お店に名義変更を依頼する場合

名義変更に必要な書類は、お店に依頼をする場合と、ご自身で行われる場合で用意する書類数が変わってきます。

  1. 譲渡証明書旧所有者の実印の押印があるもの
  2. 旧所有者の印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
  3. 新所有者の印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
  4. 旧所有者の委任状旧所有者の実印の押印があるもの
  5. 新所有者の委任状新所有者の実印の押印があるもの
  6. 車検証車検が切れていないこと
  7. 新使用者の車庫証明書発行日から1ヵ月以内のもの

譲渡証明書には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
委任状には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
委任状には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
車庫証明書は、車検証の「使用の本拠の位置」に変更が発生しない場合(同居している家族間での名義変更や、ローン完済による所有権解除などの場合)、またはお店に車庫証明の取得も依頼される場合は不要です。

また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。

ご自身で名義変更を行う場合

  1. 譲渡証明書旧所有者の実印の押印があるもの
  2. 旧所有者の印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
  3. 新所有者の印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
  4. 旧所有者の委任状旧所有者の実印の押印があるもの
  5. 新所有者の委任状新所有者の実印の押印があるもの
  6. 車検証車検が切れていないこと
  7. 新使用者の車庫証明書発行日から1ヵ月以内のもの
  8. 手数料納付書
  9. 自動車税(環境性能割・種別割)申告書
  10. 申請書(第1号様式)

8~10の書類は、名義変更当日に用意すれば結構です。
譲渡証明書には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
委任状には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
委任状には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
車庫証明書は、車検証の「使用の本拠の位置」に変更が発生しない場合(同居している家族間での名義変更や、ローン完済による所有権解除などの場合)は不要です。
申請を新・旧所有者本人が行う場合は、その方の委任状を省略することができます。但し、実印の持参が必要となります。

また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。

新所有者・新使用者を異なる名義で登録する場合

  1. 新使用者の住民票発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 新使用者の委任状新使用者の認印の押印があるもの
以上の書類が別途追加となります。
住民票は、印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)でも構いません。また、これらのコピーでも構いません。
委任状は、新使用者本人が申請を行う場合には省略することができます。但し、申請書に認印の押印(署名でも可)が必要となります。

車検証記載の旧所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

住所が異なる場合

旧所有者の住民票

別途、必要書類となります。
住民票は、車検証記載の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がりが分かる住民票が必要となります。
複数回の転入をされている場合は、繋がりの確認ができる複数枚の住民票(除票)、もしくは戸籍の附票(住所の変更履歴が記載された戸籍謄本の附票)が別途必要となります。
なお、住民票は発行日から3ヵ月を超えていても使用可能です。

氏名が異なる場合

旧所有者の戸籍謄本

別途、必要書類となります。
戸籍謄本は、車検証記載の氏名から、現在の氏名(印鑑証明書の氏名)への変更が記載された戸籍謄本が必要となります。
なお、戸籍謄本は発行日から3ヵ月を超えていても使用可能です。

ナンバーに希望する番号や図柄がある場合

希望番号予約済証

別途、必要書類となります。
希望番号予約済証は、以下のどちらかより、ナンバーの申し込み手続きが完了した後、希望番号予約センター(運輸支局に隣接した建物)で受け取れる書類です。

図柄ナンバーで希望する番号にしたい場合

図柄ナンバー申込サービス(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)

図柄ナンバー以外で希望する番号にしたい場合

希望番号申込サービス(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)

ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合

理由書所有者または使用者の認印の押印があるもの

別途、必要書類となります。
理由書は、ナンバープレートの紛失・盗難に遭った時点での所有者または使用者(通常、旧所有者または旧使用者)の理由書が必要です。

未成年者が新旧所有者に含まれる場合

  1. 未成年の方の戸籍謄本
  2. 両親どちらかの印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
  3. 同意書両親の実印の押印があるもの
別途、必要書類となります。
戸籍謄本は、発行日から3ヵ月を超えていても使用可能です。
同意書には、印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。

所有者の方が亡くなられた場合(相続)

  1. 亡くなられた所有者の方の戸籍謄本除籍謄本
  2. 遺産分割協議書
別途、必要書類となりますが、個々の状況により必要書類が変わってきます。手続きに向かわれる前に、管轄の運輸支局にお問い合わせ頂くようお願いいたします。