KuruTown(くるたうん)

故障車でも買取する方法についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

故障車でも買取可能?買取する方法

故障した車は修理するよりも買取してもらったほうが、結果としてお得になる場合があります。しかし、買取業者によっては故障していると買い取ってくれなかったり、逆に引き取り料を請求されるかもしれません。
どの買取業者を選べばいいのでしょうか。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

故障車でも買取が可能な理由

買取業者の中には、故障車でも0円以上の買値をつけてくれるところが数多くあります。中には、不動車や水没車のように自力では走行できない車でも買い取ってくれるところがあるほどです。そのような車でも、車種やコンディションによっては数万円の買値がつく場合もあります

多くの買取業者では出張査定も行っているので、自力では走行できない車でも店頭まで持ち込む必要はありません。

なぜなら、このような買取業者は故障車でも利益を出せる手段を持っているからです。買取業者も商売ですから、買い取るからには利益を出せる車でなければいけません。もし、何も問題がない車であれば、中古車として再販すれば利益を出せます。あるいは業者間のオークションに出品して、ほかの業者に売ることも可能です。

しかし、故障車は修理しなければ第三者に再販できません。修理すると費用が発生して、再販時にその分を上乗せしなければいけなくなります。それが車の需要と見合わなければ、買い手がつかずに自社で在庫を抱える破目になるでしょう。 在庫を抱えるのも保管するスペースを確保したり、手入れが必要になったりするなど費用が発生します。そのため、買取業者は故障車に限らず、利益の出せない車は買い取りません。

その点、故障車に買値をつけられる買取業者の多くは、自社で工場を持っていますから、他の業者に依頼するよりも少ない費用で修理が可能です。安い価格で再販できるので、買い手がついて利益を出しやすくなり、在庫を抱えて無駄な費用が発生するのを防げます。

修理して走れる車でも、事故車や水没車だと敬遠されがちです。フレームやエンジン、電気系統など根本的な部分がダメージを受けているため、修理しても調子が悪かったり、再び壊れたりする恐れがあります。

そのような車は、海外に販路を持っている買取業者が得意とするところです。諸外国の中には、日本ほど細かいところを気にせず、走りさえすれば十分というところが数多くあります。年数が経っていたり、走行距離が数十万キロを超えていたりしても、まだまだ現役です。

日本車は元々の品質が高く、厳しい車検を通っているため、中古でも海外では壊れにくいと定評があります。海外には正規の代理店が少ないため、買取業者でも買い手を見つけるのは難しくありません。

不動車のようにどうしても走れない車は、解体して使えるパーツを再利用したり、スクラップを売却したりすることができます。パーツは純正のものが入りにくい海外で需要がありますし、すでに生産中止になっている車なら、国内でも必要としているドライバーがいるでしょう。

鉄のスクラップは、日本鉄リサイクル工業会によると1tあたり20,000~25,000円の価値があります(2020年10月現在)。

このように、利益を出せる手段が豊富にあるので、故障車でも買値をつけられるのです。

故障車を買取に出す際の注意点

車が故障しているときは、修理に出さないで査定してもらいましょう。故障を直してから査定に出しても、修理にかけた費用を上回るほどの増額にはならないからです。

例えば、査定においては多くの買取業者が、日本自動車査定協会(JAAI)のハンドブックやチェックシートを参考にします。1cm未満の傷やへこみは減点されず、カードサイズ未満なら10点の減点です(1点は1,000円相当)。それ以上の大きさなら、規模や箇所によって10~80点、交換なら65~180点の減点となります。

フロントドアの場合は、カードサイズ以上の傷やへこみが20~50点、交換が80点の減点です。一方、修理費用は傷やへこみが2万円以上、交換は10万円以上かかります。そう考えると、修理しないで査定に出したほうがお得です。

カードサイズ未満の傷も、市販の修理キットを使えば、目立たなくすることができるかもしれません。けれども、査定員には簡単に見抜かれてしまいますし、かえってダメージを増やす恐れもあります。何もしないほうが無難です。

車が汚れていると傷を目立たなくすることができますが、査定員の目は誤魔化せません。むしろ乱暴に扱われた車とみなされて、安く買い叩かれる恐れがあります。逆にきれいな車は丁寧に扱ってきたと思われ、悪い印象によって減額されるのを防げるでしょう。

洗車するときも、わざわざお金をかけてコーティングまでする必要はありません。できる範囲で十分です。

もう1つ気をつけたいのが故障の申告です。自分で分かっている故障については、必ず査定時に申告しなければいけません。仮に隠し通せたとしても、後で発覚したときに売買契約を解除されたり、損害賠償を請求されたりする恐れがあります

ただし、こうした瑕疵担保責任については、故障を知らなくても問われるものです。特に中古車を買い取ってもらうときは、前の所有者による故障が潜んでいるかもしれません。買取後のトラブルを防ぐためにも、どこまで責任を負わなければいけないか、業者に問い合わせたり、契約書で確認したりしましょう

故障状態に合わせて業者を選択して査定を

先述のとおり、すべての買取業者が故障車で利益を出せるわけではありません。利益を出せるとしても、その方法が買取業者によって異なります。同じ車でも買取業者によって査定額はまちまちです。

そのため、査定をするときは必ず複数の買取業者に依頼して比較しましょう。それだけで売却価格に数十万円ほどの差が出る場合もあります。

例えば、ディーラーは新車を販売するのが専門であり、下取りした車は自社系列の中古車販売店で再販するか、業者間オークションで流通させるくらいしかありません。

故障していると下取りを断られたり、せいぜいサービスの一環として有料で処分されたりするのがほとんどです。売却先の候補からは真っ先に外れるでしょう。

自社で工場を持っている買取業者なら、故障車でも買値をつけてくれる可能性があります。目安は自走できて、簡単な修理やパーツの交換で故障が解消される車です。エアコンが壊れた、バッテリーが上がった、タイヤがパンクした程度なら問題ありません。査定では減額されますが、それなりの買値はつけてくれるでしょう。

自走できず、かなり大がかりな修理が必要だったり、修理すらできなかったりする車は、廃車買取を専門とする業者のほうが買値はつけやすくなります。たとえ買値がつかなかったとしても無料で車を運んでくれたり、廃車の手続きを代わりに行ってくれたりするでしょう。

自走できない車はレッカー車か積載車で運ばなければいけません。当然、手配するには費用がかかります。また、廃車の手続きは車を解体した上で、運輸支局や軽自動車検査協会に出向かなければいけません。どちらも平日の日中しか開いていませんし、近くにない場合もあります。

廃車買取業者なら無料で引き受けてくれるわけですから、買値が0円でもお得といえるでしょう。

まとめ

故障車を売却するときは、利益を出せる買取業者を選ぶと、0円以上の買値を期待できるでしょう。故障車でも修理すれば再販できたり、解体してパーツやスクラップを売却したりして利益を出せます。

故障車に買値をつけてくれるところを探すときは、1軒ずつ問い合わせるよりも、多くの買取業者を比較できるサイトがあると便利です。廃車買取業者ランキングページでは、全国の買取業者を比較できます。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る