車検と車の手続き案内センター

車の廃車手続きの必要書類や費用についての説明。
ご自分で廃車手続きを行う方法・やり方についても掲載

廃車

車を長年にわたり大切に乗っていてもいつかは古くなり、廃車しないといけないときが来ます。廃車手続きをディーラーや中古車販売店、自動車修理業者、解体業者などに手続きを代行してもらうこともできます。ディーラーや中古車販売店、自動車修理業者に頼んだ場合は解体ができないため、そこから解体業者へ依頼することになり、中間コストが発生してしまい自分で手続きするよりも費用がかかってしまいます。自分で廃車の手続きをしようとすれば手続きの仕方ついて、何から始めていいのか分からず困ってしまうものです。
そこで廃車手続きを代行業者にするメリットやデメリットなど、注意点やトラブルが起きないように廃車の際に必要な手続きの方法について説明していきます。

面倒な廃車手続きを全部お任せ。廃車でも買取してもらえます!

20秒カンタン無料査定

廃車の価格がすぐ分かる!

お得に廃車手続きをする方法とは?

廃車とは

廃車と聞くとボロボロになった車を解体するようなイメージがありますが、実際は抹消登録の手続きを行うことが廃車となります。
車の車籍を抹消することであり、正式な手続きを行う必要があります。
古くなった車を解体しただけでは、正式な廃車とはいえません。
手続きと聞く面倒くさく感じ、抹消登録をせずそのままにしてしまいたくなるかもしれません。
でもそのまま放置してしまうと、自動車税の支払いで後で後悔することにもなりかねません。
廃車で得に気をつけたい問題の1つが税金です。
抹消登録の手続きには、車検証とナンバープレートが必要です。
廃車の手続きには、永久抹消登録一時抹消登録解体届出、輸出抹消があります。
自動車税を後から余分に支払わないで済むように廃車することになったら、なるべく早めに手続きを行いましょう。

廃車手続きの種類について

廃車の抹消登録の手続きには『永久抹消登録』と『一時抹消登録』の2種類があります。
もう二度とその車に乗ることはないという場合は『永久抹消登録』になります。
スクラップ状態になる車で『永久抹消登録』といい、手続きする上で解体する必要が出てきます。
どんなに走行できない程のボロボロの状態の自動車だとしても、永久抹消登録を行わない限り、廃車になったとは言えず税金を支払い続けなければなりません。
所有者が海外赴任や長期入院などの理由により、一時的に車の使用を中止する場合には『一時抹消登録』となります。車を解体することなく、この手続きをすることで一時的に廃車状態になり、自動車税の支払いを止めることが可能になります。
公道を走ることは出来ませんが、いつでも再度申請さえすればまた公道を走ることが出来ます。

廃車手続きの流れ

  • 必要な申請書は、一時抹消申請書です。車を解体する必要はなく移動報告番号と解体報告記録日も提出する必要はありません。ただナンバープレートを返納する必要はあります。一時抹消登録した車は公道を走る事はできませんが、中古新規登録をすれば再び使用する事が可能になります。

  • 永久抹消

    永久抹消の流れ

    必要な申請書は、永久抹消申請書です。永久抹消登録手続きを行う場合は、先に車の解体をしなければなりません。まず、前後2枚のナンバープレートを外し、解体業者に車の解体を依頼します。そして、車の解体が終了すると業者の方から連絡があります。日付とリサイクル券に記載してある移動報告番号のメモを残して置いてください。必要な書類を揃えたら、次は運局に出向き廃車の手続きに進みます。

  • 解体届出

    解体届出の流れ

    一時抹消登録後に車体を解体した後に行う申請です。 一時抹消登録後の解体届出には、一時使用中止を意味する自動車検査証返納届の手続きを行い、その後に軽自動車を解体した場合に「解体届出」の手続きが必要です。申請には、自動車を引き取った引取業者から解体が完了し解体報告の連絡があった後に行います。手続きは、最寄りの運輸支局もしくは自動車検査登録事務所で行います。

  • 輸出抹消

    自動車を海外に輸出する際にとらなければならない手続きです。
    自動車を海外へ輸出しようとする場合、事前に運輸支局に申請をする必要があります。半年前から受付が可能ですので、早めに運輸支局に行き申請しましょう。運輸支局の発行する輸出抹消仮登録証明書の交付を受けてから、税関に提示することにより通関を行うことができます。

一時抹消登録の流れ

  • 必要書類と準備物

    まずは一時抹消登録に必要な書類を確認して、以下の書類と品物を用意してください。書類は運輸支局で入手できます。

    必要書類と準備物はこちら

    • 名義人の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
    • リサイクル券に掲載されている「移動報告番号」の控え
    • 前後面2枚のナンバープレート
    • 自動車税、自動車取得税申告書
    • 名義人の実印
    • 車検証
    • 一時抹消登録申請書
    • 手数料納付書
  • 手数料の納付

    書類やナンバープレートを準備して運輸支局に提出したら、次は手数料を支払います。
    手数料の350円を収入印紙で支払うことになります。提出書類に収入印紙を貼りますが、収入印紙も運輸支局で販売をしていますので事前に買って準備しておく必要はありません。

