車検と車の手続き案内センター

車の手続きに関連する用語「使用の本拠の位置」
について、説明しています。

使用の本拠の位置

使用の本拠の位置とは、自動車を使用している方の拠点のことです。通常、一般個人の場合は住んでいる住所が使用の本拠の位置となり、法人の場合は事務所や営業所の住所が使用の本拠の位置となります。車検証の「使用の本拠の位置」という欄に記載された住所が、使用の本拠の位置です(「***」と記載がある場合は、使用者と同一の住所という意味です)。こちらの使用の本拠の位置によって、ナンバープレートの管轄(地名)が分かれています。

印鑑証明書や住民票記載の住所とは異なる住所を「使用の本拠の位置」とする場合

一般個人の方が名義変更や住所変更などで車庫証明の申請を行う場合は、通常、印鑑証明書や住民票記載の住所を管轄する警察へ申請を行い、車庫証明書の交付を受けます。
その後、印鑑証明書や住民票記載の住所を管轄する運輸支局で手続きをすることで、新しい車検証やナンバープレートが交付されます。

単身赴任や別荘など、印鑑証明書や住民票記載の住所とは異なる住所を拠点に自動車を使用したい場合は、単身赴任先や別荘などに実際住んでいることを証明できる書面(住所の記載のある、電気・水道・ガスなどの領収書や消印のある郵便物など)を管轄の警察に持参し、車庫証明を申請することで、印鑑証明書や住民票記載の住所とは異なる住所を使用の本拠の位置とすることができます。
その後、単身赴任先や別荘などの住所を管轄する運輸支局で手続きをすることで、単身赴任先や別荘などの住所を使用の本拠の位置とした、新しい車検証やナンバープレートが交付されます。

注意事項

使用の本拠の位置を一時的に変更し、車庫飛ばし(付けたい地名のナンバーを不正に取得)することは違法です。

お役立ちコンテンツ