自動車検査票の入手方法や記入時の注意事項の説明。
運輸支局でのユーザー車検の方法・やり方も掲載。

自動車検査票

自動車検査票とは、車検や構造等変更検査、新規登録検査の際、検査項目ごとの合否を記録する為の用紙です。検査を受ける自動車が道路運送車両法の保安基準に準じている場合のみ、この自動車検査票に合格印が印字されます。保安基準外であったり、書類に不備がある場合にはその内容が記載されます。最終的に自動車検査票の全ての項目に合格印が押されれば、窓口で車検証の交付を受けることができます。こちらの自動車検査票は、車検や構造等変更検査、新規登録検査を受ける当日にご用意頂ければ構いません。

自動車検査票

自動車検査票の入手方法

ご自分でユーザー車検や構造等変更検査、新規登録検査を受けられる場合は、検査当日に運輸支局窓口で用紙の配布を受けて下さい。
代書屋さんで書類一式を作成してもらう場合は、用意する必要はありません。

自動車検査票記入時の注意事項

検査当日、運輸支局内に設置された書き方の見本をご参考の上、自動車検査票を作成して下さい。記入する項目は、主に車検証記載の内容となります。

注意事項

  • 記入は、黒いボールペンなど(消えないもの)をお使い下さい。
  • 記入ミスがあった場合は、新しい自動車検査票に書き直して頂くか、運輸支局内の検査官から訂正印を押してもらって下さい。

また、検査当日に代書屋さんへ依頼を行うと、全ての書類を仕上げてもらえます。

豆知識

万が一検査で不合格となってしまった場合で、後日再検査を受ける場合は、不合格当日に自動車検査票を運輸支局の窓口に提出し、限定自動車検査証という不合格箇所の記載がされた書類を交付してもらう必要があります。
限定自動車検査証の交付を行っておけば、2週間以内に不合格箇所の整備を行い、再度運輸支局で検査を受検すると、不合格箇所に関わる検査項目のみの受検で済みます。
2週間を超えてしまうと、再度全ての検査項目を受検することになります。
再検査を他の運輸支局や指定工場で受けることも可能です。その場合も、限定自動車検査証が必要となります。

▲ページの先頭へ