あなたにピッタリの自動車保険が見つかる!

自動車保険とは

自動車保険は万が一の事故の際に、保険会社が保険金などによって損害を補償する保険のことです。交通事故を起こしてしまい相手の自動車などを破損してしまったり、相手が死傷したときなど場合によっては1億円を超える賠償を命じられることもあります。加入が義務付けられている自賠責保険や貯蓄だけでは多額の賠償金を払いきれないことも多いため、ドライバーにとって自動車保険の加入は欠かせません。

自動車保険には、加入義務のある「自賠責保険」任意の「自動車保険」の二種類があります。
自賠責保険では他人を死傷させた場合の慰謝料や治療費などの損害に対して補償されます。
しかし支払い限度額が定められており、相手の自動車や自分や同乗者のケガなどに対して払われることはありません。そのため自賠責保険では補償されないリスクに備え世の中の実態としてほとんどの方が任意の自動車保険に加入しています。

お得な自動車保険を探す

自動車保険の一括査定で複数社を比較する

法人契約の自動車保険

10台以上の自動車保険をお探しの方

自動車保険の一括見積とは

自動車に乗る人にとって欠かせないのが自動車保険ですが、数多くある保険会社の中からどの商品を選ぶべきか、種類が多く困っている方も多いのではないでしょうか。
そんなときに役立つのが自動車保険の一括見積です。

自動車保険の一括見積は、基本的にWEBサイトを利用して行います。名前や住所、車種や自動車保険の加入状況など簡単な項目を一度入力するだけで、数多くの自動車保険の見積もりを取ることができます。
同条件の補償内容について、最も保険料が安い見積もりを見つけることができ、多忙な中でも自動車保険の見積もりを検討するには効率的です。

自動車保険の法人契約とは

自動車保険には「個人契約」「法人契約」があります。
企業形態において、企業内で複数台の車を所有することもあることでしょう。その場合、個人単体ではなく企業全体で管理したほうが経費計上もできるため節税対策にも有効な加入方法となります。

自動車保険の法人契約とは保険の加入者である「契約者」、主に自動車を運転する「記名被保険者」、車検証に登録する「車両所有者」が同じ法人名義であることが加入条件です。法人契約でも個人契約と同等の補償がついていることが一般的ですが、業務内容にあった「法人専用の特約」が存在する自動車保険を選ぶことで法人契約のメリットが生まれてきます。また、10台以上保有する場合は「フリート契約」という形になり保険料も割安になります。

自動車保険のメリット・デメリット

車を購入したディーラーで自動車保険の加入をすすめられることがあります。自動車保険の加入方法はディーラー経由で加入する以外にも、ネット自動車保険(ダイレクト型)に自分で入る、専門の代理店で加入するなど複数の選択肢があります。ディーラーや代理店で自動車保険に入る場合と、ネット自動車保険で加入する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ディーラーや代理店で自動車保険に入る場合

ディーラーや代理店経由で自動車保険に加入した場合のメリットは、補償内容を担当者と相談しながら決めることができるため知識が少なくても必要な補償内容を確保することができます。 しかし必要以上の補償内容で保険料が高くなったり、手数料が必要となったりとダイレクト型と比べ費用が高くなることがあります。

ネット自動車保険で加入する場合

一方ネット自動車保険(ダイレクト型)は、保険会社が直接契約者とやりとりを行うため、代理店手数料や人件費などのコストが圧縮されているため保険料が安い傾向にあります。各社の見積もり結果とディーラーや代理店で提示された自動車保険を比較することをおすすめします。

自動車保険の利用者の声

  • 依頼人

    忙しい人におすすめ!

    投稿者
    H.Yさん(30代/男性/神奈川県)

    時間がない中で補償内容を見直したかった私にとって、一括見積もりサービスはぴったりでした。
    結婚をきっかけに車に乗る機会が増え自動車保険の補償内容を見直したいと思っていました。しかし転職と結婚が重なっていたこもあり保険の見直しに時間をかけることもできずそのまま時間が過ぎていました。そんな中一括見積もりに出したところすぐに複数の保険会社からメールが届きました。
    車に乗る頻度や保険料の希望など詳しく聞いてくれて、オペレーターの方もとても親切で安心できると感じたため契約しました。 家族が増えたときなどまた相談しようと思います。

  • 依頼人

    もっと早く見直せばよかった

    投稿者
    Y.Aさん(60代/男性/奈良県)

    保険料が驚くほど安くなりました。 新車を購入した際に加入した自動車保険でしたが、定年退職を機に保険内容の見直しをしてみようと考え、一括見積もりを利用しました。ゴールド免許割引やインターネット割引などを利用し最終的に以前よりも保険料が安くなりました。

  • 依頼人

    事故対応に安心しました

    投稿者
    I.Sさん(50代/男性/岩手県)

    一括見積もりで保険料が一番安い保険会社に契約。事故対応には期待していなかったが自宅の駐車場から出る際に電信柱に車体をこすってしまい、コールセンターへ連絡。事故の状況を細かく伝えたところ専門部署からすぐに折返しが。その日のうちに事故対応をしてくれオンラインであっても十分なサポート体制が確立されていると感じた。

  • 依頼人

    余計な勧誘がないのが嬉しい

    投稿者
    S.Aさん(40代/女性/福島県)

    余計な勧誘がなくゆっくり考えることができる。
    更新時には前年と同じ補償内容のプランの他にも、おすすめのプランを提示してくれる。そのうえで自分にあった内容の補償を選択できるため満足度が高い。なによりもインターネットで契約や更新を行うため余計な勧誘もなくじっくり考えて決めることができて良かった。

よくあるご質問

自動車保険は何を補償してくれるのですか?

自動車保険には様々な補償があります。大きく分けて3つの補償で構成されています。

1,相手方への補償
相手をケガさせ、治療費や慰謝料が必要になった場合
相手の車に追突し修理費の他に修理期間中のレンタカー第が必要になった場合など

2,自分や同乗者の補償
自分や同乗者が仕事を休むことになった場合
自分や同乗者が死傷した場合など

3,自分の車の補償
契約車両の事故や修理費や盗難などに遭った場合など

車両保険とはなんですか?

契約車両が事故で破損した場合や、いたずらされた場合などに修理費用などを補償する保険です。
契約時に設定した金額が補償の上限となります。
ただし故障や地震・噴火・津波によって生じた損害は補償の対象外となるため注意が必要です。

保険開始日はいつに設定すればいいの?

保険開始日は「補償が開始される日」のため以下を参考にしてください。

初めて自動車保険に加入する場合
納車を待っている場合は、納車日を保険開始日にしてください。
既に納車された場合は万が一に備え明日以降の速い日にちを保険開始日にすることをおすすめします。
既に他社で自動車保険に加入している場合
現在の契約満期日が新しい契約の保険開始日となります。

ネット自動車保険って事故対応は大丈夫?

ご安心ください。問題ありません。
近年では特にネット自動車保険と代理店の事故対応には差がなくなってきていると言われています。
2016年にネット自動車保険(ダイレクト型)984人、代理店型自動車保険1167人に事故対応満足度についてアンケートをとったところ10%以上ネット自動車保険の方が満足度が高いという結果になっています。

どこの保険会社も同じ等級係数ですか?

どちらの保険会社も等級に応じた割引率、割増率は損害保険料率算出機構で算出された数値をベースにしています。
ただ、実際に適応する割引率・割増率は各社ごとに算出しているため各保険会社へお問合せください

KuruTownのサービス