KuruTown(くるたうん)

車検が切れた場合の問題点と対処法についての説明。ユーザー車検の受け方と方法・やり方も掲載

車検切れの車は乗ってはダメ!シャレにならない罰則と切れた場合の対応方法

自動車が安全に走る状態かを確認するために、数年に一度行われる「車検」。もしこの車検の期限が切れてしまったら、いったいどうなってしまうのでしょうか。今回は車検が切れた場合の問題点と、切れてしまった場合の対処法をお知らせします。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検切れの車で公道は走れない

車検切れの車では公道を走ることが出来ません。 なぜ車検が切れている車は公道を走れないのか、また公道を走った場合どうなるのかについて説明いたします。

車検切れは「無車検運転」違反

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」。自動車が国の定めた保安基準に適合しているかを検査し、公道で走っても良いという許可を与えるための制度です。万が一車検の有効期限が切れてしまった自動車で公道を走った場合には、道路運送車両法第58条の1の違反とみなされ「無車検運転」という状態と見なされます。

この無車検違反には道路運送車両法108条により罰則が設けられており、6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金という刑事罰が科せられます。同時に交通違反として、免許の違反点数が6点加算。前歴がない場合なら30日、1回なら90日の免許停止。2回以上ならこれだけで免許取り消しとなります。

自賠責保険も切れていることが多い

また、車検の有効期限と自賠責保険の契約期間は同じことが多く、車検切れの車を運転する場合には自賠責保険にも未加入の状態となっている場合があります。その際には自動車損害賠償法第86条の3項1号に抵触し、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されることに。

車検切れ、自賠責保険未加入が重なると、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金という非常に重い刑事罰が科されます。

なお、これはあくまで公道を走った場合の罰則です。私道や私有地で運転をする場合には罰則の対象とはなりませんので、広い敷地内で運転の練習をするといった場合には問題にはなりません。

車検切れのままで事故を起こすと大変

車検切れ運転は、多くの場合何らかの事故を起こしたことで発覚します。重大な事故を起こしてしまった場合、通常の事故時とは比べ物にならない大きな問題となってしまいます。

任意保険が適用されない

車検切れ運転で事故を起こした場合、もし任意保険に加入していたとしても、十分な補償を受けることが出来ない場合があります。

原則として任意保険は「自賠責保険の不足分を補う」と考えられる保険です。自賠責保険が切れている状態だった場合、本来自賠責保険で賄える補償範囲は任意保険の補償対象外となる場合があります。

自賠責保険の補償範囲は、被害者が死亡した場合は1名につき3,000万円、後遺障害による損害は最大4,000万円まで補償します。この補償が受けられないため、数千万円の支払い義務を負うことになりかねません。さらに「車両保険」「人身損害補償」も、契約者に重大な過失があるとみなされ、補償対象外とされると考えられます。

また、約款に「無車検車での事故には保険を適用しない」といった内容が明記されている場合があります。この場合保険会社は保険金の支払いの義務が発生せず、対人・対物問わずに保険適用外とされます。

量刑への影響

もし車検切れ運転により事故を起こした場合には、量刑にも影響すると考えられます。もし死亡事故のような重大な事故を起こした場合、車検切れ・自賠責保険切れは悪質な行為と判断され、重い刑事罰が科せられることもあります。

このように、無車検車の運転による事故は保険が適用されずに大きな負債を抱え、重い量刑の刑事罰も課せられてしまうため、人生そのものに取り返しのつかないダメージを負うことになるでしょう。

車検切れの車の対応方法

もしうっかり車検を切らせてしまった場合、いくつかの方法で車検の有効期限を復旧させることができます。

仮ナンバーの取得

車検切れの車は公道を走ることができませんが、「仮ナンバー」という制度を利用することで、臨時で公道を走れる状態に回復できます。仮ナンバーは最寄りの区役所や市役所等、各地域の行政庁で行います。

仮ナンバーの発行の前に、まず自賠責保険へ加入する手続きを取りましょう。自賠責保険は1か月のみ加入することもできますが、普通乗用車で6,090円、軽自動車で5,880円と、通常車検時に加入する24か月に比べかなり割高です。

もし仮ナンバー取得後にすぐ車検に合格できる見込みがあるなら、車検時に加入する24か月分も含めた25か月契約がよいでしょう。

仮ナンバーの申請には次の書類が必要です。

  • 申請者本人の運転免許証
  • 1か月以上有効の自賠責保険証の原本
  • 車を確認するための書類
    (自動車検査証、抹消登録証明書、通関証明書など)
  • 申請者の印鑑

これら書類と共に申請書を提出。手数料750円を納めます。仮ナンバーは審査に合格すればその場ですぐに交付されますが、最大でも5日間しか許可されないため、車検を受けに行く当日や前日といった近い日程で申請しましょう。

なお、どうしても時間が取れずに自分で仮ナンバーの申込ができない場合、車検代行業者に依頼することもできます。代行を依頼された車検代行業者は仮ナンバーを取得し、その足で車検を通すために車を引き取ってくれるため、忙しい人でも安心して任せられるでしょう。

交付された仮ナンバーは、正規のナンバーと同じ位置に取り付けます。元のナンバーを外してから仮ナンバーをネジ止めするのが最も確実ですが、ナンバーの取り外しが面倒という場合にはヒモやワイヤーで止めてもよいでしょう。

ただし、仮ナンバーは使用後に返却しなければいけないため、衝撃等で落ちたり外れたりしないよう、しっかりと固定させるよう注意が必要です。

引き取りサービスに対応している車検業者を利用する

車検業者の中には、車検切れの車を引き取って車検を通してくれる業者もあります。車検切れの車が保管してある自宅まで引き取りに来てレッカーで移動。車検を通した後は再び自宅まで納車してくれます。

この引き取りサービスは全ての業者が対応しているわけではなく、対応していてもエリアを限定している業者もあります。また引き取りが有料サービスとなる場合もあれば、無料で対応する業者もあります。

業者によって料金体系、サービスの対応範囲は大きく変わりますので、どんな形で対応してくれるのか確認してから依頼しましょう。

中古車業者に売却する

長期間運転せず、車検が切れていたことにも気が付かなかったような場合には、その車はもう手放しても良いかもしれません。車検に出すにも数万から十数万の費用がかかるため、今後も乗る機会が無いようなら、一度中古車業者に売却することも検討しましょう。

中古車業者にとって、車検切れはマイナス査定の要因にはなりません。しかし、通常の中古車売却と同じように車の内装・外観を含めた状態は査定に影響しますので、しっかり清掃してキレイな見た目にしておきましょう。

売却の準備が出来たら、複数の業者に見積もってもらい、最も高値を付けたところに売却すると良いでしょう。

廃車にする

故障したまま放置して車検が切れたような場合には、中古車として引き取ってもらうことが難しい場合もあります。その時には思い切って廃車にしてしまうのも良いでしょう。

廃車も中古車同様、複数の業者に見積もりを出しましょう。廃車費用を取るところもあれば、反対に鉄材としてお金を出して買い取ってくれる業者もあります。

それらの業者は廃車に関する事務手続きを代行。自動車税や自動車重量税の還付申請も代行してくれますので、最も良い条件を出す業者をしっかりと選ぶのが良いでしょう。

まとめ

車検が切れた車で公道を走ると罰則が科せられたり、免許取り消しになる場合もあります。また事故を起こした場合、取り返しのつかないことになる可能性が大きいです。

車検切れには非常に注意をして、もし車検切れになった場合は今回ご紹介した対処法を参考にしてください。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検TOPに戻る