KuruTown(くるたうん)

古い車を高く売る方法についてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

古い車を買取に出したい!高く売る方法ってある?

車を手放したり買い替えたりする際には、買取に出そうと考えるでしょう。しかし、いざ買取に出してみると、思った以上に査定額が安いことがよくあります。特に古い車だと高く売るのは難しいです。値がつかないこともあるかもしれません。
ここでは、古い車を買取に出すとき、少しでも高く売る方法を中心に解説していきます。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車の買取依頼先はどこ?

車買取では、買取依頼先により高く買い取ってくれるところとそうでないところがあります。高く売れるかどうかは、買取依頼選びで決まる面も多いです。

では、主な車の買取依頼先について見ていきましょう。

ディーラーの下取り

車を買い換えるのであれば、ディーラーの下取りを利用する人が多いです。ディーラーで新車購入の相談をすれば、営業マンから現在乗っている古い車の下取りについて、案内されるでしょう。そのようなときに、営業マンに言われるがまま下取りに出してしまう人がほとんどです。

ディーラーの下取りを利用した場合には、買い替えで購入する新車の代金に充当されます。 すべて一箇所で済むため手間がかからず、ディーラーということで安心できるのがメリットです。

しかしその一方で、ディーラーの下取りは査定額があまり高くはありません。古い車だと0円査定ということもよくあります。そのため、少しでも高く売りたい人にはあまりおすすめできる方法ではありません。

中古車販売店

中古車販売店は、中古車を専門に販売しているお店です。商品となる中古車は、一般の人から買取をしたり、ほかの業者から仕入れたりしています。そのため、中古車を購入するときだけでなく、買取に出すときに利用する人も多いです。

中古車販売店での買取価格は、ディーラーの下取りよりは高めで、大きく損をするようなことはないでしょう。特に流通量の多い車種なら的確に評価してもらえます。

手間もそれほどかかりません。ディーラーの下取りよりももう少し高く売りたい人におすすめの買取先です。

中古車買取の専門業者

中古車買取の専門業者は、自社で一般ユーザーへの販売は行わず、買取を専門に行なっている業者です。買取後は中古車販売店などの業者に売られて、中古車市場に出回ります。

買取が専門ということで、中古車販売店と比べて販路が広いのが特徴です。車種によっては、中古車販売店よりも高価買取が期待できます。古い車でも状態が良ければ買取できる可能性が高いです。

輸出業者や解体業者

日本車の中古車は海外で需要が多いです。そのため輸出業者なら古い車でも買い取ってもらえます。 ただし、一般の人が輸出業者に直接車を売るのはハードルが高く感じられるかもしれません。 また、故障などで廃車にするしかないような車なら、解体業者に買取に出す方法もあります。

車を解体すると、金属類やパーツなどが取り出せますよね。解体業者は、そのような金属類やパーツなどを再利用することで利益を得ています。そのため、車として使えないような状態でも、買い取ってくれるのです。

ただ、利用可能な金属類やパーツなどが少ないと買取できず、逆に費用がかかってしまう可能性もあります。

個人間売買

古い車をネットオークションなどに出品する方法です。その車種の車を欲しい人が、上手く見つかれば高値で売れる可能性もあります。

ただ、逆にずっと売れないままになってしまう可能性もあるでしょう。高く売れるかどうかは運任せになってしまいます。また、個人間売買はトラブルのリスクが高いのも難点です。

古い車を少しでも高く売るには

車は基本的に古くなればなるほど価値が下がっていきます。

中古車買取の査定においては、年式と走行距離を基準にするのが一般的で、10年落ちや10万キロ超えの車は買取に出すのは厳しいのが現状です。

しかし、工夫次第で古い車でも値がつき、高く売れる可能性はあります。

車の状態を良好に保つ

古い車の価値が低いのは、新しい機能が備わっていないなどの理由に加えて、故障のリスクが高いためです。古い車は現在問題なく乗れていても、突然不具合が生じてしまうことも珍しくありません。その頻度が高ければ、修理費用もかさんでしまいます。

一方で普段から適切にメンテナンスを行っていた車なら、多少古くても故障のリスクはそう高くはありません。プロの整備士が見れば、車の状態が分かるため、良好な状態を保っている車は古くても買取できることが多いです。

また、車の外見も査定に多少は関係があります。見るからにボロボロの車と、キレイな状態を保っている車では、印象がだいぶ違ってくるでしょう。
買取に出す前には、洗車をしておくのが望ましいです。古い上に泥や鳥の糞などがボディに付着していると、印象を悪くしてしまいます。

車の中もきちんと掃除しておきましょう。助手席や後部座席などに、ゴミや食べかすなどが散らかっている場合には、掃除機をかけて脱臭剤を使うとキレイになってニオイもとれます。

ただ、買取に出す前にキズ・凹みの修理や、部品交換などをするのはあまりおすすめできません。それで査定額が上がるとは限らず、上がったとしても修理費用の方が高くつく可能性が高いです。

車種によっては古くても売れる

車種によっては、10年落ちや10万キロ超えの古い車でも、高く売れます。人気車種や新車価格が高めの車だと、価値が下がりにくいためです。高級車の場合には、古いモデルでも欲しいという人は多いでしょう。

また、いわゆる旧車やクラシックカーと呼ばれる車は愛好家の間で人気が高いです。通常の中古車と比べるとかなり高い値段で売れます。

値がつかないくらい古い車はどうする?

人気車種ではなく、メンテナンスもあまり十分にやってこなかった車の場合には、古くなるとどうしても値がつきません。そのような車を手放すときにはどうすればいいのか見ていきましょう。

廃車という選択が一般的

中古車としての買取が困難な車を手放す際には、廃車にするのが一般的です。大半の人は処分費用や手数料を負担して、古い車を廃車にしています。この廃車にかかる費用がけっこう痛手です。

ディーラーに廃車手続きを依頼すれば、5~7万円程度はかかってしまいます。高いと思いつつも、買取できないならそれでも仕方ないと思ってしまうでしょう。

自分で廃車手続きをすれば、費用を少しは節約できますが、手間と時間がかかります。手続きに先立って車両を解体する必要があり、解体業者も探さなければなりません。そのため、費用がかかってもディーラーに廃車手続きを依頼する人が多いです。

廃車予定の車も買取可能

中古車として値がつかない古い車を廃車にするのにお金を払いたくないと思う人は、廃車買取を利用してみてはいかがでしょうか。

中古車として値がつかない車でも、廃車買取業者なら買い取ってくれます廃車予定の車を買取の対象にしている業者であるため、古い車でもまったく問題ありません

また、中古車として買取に出せるところがなく、そのまま放置してしまったような場合でも大丈夫です。車は長期間放置してしまうと、エンジンがかからなくなることもありますが、廃車買取業者は不動車や故障車も買取できます。無料でレッカー車を手配してくれるため、車検や自賠責保険が切れていても問題ありません。

そして、車両を引き取った後は、廃車手続きも代行してくれます。利用者の方では、申込みをしてから、訪問日に自宅で待っているだけです。車両を運び込むときに少し立ち会いをするだけであるため、手間もほとんどかかりません。古い車を廃車にするなら、ぜひ廃車買取を利用してみてください

まとめ

古い車は中古車として買取に出しても、なかなか高値では売れません。買取できない場合もあります。しかし、普段からこまめにメンテナンスをしていた場合には、車の状態が良いため、買取できる場合も多いです。

もし、中古車として値がつかなかった場合でも、廃車買取を利用すればお金をかけずに古い車を処分できます。そして、廃車買取の業者選びで迷ったら、こちらのランキングページを参考にしてみてください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る