるオプションです。ただし、傷や擦れが大きいとマイナス査定になってしまうため、車に乗っているときから取扱いには十分に注意するとよいでしょう。

カーオーディオ、カーナビも評価が高いオプションです。輸入車のカーナビは日本のカーナビとは異なる規格になっていることが多く、後から交換が難しいとされています。またエアコン操作パネルを兼ねていることもあるため、純正品が搭載されている車の査定には大きくプラスされる見込みがあります。

また高級輸入車のカーオーディオは性能も非常に優れており、オプション価格で数十万円するような品質のものも珍しくありません。中古車でも歓迎される人気のオプションであり、大きく査定額をアップさせられるでしょう。

買取査定は複数社に依頼

輸入車は国産車とは違う評価基準も多いため、国産車をメインで扱う買取業者では正当な評価が出来ず、安い査定額を出してしまうこともあります。

査定を依頼する際には、複数の業者に査定を依頼するとよいでしょう。一括査定で多くの業者に一度に依頼するのもよいですが、輸入車に強い業者を探し、それらに個別に査定を依頼するのもよいでしょう。

査定基準は日本車よりも厳しいとされる輸入車ですが、正当な評価をしてくれる業者に依頼することで、不当な査定金額の減額は避けることができます

まとめ

輸入車は国産車に比べて販売価格は高いものの、中古車買取価格は安くなる傾向が強くでます。ステータスを求められる輸入車は富裕層からの人気が高く、新車で購入される事が多いため、中古車として買い取られる価格が安くなりがちです。

少しでも高く買取してもらうためには、オプションを全てつけた「フルオプション車」にすること、そして輸入車に強い買取業者を選ぶ事が必要です。特に買取業者による価格への影響は大きいため、輸入専門といえるような、豊富な知識と実績を持つ業者を選ぶのがよいでしょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る