KuruTown(くるたうん)

車検のときの代車の取り扱いについての説明。ユーザー車検の受け方と方法・やり方も掲載

車検の時は代車が借りられる?代車を借りるときに気を付けること

数年に一度やってくる車検。スムーズに車検が進めば良いですが、大抵は修理をしたり、順番待ちをしたり、手続きを待ったりと、なかなか1日では車が返ってきませんよね。基本的に車をあまり使わないという人はそれでも問題ないですが、通勤や子どもの送迎に車を使う人にとっては車がないのは死活問題です。

そうなると、車検の時には業者から代車を借りたいですよね。車の修理などを依頼するときは代車を貸してくれる業者がほとんどですが、車検の時にも借りられるのでしょうか。今回は、車検のときの代車の取り扱いについてご紹介します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検で代車を借りると費用はかかる?

愛車を車検に出すときは、車の検査や整備をしたり、車検証を発行したりとさまざまな工程をこなす必要があるため、業者に数日間車を預けることになります。

車検の間は車が使えないとなると、通勤や子どもの送迎などに車を使っている人にとっては非常に不便な生活を強いられることになってしまうため、業者が代車を貸してくれると便利ですよね。車検を請け負う業者は、代車を貸してくれるのでしょうか。

代車用の車を所有している業者なら、代車を無料や有料で貸してくれるところもあります。ちなみに国内のディーラーであれば、大半が無料で試乗車などを代車として貸してくれるので、チェックしておきたいですね。

無料で貸してくれる業者はサービスの一環として貸し出しを行っているため、当たり前に貸してくれるところばかりだとは限りません。たとえば同じ業者でずっと車検をしている場合は、お得意様の特典として貸してくれているというケースもあります。 いずれにしても、車検の期間が長くかかる場合は、代車の貸し出しをしているのか、している場合は無料で借りられるのかどうか、ということを事前に確認しておきましょう。

また、有料の貸し出しサービスを行っている業者は、1日あたり数千円で貸し出しているところや、代車不要にすれば車検代金をいくらか値引きしてくれるところなどがあります。どちらにしても数千円程度で借りることができるので、確認しておきたいですね。

さらに、車検の業者自体が代車を貸してくれるのではなく、連携しているレンタル業者を紹介してくれる業者もあります。レンタカーの業者なら、契約がしっかりとしているので、わかりやすくて安心ですよね。

代車を借りるというだけでも、業者によってさまざまな選択肢があります。自分が車検を依頼する業者がどんな方法をとっているのか、事前に確認してから依頼しましょう。

代車を借りるなら気を付けたいこと

代車を借りたときには、無料でも有料でも、気を付けておくべきことがいくつかあります。ここでは、代車を借りるときに気を付けたいことについてご紹介します。

マナーを守る

代車を借りた場合は、借りたままの状態で返すのが原則です。たとえばシートを汚してそのままにしておく、車体に傷をつけてしまうなど、代車を使用する際の最低限のマナーが悪いと今後貸してもらえなくなる恐れがあります。

また、代車は基本的に禁煙車であることが多いです。たくさんの人が使用する車なので当然といえば当然ですが、禁煙と書いてある場合は車内での喫煙は控えましょう

もしどうしても喫煙が必要になる場合は、代車を借りるときに喫煙しても良い代車はないか確認してみましょう。長い間使っている代車などは喫煙OKにしている業者もあるかもしれませんので、聞いてみる価値はあります。

さらに、車内に装備してある備品などを勝手に持ち出さないようにしましょう。試乗車として使用しているケースもあるため、備品がなくなると業者を困らせることになってしまいます。もし万が一備品などを紛失した場合は、ただちに業者に連絡しましょう。

ずっと車検を依頼している業者であれば、本来は有料のサービスではあるものの、信用を担保に無料で貸し出してくれている可能性もあります。代車のマナー違反は、そういった業者の信頼を裏切ることにもつながりかねないため、最低限のマナーを守って代車を使用しましょう。

最悪の事態を想定しておく

代車は借り物なので、自分の車に乗っているときよりもさらに細心の注意を払って使いたいものです。代車使用時の事故はなるべく防ぎたいものですが、万が一の交通事故も想定しておかなければなりません。

また、交通事故だけではなく、うっかりしていて壁や標識にぶつかって車体がへこんでしまった、少し車体をこすって塗装がはがれてしまったなどの自損事故を起こしてしまう恐れもあります。

そういった場合に備えて、代車を事故で壊した場合の対応などについてしっかり確認しておきましょう。保証はどうなるのか、事前に任意保険の証書の提示が必要なのかなどもよく確認し、万が一の事態に備えておきます。

代車を使用するための保険への加入を必須とする業者もありますが、大半は特段の手続きをすることなく代車を貸し出してくれるところが多いです。

心配な場合は、代車を使用して事故を起こした場合の補償が含まれている任意保険に個人的に加入しておくのもひとつの方法です。特にまだ運転に慣れていないペーパードライバーの方はこういった保険の加入も検討しても良いかもしれません。

また、もしぶつけてしまった場合は、自身の判断で修理に出さず、必ず代車を貸し出してくれた業者に相談しましょう。代車として貸し出されている車は、多少の傷や故障は想定内としてあまり気にされていないケースもあるので確認が必要なのです。

返還時のガソリン代の確認

代車を使用するときには、使用分だけのガソリンを給油しておくか、使用分のガソリン代を支払うのが鉄則です。使用したガソリン代の返還方法についても確認しておく必要があります。

給油してから返してくださいと言われることもあれば、車検代にプラスされていることもあります。ガソリン満タンで借りたのなら、満タンにして返すと双方が気持ちよく代車の貸し借りを行うことができます。

ガソリンについてはどのようにすればよいのか、借りる前に業者に確認しておきましょう。

詳しくは車検を依頼する店舗に確認

車検の際に代車が必要になる場合は、車検を申し込むときに業者に相談しておくとスムーズです。車検日当日に代車がほしいと伝えても、ほかの人の車検とかぶっていた場合は、借りられなくなる恐れがあります。

特に小さい業者の場合は代車の台数も限られているので、必ず車検の見積もりや契約のときに代車を貸してもらえるかどうか確認しておきましょう

代車の取り扱いはディーラーや業者によって異なります。無料で貸してくれる業者は好意やサービスで貸し出してくれるケースが多いので、代車を無料で借りられるからお得というわけではなく、トータルのサービスや代車を借りる際の費用、ガソリン代などの諸経費を比較して業者を選びましょう。

まとめ

今回は、車検のときに代車を借りることができるのかどうかについてご紹介しました。代車はこれまでの業者との信頼関係をもって無料で貸し出してくれることもあれば、1日数千円の有料で貸し出すサービスを行っているところもあります。

また、自社で代車を持っていない業者は提携しているレンタカー業者を紹介してくれるケースもあります。自分が依頼する検査業者がどんなサービスを持っているのか、事前にきちんと確認しておきましょう

また、借りるときにはさまざまな注意点もあります。万が一の事故やガソリンの補充、マナーなどきちんと確認したうえで代車を使用しましょう。双方が気持ちよく車検に取り組むことができるように行動したいですね。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検TOPに戻る