自動車リサイクル法についてや、リサイクル料金の説明。
廃車や車検などの方法・やり方も掲載。

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法とは、使用済自動車の廃棄処理時に発生する、シュレッダーダスト(自動車の解体後に残る廃棄物)や、フロン類(カーエアコンの冷媒)や、エアバックなどを適正に処分する為に定められた法律です。2005年1月より施行されています。自動車リサイクル法の対象車両は、自動車、軽自動車です。

自動車リサイクル法が制定された背景

地球環境保護が促進される近年、自動車の廃棄処理時に発生するシュレッダーダストやフロン類などを適正に処分するには多くのコストが必要となりました。その結果、圧迫された業者などが自動車の不法投棄や不適正処理を多発させ、大きな社会問題にまで発展しました。
その改善策として政府は、自動車製造業者にリサイクルの責任を義務付け、ユーザーに対しては自動車購入時などに廃棄処分にかかる費用を負担するよう義務付けました。

リサイクル料

リサイクル料は車種、エアバックの個数、エアコンの有無などによって変わってきますが、およそ、8,000円~20,000円程度とお考え下さい。
正確な料金をご確認されたい場合は、自動車リサイクルシステムのサイトをご覧下さい。

豆知識

自動車リサイクル法は、自動車リサイクル促進センターが主となって取り組みを行っています。
また、二輪車独自の「二輪車リサイクルシステム」に関しても、情報提供を行っています。

▲ページの先頭へ