  • ナンバープレートを返納

    事前にナンバープレートを外す必要がありますが、自分で外すという行為は違法行為になってしまいすので解体業者や整備工場などの業者に依頼して外して貰いましょう。
    外したナンバープレートは運輸支局場内のナンバー返納窓口で、前後面2枚のナンバープレートを返納します。返納を終えると、手数料納付書に返納確認印が押されます。

  • 書類の提出

    運輸支局窓口で準備した書類一式を提出します。
    提出する際に注意して頂きたいのが、運輸支局は土曜日・日曜日はお休みです。平日に仕事で時間がとれない方もいるかとは思いますが、お休みをとって申請しに行く必要があります。さらに月末や繁忙期に行くと、書類を提出するまでにかなりの時間がかかることがあります。運輸支局で手続きを行う日は、時間に余裕がある日を選んで下さい。

  • 一時抹消登録証明書を受け取る

    廃車ができた証明として「一時抹消登録証明書」が貰えます。
    受け取ったら運輸支局内にある税事務所で一時抹消登録したことを申請して、税金などの還付手続きも忘れないようにしましょう。自動車を再登録する際や、永久抹消登録をする際に必要となりますので、「一時抹消登録証明書」を大切に保管しましょう。運輸支局内にある税事務所で一時抹消登録したことを申請し、税金などの還付手続きも忘れないようにしましょう。

運輸支局で廃車手続きするための基礎知識

廃車手続きを代行業者にするメリット

もう既にご自分で廃車手続きをしたことがある方にとっては、自分で廃車する事はさほど難しくないかと思います。でも、いきなり自分で廃車をする事は、かなりの労力と費用を必要とします。
しかも廃車を自分ですると、当初思ってたよりも費用が思った以上にかかってしまう事もあります。
書類の申請、抹消登録、解体という手間を省くには、廃車を代行してくれる業者に依頼するのが一番です。
廃車手続きをしてくれる代行業者は、新車ディーラー・中古車買取店・中古車販売店・自動車解体工場などがあります。
廃車買取業者は廃車をリユースしますので廃車を買いとる事が出来ます。買取価格がつかない場合でも、廃車費用がかかる事はまずあり得ません。ボロボロで動かない車であっても、レッカー移動や解体、書類申請費用等の廃車にかかる全般の費用は一切不要です。廃車買取業者に廃車依頼するのが一番おススメできる代行業者です。

廃車手続きに関する注意点

車を廃車することは、初めての方も多いと思います。
廃車手続きをする事は人生で何度もある事ではありませんので、手続きの際に不安にならないように最後まで信頼して任せれる業者を見つけて依頼する事がとても大事です。
廃車買取業者に依頼する事は、普段忙しく時間を割けない方にとっては廃車の手続きをする時間を省く事ができ、とても助かるサービスです。
ただ代行業者には色々な業者がいるので親切な業者もいれば、反対にいい加減な業者もいるでしょう。
不適切な対応を受けないように、どういった業者なのか前もってある程度調べて慎重に選びましょう。
たくさんある業者の中で、廃車依頼をして車を廃車する際に起き得るトラブルにはどんなものがあるのか。
廃車手続きの代行業者の費用に関するトラブル・廃車手続きを代行業者に依頼した際に税金トラブルの注意点をご紹介していきます。

廃車手続きの費用に関するトラブル

代行業者に廃車を依頼をする際、代行の手数料は無料と広告を出してる買取業者が多いので、無料でやってくれると思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。残念ながら、業者によっては
廃車手続きを有料で行っている場合があります。
実際に手続きをおこなった後、知らされていなかった手数料を請求されることがあります。
廃車をおこなう際には、本当に無料なのかは確認しておかなければなりません。どうしても廃車する際には、代行手数料や運搬費用といったさまざまな費用がかかってしまいます。
無料なのか、あるいはいくらかかるのかを費用を書面に残して確認にしてから依頼しましょう。
事前に廃車手続きの費用や、車に値段がつく場合の買取査定などを把握する事により費用に関するトラブルを回避することができます。
さらに気をつけて頂きたいのが買取サービスのトラブルとして挙げたいのが
廃車手続きの手数料として請求してきた金額、車の買い取りに提示していた金額よりもうわまってしまい結果、差し引きではマイナスになってしまうという場合があります。
このようなトラブルを防ぐには、事前に手数料がいくら掛かるのかも業者に良く確認した上で取引することが重要です。

廃車手続きを代行業者に依頼した際に税金トラブルの注意点

廃車すれば名義が抹消されますので、もちろん自動車税などは課税されません。
しかし、まれに廃車したはずの自動車の税金を督促される事があります。廃車後に自動車税納税通知書が届いたら、すぐに廃車を依頼した代行業者に車の処置はどうなっていのるかを問い合わせましょう。
正しく抹消登録がおこなわれないと、自動車税が発生してしまいます。
業者に廃車依頼したとしても、車の名義が残ったままれいれば車を所有していることになりますので、税金が課税されてしまうというトラブルが起きてしまいます。このような事が起きないように業者に依頼した際、本当に廃車できているのかをしっかりと確認する必要があります。
廃車手続きによって、返金されるお金があります。それは自動車税や自動車重量税が還付されたり、自賠責保険の保険料が返金されます。

  1. 廃車買取業者ランキング
  2. カーネクスト

大阪府以外の廃車買取業者を調べる