手数料納付書の入手方法や記入時の注意事項の説明。
名義変更や廃車手続きの方法・やり方についても掲載。

手数料納付書

手数料納付書とは、名義変更や廃車、住所変更などの各種手続きの際に手数料を納める為の書類です。こちらの手数料納付書に手数料に相当する金額の印紙を貼り付け、申請を行います。手数料納付書は、手続きを行う当日にご用意頂ければ構いません。

手数料納付書

手数料納付書の入手方法

ご自分で名義変更や廃車、住所変更などの各種手続きを行われる場合は、手続き当日に運輸支局窓口で用紙の配布を受けて下さい。
代書屋さんで書類一式を作成してもらう場合は、用意する必要はありません。

手数料納付書記入時の注意事項

手続き当日、運輸支局内に設置された書き方の見本をご参考の上、手数料納付書を作成して下さい。
記入する項目は、所有者または使用者の氏名、自動車の登録番号または車台番号、手続きに来た申請者の氏名・連絡先などです。

注意事項

  • 記入は、黒いボールペンなど(消えないもの)をお使い下さい。
  • 記入ミスがあった場合は、新しい手数料納付書に書き直して頂くか、修正液などで訂正して下さい。

また、手続き当日に代書屋さんへ依頼を行うと、全ての書類を仕上げてもらえます。

豆知識

新規登録検査を行う際も、手数料納付書は利用されています。しかし運輸支局によっては、検査手数料の印紙・証紙を貼る用紙が手数料納付書ではなく、検査票の地域もあります。

▲ページの先頭へ