KuruTown(くるたうん)

車買取で傷が査定額に与える影響についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車買取で傷が査定額に与える影響は?評価の基準や対処法も解説

車は普通に乗っていても、必ず傷が付きます。車買取を依頼しようとしたときに、傷があるから査定額が安くなってしまうのではないかと不安に思っている人も多いでしょう。

ここでは、車の買取査定における傷の評価や基準、傷がある場合は修理してから査定したほうがいいのか、どうすれば傷がある車でも高く買取ってもらえるのかといった、傷に関係する悩みについて答えていきます。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

傷によって車買取の査定額が下がる

車の買取査定では、車の状態が美しいほど査定額は高くなります。しかし、いくら車をぶつけた経験がなくても、車を運転していると飛び石などが原因で少なからず傷は付いてしまうものです。 車についた傷が査定額に影響するかしないかは、傷の程度によって異なります。車の査定には日本自動車査定協会の定める、減点方式が採用されており、−1点は−1,000円で計算されることが一般的です。

車買取業者の査定士は、大きく分けて3つのポイントで傷を見ています。査定士が見ている3つのポイントを、それぞれ解説していきましょう。

爪がひっかからない傷

まずは、傷部分を爪を立てて撫でたときに、爪に引っかからない程度のごく浅い傷の場合です。

爪が引っかからない程度の浅い傷は、塗装のクリア層のみに傷がついている状態であるといえます。 主に、普段車を乗り降りするときに握るドアハンドルやトランク部分に付きやすい傷です。人間の爪や洗車機のブラシ、飛び石などが原因になっていることが多いといえるでしょう。

この程度の傷ならば、コンパウンドで表面を磨けば簡単に消せます。車の査定士も、これくらいの浅い傷は絶対に付いてしまうとわかっているので、ほとんどの場合減額対象にはなりません

ただし、車全体を見たときにあまりにも多いと減額となる可能性もあります。

塗装部分のみの傷

爪が引っかかり、ボディの下地が見えているような深い傷は、業者に依頼して一旦塗装部分を剥がして再塗装しなければなりません。そのため、残念ながら減額対象となってしまいます

ただし、傷の大きさが1cm未満の場合は、ほぼ査定額に影響しないと考えても大丈夫です。

日本自動車査定協会が定める基準で見るならば、カードサイズまでの大きさの傷で約1万円の減額、A4サイズ以下で2万円程度の減額、A4サイズ以上の大きさになるならば4万円程度の減額もあり得ると思っておきましょう。

深い傷

凹みをともなうような深い傷の場合は、パテによる修復や叩き出しによる修復が必要となるため、減額が大きくなります。 A4サイズ以下の大きさで5万円程度の減額、A4サイズ以上の大きさで8万円程度の減額、パネル面積の2分の1以上で部品交換が必要な場合は、20万円程度の減額もあり得るでしょう。

車買取前に傷を修理する必要はない

車買取の査定額に傷が影響すると知って、傷を修理してから査定に出そうとする人がいますが、あえて傷は修理しなくても大丈夫です。 なぜならば、傷を修理した費用以上に、傷がないことで査定額が上がることは考えにくいからです。

車についた傷の修理は、想像以上に費用がかかります。たとえば3cm程度の小さな傷でも、業者に依頼すれば5万円程度かかってしまうことも珍しくありません。 傷の修理費用が高いからといって、自分で修理しようとするのは絶対にやめましょう。

最近では動画サイトや個人のブログなど、検索すれば傷の直し方を知ることができますが、車の塗装は素人には難しい作業です。傷を修復するつもりが、余計車を汚くしてしまったという失敗例も実際にあります。 塗装がムラになったり、逆に傷を目立たせてしまうことになったりと良いことはひとつもありません

査定士が見れば、プロが修復した傷か素人が修復した傷かは、簡単にわかってしまうので、結局マイナス査定になるという可能性も高いです。 浅い傷や小さな傷は、見逃されることも多いので、無理に直して査定額を損するよりも、傷をそのままにして査定に出すことをおすすめします

また査定では、車のボディについた傷よりも修復歴が重視される傾向がありますので、傷に対して神経質になりすぎなくても良いでしょう。

車買取で傷があっても高く売る方法

車の傷は、そこまで神経質にならなくてもいい項目ではありますが、傷の大きさや深さ、またその数によっては、大きくマイナスになってしまうこともあります。 多少のマイナス査定があっても、少しでも高く買取ってもらうには、買取査定のポイントを知っておかなければなりません。

ここでは、ふたつのポイントに絞って大事な点をご紹介します。

複数社で査定してもらう

車の買取査定額は、依頼する業者によって違います。そのため、1社即決で決めてしまわず、複数社で査定してもらい比較することが重要なのです。

1店舗ずつ車を持ち込んで複数社に査定依頼するのは、時間がかかりますので、なかなか実行できないという人も少なくありません。

しかし、出張買取査定を活用すれば、1度に複数社から査定してもらうことも可能です。

複数社で査定してもらうメリットとして、相場から大きく離れた金額で買い叩かれるリスクを避けられることや、買取業者同士で競争してくれるので査定額アップにつながるといった点が挙げられます。 1社だけでは、買取価格が妥当なのか、安く買い叩かれているのかはわかりません。複数社で比較することで、大体の車の価値が把握できます。

複数社で査定額を出してもらったら、その中で一番高い査定額を提示してくれた業者と契約しましょう。

アピールポイントを押さえる

車の査定額は、車種や年式、走行距離などから出された基本的な車の価値から、減点方式で決定されます。 傷で多少減点されたとしても、その他の部分でプラス査定を稼げば、高く買取ってもらえる可能性があるのです。

査定額アップのためにアピールできるポイントのひとつに、車購入時に付けた純正のオプションパーツがあります。 電動スライドドアに変更している場合や、レザーシートに変更している場合など、純正品でつけたり変更したりしているものがあれば、積極的に査定士にアピールしましょう。

ただし高い評価を得られるのは純正品であって、社外品などのパーツは評価されない場合が多いので注意してください。 純正パーツをつけていないのでアピールできないという人は、車をできるだけ美しくしてから査定に出すことを心がけましょう。

査定前の洗車はもちろんですが、車内の隅々にまで気を配って美しくすることで、査定士の印象が良くなり査定額がアップする可能性もあります。 洗車はワックスがけまでしっかりとおこない内装は掃除機をかけ、フロアマットもできれば洗車場やガソリンスタンドに置いてある、専用のマット洗浄機を活用して美しくしておくことをおすすめします。

忘れがちですが、ペットを乗せる機会が多い人や、車内で喫煙していた人はとくに、ニオイにも気を配っておくようにしましょう。無香の消臭剤などが便利です。

ワックスがけをおこなう際、コンパウンド入りのワックスを利用すれば、浅い傷は消える可能性もあります。 ただし美しくしなければと、車内クリーニングなどを業者に依頼する必要はありません。業者に依頼すると費用がかかります。

業者に依頼してかかった費用分をアップした査定で相殺できる可能性は低いので、自分でできる範囲で美しくするようにしましょう。

まとめ

車の傷といっても、大きさや深さ、数によって査定に影響する程度が異なります。多少の傷の場合は、見逃されることも多いので、あまり神経質になる必要はないでしょう。 傷がついた車でも、業者選びやアピールポイントをわかっていれば高額買取も狙えます。傷は修理せず、そのまま出してください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る