出張封印についての説明。また、ご近所で名義変更や
住所変更の受付を行っている店舗検索も可能。

出張封印

出張封印とは、出張封印取付作業代行実施者(指定の団体から委託を請けた者)が、自動車の置かれた場所まで出向き、新しいナンバープレートを取り付けてくれる制度です。本来、名義変更や住所変更などでナンバープレートが変わる場合、自動車を新たな管轄の運輸支局へ持ち込み、手続きの最後にナンバープレートの封印を行う必要があります。この出張封印を利用することで、運輸支局へ自動車を持ち込む必要がなくなるというものです。

出張封印が困難、またはできない自動車

以下の注意事項の自動車は、出張封印が困難であったり、取り扱いできない自動車です。

注意事項

  • 業として自動車の売買に関わる自動車(車検証の所有者が自動車販売業者の場合など)
  • ナンバープレートを取り付けているビスが極端に錆びている場合や、通常の長さ(15mm)以外の場合(ビスの取り外しが困難な自動車)
  • 車台番号の確認が困難な自動車(一部の平行輸入車など)

豆知識

出張封印の際、自動車に打刻された車台番号の拓本を取る必要がある為、車台番号の打刻箇所が極度に錆びていたり、極度に汚れている場合は拓本を取ることが困難になります。
予め、車台番号を確認できる状態であるかチェックしておくと、スムーズに出張封印が完了します。

▲ページの先頭へ