KuruTown(くるたうん)

修復歴が車買取査定に与える影響についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車買取で修復歴はどう影響する?査定額アップのポイントも紹介

車買取査定額は、車の状態によって左右されます。修復歴のある車は、大幅に減額されやすいことを知っている人も多いでしょう。 そこで、車の修復歴がどのくらい査定額に影響するのか、修復歴を隠すとどのようなリスクがあるのか、また修復歴のある車を買取ってもらうにはどうすればいいのかについてまとめました。 車に修復歴があり、買取の影響について心配な人は、ぜひ参考にしてください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取で価格に影響する修復歴とは

事故歴と修復歴を同じものと捉えている人も多いですが、この2つの定義は異なります。まず事故歴の定義ですが、過去に事故を起こしたことのある車を指します。事故の大きさは問われません。

次に、修復歴です。車の買取査定では、事故歴よりも修復歴のほうが重要視されます。車の修復歴の定義は、中古自動車査定基準で「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と明確に定められているのです。

災害や事故などの理由で、これらの部品を修理、交換した場合に「修復歴あり」となるのです。

これら車の骨格に関わる部分の修復は、今不具合が出ていなくても後に重大な不具合が車に発生する可能性があることや、衝撃安全性能が低下している可能性が否定できないなどの理由で、買取価格に大きく影響します。

車買取で修復歴を偽るのはNG!

修復歴が車の査定に大きく影響するなら、修復歴があっても内緒にしておけばいいのではないかと考える人もいますが、修復歴を伝えないのはとても危険です。修復歴を隠しても、数多く中古車を見ている査定士の目は誤魔化せません。 修復歴を偽っていることが知られてしまうと、さらに買取価格が安くなる可能性があるほかにも、さまざまなデメリットが生じます。

告知義務違反

車を買取に出す側には、告知義務が課せられています。そのため、修復歴があるとわかっていながらも、その事実を伝えなかった場合は、告知義務違反となり、場合によっては瑕疵担保責任に問われることもあります。その証拠に、車買取を依頼した業者との契約書には、瑕疵担保責任に関係する詳細が記載されているのです。

この瑕疵担保責任とは、事故車や修復歴ありの車を告知しなかった場合、売主側が責任を負うことになるという内容が法律で定められているという意味があります。 つまり、修復歴ありの車を告知せずに査定して、あとで修復歴があることがわかった場合、査定後の減額にも素直に応じなければならないということです。

損害賠償請求される

仮に査定時に修復歴がわからなかったとしても、車買取業者は、車引き取り後も車の細部までチェックします。

この最終チェックで修復歴があることがわかった場合、大幅に査定額が減額されるだけならまだしも、損害賠償を請求される可能性もあるのです。

たとえば車引き取り後に買い手がついていた場合、車の移送費や車の保管料、買取業者が失った信用に値する損害を払わなければならないケースもあります。 査定時にわからなかった修復歴も、必ず最終チェックで判断できますので、正しい情報をしっかり伝え、トラブルに発展しないように心がけましょう。

査定士の評価が下がる

修復歴を偽ったあとで知られた場合、査定士からの信用を失うことになります。査定士の信用を失うと、交渉が不利になる場合や、最悪のケースでは買取を断られる場合もあるのです。

査定士も人間ですので、嘘をつかれると良い気はしません。修復歴以外のところにも不具合があるのではないかと疑います。 その結果、たとえ買取してくれたとしても査定額を大幅に減額されたり、こちらの要望に応えてくれなかったりする可能性もあるのです。

修復歴のある車買取を成功させる方法

修復歴がある車は、買取査定額に大きく影響しますが、それでも納得できる買取を実現させる方法があります。 最後に、修復歴ありでもできるだけ高く買取ってもらうコツをご紹介しましょう。

修理歴は正しく伝える

車の査定士は、工具の使用痕やボルトの状態、シーリングの状態など、細部まで入念に確認し修復歴を調べます。素人では判断できない微々たる変化も、絶対に見逃しません。

修復歴がある車を、少しでも高く買取って欲しいと考えるならば、査定士との信頼関係の構築は必須です。修復歴がある場合は、必ず事前に伝えましょう。 修復歴があるかわからない場合は、その旨を伝えれば大丈夫です。たとえば以前事故に遭い修理したけれど、修復歴に入るかわからない場合は、そのまま査定士に伝えましょう。

1社即決で契約しない

中古車買取の基本は、複数社で査定をしてもらい比較することです。修復歴のある車の場合、そのほとんどが大きく査定額に影響しますが、複数社で査定してもらうことで、少しでも高く買取ってくれる業者を見つけることができます。

車買取業者といっても、業者によって得意分野はさまざまです。たとえば外車の買取に強い業者や、軽自動車の買取を得意としている業者などがあります。 実は、ほとんどの買取業者が敬遠する、修復歴ありの車を専門にして買取している業者もあるのです。

このように、できるだけたくさんの車買取業者を知ることは、少しでも高く車を買取ってくれる可能性を広げます。 複数社で査定をしてもらったら、その中で一番高い査定額を提示してくれた業者と契約を結びましょう。

廃車買取業者も検討する

中古車買取業者で複数社査定してもらっても、値段がつかなかったり、買取を断られたり、満足できる査定額を提示してもらえなかった場合は、廃車買取業者に依頼することを視野に入れると良いでしょう。

廃車買取業者は、その名前の通り、廃車を買取する専門業者です。中古車買取業者のほとんどが、オークションに車を流すのに対し、廃車買取業者は、部品取りや海外に車を販売するルートをいくつも持っています。日本では廃車といわれる車であっても、海外では需要があることが多く、高い値段で取引できる可能性があるのです。

また、動かない車であっても、バラバラに解体して使える部品はパーツとして販売したり、鉄やアルミなどは、金属資源として別の業者に販売したりすることで利益を得ることができます。 中古車買取業者よりも、利益に変えられる術をたくさん持っているので、修復歴のある車でも高くで買取ってくれる可能性が高いといえるでしょう。

主に廃車買取業をしているのは、車のスクラップ業者やリサイクル業者、自動車関連の仲介業者などさまざまです。廃車買取業者も、中古車買取業者と同様に得意分野があります。

廃車買取業者に依頼する場合も、基本的には複数社で査定をしてもらってから契約する方法がおすすめです。 廃車買取業者によって提供しているサービスも異なります。よく利用されているサービスを例に出すと、出張査定してくれる業者や、手続きをすべて代行してくれる業者、代車を無料で一定期間貸し出してくれる業者などが挙げられます。

査定額も重要ですが、利用したいサービスがあるかなど総合的に判断して、自分に合った業者を見つけましょう。

まとめ

修復歴が車の買取査定に与える影響は、大きいのが現実です。しかし事実を知っていながら告知しないのは、瑕疵担保責任や損害賠償請求も関わり、非常にリスクが高い行為といえます。 正直に告知した上で、少しでも高く車を買取ってくれる業者を選ぶことが、トラブルを防ぎ気持ちの良い買取をする秘訣だといえるでしょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る