車検に必要な書類を個々に詳しく説明。
ご自分でユーザー車検を受ける際の必要書類についても掲載。

車検の必要書類

車検を整備工場や車検チェーン店、ガソリンスタンドなどのお店に依頼をする場合と、ご自分でユーザー車検を受ける場合とでは必要書類数が変わってきます。下記2つの項目、「お店に依頼をする場合の車検必要書類」、もしくは「ご自分でユーザー車検を受ける場合の車検必要書類」のどちらかより、車検の必要書類をご確認下さい。

お店に依頼をする場合の車検必要書類

  1. 特定の条件で省略可能

3の自動車税納税証明書(継続検査用)は、下記2つの条件を満たしている場合に省略できます。

  • 自動車税を滞納していない
  • 自動車税を納付してから、3週間は経過している

その他、車検証記載の「使用者」の認印が必要になる場合があります。

ご自分でユーザー車検を受ける場合の車検必要書類

  1. 新旧2枚が必要
  2. 特定の条件で省略可能

4~6の書類は、車検当日に用意すれば結構です。
2の自動車損害賠償責任保険証明書は、車検を受ける前までに保険期間の継続手続きを行って下さい。(車検当日、運輸支局近辺の代書屋さんでも手続き可能)
3の自動車税納税証明書(継続検査用)は、下記2つの条件を満たしている場合に省略できます。

  • 自動車税を滞納していない
  • 自動車税を納付してから、3週間は経過している

7の定期点検整備記録簿は、法定点検が終わっている場合のみ必要です。(車検後に行う場合は不要)
その他、車検証記載の「使用者」の認印が必要になる場合がありますので、車検当日に認印もご持参下さい。

▲ページの先頭へ