KuruTown(クルタウン)

ディーラー車検の特徴やメリットデメリット、他の業者に車検を依頼する時との違いについての説明。ユーザー車検の受け方と方法・やり方も掲載

車検はディーラーに依頼するのが良い?費用を安く抑える方法はある?

ディーラーで新車を購入した場合には車検の時期が近づくと、ダイレクトメールなどでお知らせが来るでしょう。しかし、車検はディーラー以外にも多くの業者で依頼できます。ディーラーに依頼するか他の業者に依頼するか迷っている人もいるでしょう。ここではディーラー車検の特徴や他の業者との違いについて紹介していきます。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

ディーラー車検のメリット・デメリット

ディーラーから車検の案内が来れば、何も考えずそのままディーラーに依頼する人も多いでしょう。しかし、依頼する前にメリットとデメリットを把握しておく必要があります。その上でディーラーに依頼するかどうか決めましょう。

ディーラーに車検を依頼するメリット

ディーラーは自動車メーカーと契約して新車を販売しているメーカーです。特定のメーカーの車のみを扱っているため、ディーラーの整備士はそのメーカーの車種に関して詳しい知識を持ち合わせています。

ディーラーなら整備を行うための十分な設備が整っており、整備を担当する整備士の技術水準も高いです。自動車メーカーでディーラーにのみ提供している整備マニュアルなどもあります。そのため、ディーラー以外の業者では対応できない内容の整備もディーラーならできることが多いです。車を購入した業者に車検を依頼するということで安心感もあるでしょう。

車検を受ける際には、業者の方で車検に通る状態かどうかのチェックを行います。車検に通らない状態の場合には、パーツの交換などを行って、車検に通る状態にしなければなりません。このときに、メーカー純正のパーツで対応してくれるのもディーラーのメリットです。ディーラーは自動車メーカーと取引関係にあるため、純正パーツを容易に入手できます。

外部パーツでも車検には通りますが、純正パーツの方が安心できる人は多いでしょう。中古として売却するときも、外部パーツを使用している車よりも、純正パーツを使用している車の方が高値がつきやすいです。

ディーラーに車検を依頼するデメリット

ディーラー車検は安心感が強い半面で、費用面でのデメリットが目立ちます。車検でかかる費用は法定費用に関してはどの業者でも変わりませんが、それ以外の費用がディーラーは高めです。パーツの交換などが必要ない場合でも、ディーラーに車検を依頼すると他の業者よりも高くついてしまうでしょう。

ディーラーで使用する純正パーツは外部パーツと比べて高価です。そのため、パーツ交換が必要な場合には他の業者との差はさらに広がります。作業を行う整備士の工賃も、ディーラーは高めです。

また、全てのディーラーが自社内で整備や点検などを行っているわけではありません。一部のディーラーは、ほかの業者に整備や点検を外注していることあります。その場合には、他の業者に車検を依頼するのと、実質的に変わらないことになるでしょう。 整備の質が高いという理由でディーラーに車検を依頼するのであれば、自社内で行っているかどうか確認しておくのが望ましいです。

ディーラー車検と整備工場・ユーザー車検との違い

費用を重視して車検の依頼先を決めたい人の中には、ディーラー以外の業者を検討している人も多いでしょう。では、ディーラー車検とほかの業者の車検の違いについて説明していきます。あわせて、自分で車検手続きを行うユーザー車検についても見ていきましょう。

ディーラー以外の業者の車検

ディーラー以外で車検を依頼できる業者は、主に修理工場やガソリンスタンド、カー用品専門店、車検専門業者などさまざまあります。いずれもディーラー車検と比べると費用が安く済むのが特徴です。

また、業者によっては対応がスピーディーで、混雑していない時期なら依頼した当日や翌日などに対応してもらえます。車検を安く済ませたい人や、すぐに終わらせて欲しい人は、ディーラーではなくほかの業者を選ぶ人も多いです。

しかし、ディーラー以外の業者は整備の質が一定ではありません。ディーラーの整備士と変わらないくらい質の高い整備をする業者もあれば、技術レベルの低い整備士が行っている業者もあります。そのため当たりはずれが大きいです。

また、パーツ交換の際にたいてい外部パーツを使っています。純正パーツを使ってもらいたい場合には、ディーラーの方が良いかもしれません。

ユーザー車検

ユーザー車検というのは、車検を業者に依頼するのではなく自分で行うやり方です。車検の手続きそのものは、運輸支局で行えるので、実際に運輸支局まで行く必要があります。

その前提として、車を車検の基準を満たす状態にしておかなければなりません。つまりパーツの交換などを自分で行うことになります。普段から車のメンテナンスを自分で行っている人でないと難しいでしょう。また、運輸支局で提出する書類なども自分で記載する必要があります。

そして検査コースにおいて無事に検査項目を全部クリアすれば車検完了です。新しい車検証が交付されます。

ユーザー車検の場合には、費用が法定費用のみで済むのが大きなメリットです。パーツ交換が必要になったときにも、パーツ代のみで済みます。

しかし、誰でも簡単にできるわけではありません。相応の知識が必要になります。慣れていないと検査項目を全部クリアできずに、やり直しになる場合もあるでしょう。スムーズにいった場合でも時間がかかるのが難点です。

ディーラー車検を安く抑えるための注意点

車検費用を安く抑えたいと考えつつも、安心できるディーラーに依頼したいと思っている人も多いでしょう。ディーラーに依頼する場合でも、工夫次第では安く抑えることも可能です。

車検を依頼する時期

ディーラー車検は時期によっては普段よりも安くなる場合もあります。例えばディーラーの決算月に安くなることが多いです。その年度の売上をなるべく多く計上できるように、年度の最後の月である決算月には、どの企業も売上げアップに力を入れます。

ディーラーでも同じです。決算月は普段よりも割安な費用で車検を受けられるようにして、契約数アップを図っています。ディーラーと良好な関係を築き上げていれば、普段よりも安く車検が受けられることを通知してもらえることもあるでしょう。

また、決算期ほどではありませんが、毎月の最終の週も車検費用が安くなりやすいです。ディーラーでは月ごとの契約数や売上の目標が設定されている場合があり、その目標達成のために普段よりも費用を安くすることがあります。値切り交渉などもしやすくなるでしょう。

余計なオプションで高くなることも

ディーラーでは車検で付けられるオプションが豊富で、洗車や車内清掃なども含まれています。特に外して欲しい旨を伝えないと、余計なオプションが付いてしまうことが多いです。そのため、依頼時にオプションについて確認し、不要なオプションはなるべく外すようにしましょう。

見積書を見れば、どんなオプションが付いているのか確認できます。他の業者と費用を比較したり、何にどのくらいかかっているのか確認したりする上でも、見積書をきちんと見ることは大事です。

また、車検を受けるのではなく、廃車にして車を買い替えたいというのであれば、下取りよりも買取を検討しましょう。専門業者へ買取を依頼すれば、下取りしてもらうよりも高く売れることが多いです。こちらに廃車買取業者のランキングを掲載しているので、もし廃車にするのであれば参考にしてみてください。

まとめ

ディーラーに車検を依頼すると、整備の質が高く純正のパーツを使用するので安心です。しかし、費用が高いのがネックになります。

ディーラーでも決算月や月の最終の週には安く車検を受けられることがあるため、費用を抑えたいなら、そのような時期を狙いましょう。それとあわせて不要なオプションなども外せば意外と安く済むことが多いです。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車検TOPに戻る