運輸支局での車の住所変更の方法・やり方についてや、自動車の住所変更に
必要な書類や費用(ナンバー代など)についても掲載。

住所変更の方法・やり方

引越などによって自動車の所有者、もしくは使用者の住所が変わる場合には、新たに自動車を使用する住所を管轄する運輸支局で、住所変更手続き(正式名称:変更登録)を行う必要があります。ここでは住所変更手続きをご自分で行われる方向けに、運輸支局での流れや注意点などを掲載しています。下記の「住所変更を行う前準備」と「住所変更当日」より、要点をご確認下さい。掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。住所変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。

住所変更を行う前準備

ナンバーの変更を伴う場合は、運輸支局に自動車を持ち込む必要があります。
(例:横浜ナンバーから川崎ナンバーに変わるなど)

また、住所変更を行う運輸支局の業務時間は、平日のみとなっておりますのでご注意下さい。

登録窓口の受付時間
午前8:45~11:45、午後1:00~4:00
運輸支局の業務時間
午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
運輸支局の休日
土日祝、及び12月29日~1月3日

住所変更当日

  1. 運輸支局で用紙の入手・作成

    運輸支局の窓口で、不足用紙がある場合は配布を受けます。(通常下記3枚を用意)

    運輸支局内の見本

    入手した用紙に必要事項の記入を行っていきます。記入方法は、運輸支局内に見本等の記載がありますので、そちらをご覧頂きながらご記入下さい。

  2. 登録手数料の支払い(印紙の購入)

    運輸支局場内の印紙販売窓口で、変更登録手数料分(350円)の印紙を購入します。購入した印紙を手数料納付書に貼り付けます。
    登録手数料額については住所変更の費用

  3. ナンバーの返却(ナンバーの変更を伴う場合)

    リアナンバーの封印

    書類一式が完成しましたら、運輸支局場内のナンバー返納窓口にナンバープレートを返納します。ナンバーを外す為のドライバーや、外し方(リアナンバーの封印の破き方)については、返納窓口に用意されています。
    無事に返納を終えると、手数料納付書に返納確認印が押されます。
    地域によっては、こちらのナンバーの返納を5や6の後に行う運輸支局もありますので、ナンバーを外される前に運輸支局窓口にご確認下さい。

  4. 運輸支局窓口に書類の提出

    書類一式を運輸支局窓口に提出します。
    こちらで不備がなければ、新しい車検証が交付されるまでしばらく待機します。
    月末の繁忙期は、窓口に書類を提出するまでに長蛇の列となっていたり、新しい車検証の交付まで1時間以上かかることもあります。

  5. 車検証の交付

    窓口で名前を呼ばれ、新しい車検証の交付を受けます。
    交付された車検証に記載ミスなどがないか、必ず確認を行って下さい。

  6. 税事務所へ変更内容の申告

    運輸支局場内の自動車税事務所などの税申告窓口に、変更内容の書かれた自動車税・自動車取得税申告書と車検証を提出します。
    これで今後の自動車税の通知書などは、現住所へ送られるようになります。
    ナンバーの変更を伴わない場合は、こちらで住所変更は終了となります。

  7. 新しいナンバーの交付(ナンバーの変更を伴う場合)

    ナンバー交付所

    運輸支局場内のナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。
    ナンバーと一緒に取り付けるビスなどを受け取りましたら、自動車にナンバーを付けて下さい。
    希望ナンバーを事前に申請していた場合は、こちらで希望ナンバーを受け取って下さい。
    希望ナンバー(番号選択)については希望ナンバー

  8. ナンバーの封印(ナンバーの変更を伴う場合)

    封印取付所

    最後に取り付けたナンバーに封印を行ってもらいます。
    車検証と自動車が同一のものと確認されると、リアナンバーに封印がされます。
    以上で、住所変更が終了となります。

掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。住所変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。

▲ページの先頭へ