KuruTown(くるたうん)

車検を安く済ませる方法についての説明。ユーザー車検の受け方と方法・やり方も掲載

車検は安くできる?オススメの格安車検と注意点とは

車に安全に乗れるよう、安全基準を満たしているかを確かめる車検。車検を受けることは、自動車に乗る以上必要不可欠です。車検にかかる費用は安いとはいえず、数年に1回とはいえ、家計の負担になるのを感じる方もいるでしょう。今回はそんな車検を安く済ませる方法についてご紹介します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検の相場と内訳

そもそも車検にかかる費用とは具体的に、どんな内訳になっているのでしょうか。一緒にみていきましょう。

法定費用と車検基本料、その他費用

車検にかかる費用は「法定費用」「車検基本料」「その他費用」の3つに大きく分けられます。

・法定費用

・車検基本料

・その他費用

車検代行業者の種類と特徴

車検代行業者はいくつもの業態があり、それぞれ価格や対応内容に個性があります。それぞれメリット・デメリットを持つため、自分の車の状態や経済状況によって、利用する業者を選ぶのが良いでしょう。

【ディーラー】

自動車メーカーと特約を結んだ販売店です。そのメーカーの車に対する知識は深く、他の業者よりも綿密な検査が行われます。また、故障パーツ等の交換には純正パーツを使うため、安全性でも一つ頭抜けた安心感を与えてくれます。

ただし非常に手厚いサポートをしてくれることに比例して、車検料金は高額です。3万円~5万円が相場とされていますが、車種とディーラーの組み合わせによっては8万円を超える場合もあります。

交換に使用するパーツや消耗品も、純正品のため高額になる傾向があります。高い費用を払って、法定点検以上の安心を得たい場合におすすめできる業者です。

【民間整備工場】

民間で経営される自動車整備工場です。車検用のラインを持つ「指定工場」と、それ以外の「認証工場」の2種類があり、施設や整備士の用件を満たさないとなれない指定工場は、技術力や対応にも信頼がおけます。

パーツの交換には中古であるリビルド品を使用するため、ディーラーよりはパーツ代は安く済む傾向にあります。

車検基本料は2万円から4万円程度と、ディーラーよりは安め。頻繁に車の相談をするような関係を築けているなら、安心して愛車を任せることができるでしょう。

しかし各工場は個人で経営されているため、整備工場と一口に言ってもその技術レベルや対応はバラバラ。熟練の凄腕整備士がいる工場もあれば、低い技術力しかない工場もあります。

また個人経営であることから、一部には対応がルーズな工場もあり、預けてから数週間車が戻ってこないということも。しっかりと口コミや対応実績を見て、信頼できる整備工場を探しましょう。

【カー用品店】

カー用品を扱うショップでも車検代行を請け負っています。近年では指定工場として認定されるだけの設備を整えている店も増えており、車検即日対応をうたう店も増えています。

消耗品やパーツの交換は店で売っている商品を使えるため、他の業者よりも割安に利用できるのが大きなメリットです。車検基本料金も1万円台から3万円前後と安めに設定されています。

しかし整備士の技術はディーラーや民間整備工場には一歩及ばず。また修理までは対応できないため、トラブルを抱えている車の車検には対応できません。近場にあり、ある程度定期的な整備や点検を行っている場合に利用すると良いでしょう。

【ガソリンスタンド】

ガソリンスタンドは車検を通すことに重点を置いた手続きを行うため、対応も非常にシンプル。最低限の法定点検を済ませて検査を通すため、非常に安価で車検を行うことができます。安いところでは1万円を切ることも。価格面ではトップクラスの安さを誇ります。

ただし車検のラインを持たないため、検査場に持ち込んで車検を通す必要があります。そのため車検場が閉まる土日祝日には車検を行えず、他の業者よりも長い期間車を預ける必要がでてくることも。また代車の台数がなく、一定期間車がない生活になることもあります。

【車検専門業者】

近年勢力を伸ばしているのが車検専門業者です。フランチャイズで全国にチェーン店を持ち、各店舗には車検用のラインを持つため、1日で車検を終わらせることもできます。

各社それぞれ車検代行のプランを持ち、最低限の法定点検で済ませる場合には1万円台、しっかりと詳細な個所までチェックする場合には3万円台というように、ユーザーの希望に応じた対応プランを選べます。

ただし、カー用品店やガソリンスタンドと同じく、故障や大規模な整備には対応できないため、修理の必要がある場合には二度手間になることも。ガソリンスタンドでは安心できないけれど、カー用品店よりもしっかり見て欲しいというような要望にマッチする業者です。

車検を安くする方法はある?

車検は高ければ基本料金だけで5万円以上、法定費用含めれば10万円を超えることもあります。少しでも安く済ませるためのポイントをご紹介するので、押さえておきましょう。

見積もりは複数社から

修理も含めてみてもらいたいからディーラー、ある程度の検査で済ませたいから車検専門業者というように、代行を依頼する業者が決まったら、その中で複数社から見積もりを取りましょう。

同じ業態でも会社によって対応が全く異なることもあり、料金にも大きく差が出ることがあります。見積書を比較し、希望にあった対応内容・料金の会社を選びましょう。

日頃からの点検・整備

車検のタイミングでトラブルが見つかると、好感する部品代や手間賃で、通常以上に大きな出費となってしまいます。日頃から点検・整備を行っておくことで、車検時の大きな出費を防ぐことができ、また点検・整備をすることで大きなトラブルを未然に防ぐことも期待できるでしょう。

安い車検の注意点

かつては車検といえばディーラーか整備工場の仕事でしたが、多くの業者が参入し、代行費用は価格競争が起きています。

ユーザー側からすれば、安く車検を済ませられるのはうれしいことですが、安いことでトラブルになってしまっては本末転倒。後々泣きを見ないように注意しなければいけません。

日頃の整備は怠らない

日頃から定期的な点検・整備を心がけることで、大きなトラブルになることを防げるでしょう。法定点検のタイミングの他でも、エンジンベルトなどの交換タイミングで点検してもらうなど、繰り返される細かい状態確認が大きなトラブルを回避する秘訣です。

まとめ

車を所有している以上、必ずやってくる車検の安く済ませる方法や注意点などをご紹介させていただきました。

負担を減らすために、できる限り日頃から点検や整備を行っておくことが大切です。 また、今回ご紹介した車検の内訳や業者の種類、また業者のメリット・デメリットなども把握しておくこともおすすめします。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検TOPに戻る