バス・トラックの人気中古車ランキング

バス・トラックの人気中古車ランキングです。

集計期間 2024年4月1日〜2024年4月30日

  1. 1位

    日産 キャラバンバス(24件)

    相場価格 35.0〜130.0万円

    商用向けのバン型車で、広い室内空間と高い耐久性を持ち、多くの人や荷物を運ぶのに適した車種。

    「日産 キャラバンバス」の販売車両一覧はコチラ

  2. 2位

    トヨタ コースター(90件)

    相場価格 150.0〜2,480.0万円

    12〜29人乗りの中型バスで、観光や送迎などで広く用いられる。快適な乗り心地と信頼性が特徴で、長距離の移動に適した商用バスです。

    「トヨタ コースター」の販売車両一覧はコチラ

  3. 3位

    日野 リエッセ(26件)

    相場価格 95.0〜393.7万円

    高級感あふれる内装と先進的な快適性を提供する、観光や高速バス向けの豪華なモデル。

    「日野 リエッセ」の販売車両一覧はコチラ

  4. 4位

    いすゞ ガーラ(9件)

    相場価格 192.5〜1,309.0万円

    環境に配慮したエコ性能と快適な乗り心地を両立させた、観光バス向けのモデル。

    「いすゞ ガーラ」の販売車両一覧はコチラ

  5. 5位

    三菱ふそう エアロエース(7件)

    相場価格 291.0〜434.5万円

    効率的な燃費性能と多様なバリエーションを持つ、長距離の高速バス向けに設計されたモデル。

    「三菱ふそう エアロエース」の販売車両一覧はコチラ

  6. 6位

    トヨタ ハイラックス(650件)

    相場価格 70.0〜1,158.3万円

    タフで耐久性のあるピックアップトラックで、オフロード能力と実用性が特徴。

    「トヨタ ハイラックス」の販売車両一覧はコチラ

  7. 7位

    いすゞ コモマイクロバス(4件)

    相場価格 40.0〜141.9万円

    都市部や短距離の移動に適した小型のバスで、コンパクトながら多くの乗客を運べる実用的なモデル。

    「いすゞ コモマイクロバス」の販売車両一覧はコチラ

  8. 8位

    トヨタ ハイエースコミューター(73件)

    相場価格 118.0〜658.0万円

    多人数を乗せるために設計されたバン型車で、スペースと実用性に重点を置いた人気のあるモデル。

    「トヨタ ハイエースコミューター」の販売車両一覧はコチラ

  9. 9位

    日産 NV350キャラバンマイクロバス(11件)

    相場価格 60.0〜468.0万円

    コンパクトながら多くの人々を乗せるために設計されたマイクロバスで、実用性と経済性が特徴。

    「日産 NV350キャラバンマイクロバス」の販売車両一覧はコチラ

  10. 10位

    三菱ふそう ローザ(58件)

    相場価格 84.0〜1,218.0万円

    中型の小型バスで、快適な室内空間と燃費効率を備え、都市部や観光地での移動に適したモデル。

    「三菱ふそう ローザ」の販売車両一覧はコチラ

バス・トラックについての情報

バス・トラックの特徴や性能について

ボディータイプがバスの車両は、大人数の乗客を一度に運ぶことを目的とした特徴的な車種です。バスの特徴としては、広々とした室内空間があり、多数の座席を配置していることが挙げられます。乗客数に応じてさまざまなサイズやタイプのバスが存在し、観光バスや路線バス、学生バスなどがあります。
性能面では、バスは強力なエンジンと頑丈なシャーシを備えており、長距離走行や急な坂道でも十分なパワーを発揮します。また、快適性を向上させるために、サスペンションや断熱材、エアコンなどの装備が充実しています。
さらに、バスは安全性にも配慮されており、制動装置や車体の安定性、衝突安全性などが高い水準で設計されています。乗客の安全を確保するための緊急時の脱出口や非常用設備も備わっています。

他のボディタイプと比較したバス・トラックのメリット

バスのメリットは、大人数の乗客を一度に運ぶことができるため、集団移動や観光旅行に非常に効率的です。また、広い室内空間と多数の座席配置により、乗客に快適な乗車体験を提供します。バスは頑丈な作りを持ち、安全性に配慮されているため、乗客の安全を確保することができます。さらに、バスは公共交通機関として環境に優しい選択肢であり、一つのバスで多くの人を運ぶことで道路渋滞の緩和にも貢献します。

バス・トラックの購入をおススメの方

公共交通事業者: 公共交通機関を提供する事業者や自治体向けには、信頼性の高い車両と効率的な運行が求められます。燃費の良さや快適性、耐久性が重要な要素となります。
観光業者: 観光バスを運営する業者には、快適性や豪華な内装、視界の良さが求められます。また、エコツーリズムの需要が高まっているため、環境に配慮した省エネルギーモデルが選ばれることもあります。
学校や教育機関: 学生や生徒を安全かつ快適に運ぶためには、安全性が重要です。衝突安全性や乗降のしやすさ、運転の安定性などが考慮されるべきポイントです。
旅行グループやクラブ: 大人数のグループやクラブ活動の移動手段としてバスを利用する場合、広い室内スペースや多数の座席が必要です。快適な乗り心地やエンターテイメント装備があるとさらに良いでしょう。
イベント主催者: コンサートやスポーツイベントなどの主催者には、大勢の参加者を一度に運ぶ能力が求められます。荷物スペースやアクセシビリティの良さも重要な要素です。