自動車の手続きで使用する戸籍謄本についての説明や注意事項。
婚姻や離婚などによる氏名変更や名義変更の方法・やり方についても掲載。

戸籍謄本

戸籍謄本とは、一世代、もしくは二世代の氏名や生年月日、死亡年月日などの情報や、婚姻・離婚歴、続柄(血縁関係)などが記載された書面です。こちらの戸籍謄本は、車検証記載の内容から戸籍上の変更があった場合に、各種手続きでそれを証明する為に必要となります。掲載内容は、個々の状況によっては不十分な箇所がございます。事前に管轄の運輸支局にご確認の上、お手続き下さい。

戸籍謄本

戸籍謄本の注意事項

戸籍謄本は、婚姻や離婚による車検証に記載された氏名の変更や、自動車の所有者がお亡くなりになられた場合の相続(名義変更)、廃車手続きなどの際に必要な書類です。

注意事項

  • 有効期間は、発行日から3ヵ月となっています。
  • 戸籍上の変更が記載されていることが必要です。(変更前のものでは証明できません。)
  • 相続の際は、戸籍謄本(除籍謄本)に相続人全員の関係が記載されているものが必要です。

相続の場合は、個々の状況により複雑なケースがございます。
手続きを行われる前に、管轄の運輸支局にお問い合わせ頂くようお願いいたします。

豆知識

婚姻の際に親名義の自動車を譲り受ける場合や、離婚で相手方名義の自動車を自分名義にする場合は、名義変更(正式名称:移転登録)手続きが必要となります。
詳しくは、自動車の名義変更よりご確認下さい。

▲ページの先頭へ