車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
リサイクル券を紛失してしまった!廃車はできますか?

リサイクル券を紛失してしまった!廃車はできますか?

目次

自動車の廃車を依頼する際に、廃車依頼をした業者からリサイクル券はお持ちですか?と聞かれて、初めてリサイクル券のことを知った方も多いのではないでしょうか。

リサイクル券は、自動車を解体またはリサイクルする時に必要なリサイクル預託金額(リサイクル料金)が支払われていることを証明する書類です。
廃車を依頼する際、もしもリサイクル券が見つからなかったら、廃車ができないのでは?と不安になりますよね。
リサイクル券をお持ちでなくても解体、廃車手続きはできます。こちらではリサイクル券を紛失された場合の対処の方法をご紹介します。

リサイクル券とは

では、リサイクル券とは具体的にどのようなものでしょうか。
リサイクル券とは、自動車の新車購入時に支払う、リサイクル預託金額の支払い済み証明書のことを指します。新車購入時にディーラーなどから受け取ります。見つからないという場合も車検証入れにセットで入っていることが多く、持っていることをご存じなかった方も多いです。

リサイクル料金とは

リサイクル料金は、平成17年1月に施行された自動車リサイクル法によって定められました。
自動車リサイクル法が施行される前までは、車の解体処理を行う際のフロンガスの処理やエアバッグの処理に費用がかかることから、解体業者の負担が大きくなり、不法投棄や違法な廃棄処理が行われ社会問題となっていました。
それらを是正する目的で、新車購入時にその車のリサイクル処理にかかる費用を自動車ユーザーから事前に回収し、適正に解体処理が行われる仕組みを導入したのです。

リサイクル券の内容

リサイクル券は、3枚の券が縦に並んだ状態で構成された淡いグリーン色の紙です。
上からA、B、C券となっており、A券は預託証明書で預託金の合計額が記載されています。B券は使用済自動車引取証明書といって、使用済自動車の解体やリサイクルをすることを認可されている業者が、車を引き取って解体する時に切り取ります。C券は資金管理料金受領証といって、リサイクル料金を支払う際の手数料といった意味合いの資金管理料金が記載されています。

リサイクル料金はいくらなのか

リサイクル料金の目安は、普通自動車は10,000円~18,000円位で軽自動車・小型自動車は7,000円~16,000円位になります。
リサイクル料金は自動車メーカーが車種型式ごとに決めている為、自動車購入前に知りたい時などは自動車メーカ-へ問合せてみてください。

リサイクル券がなくても廃車はできます

リサイクル券が見つからなくても、実は廃車手続きは可能です。
リサイクル券は再交付はできませんが、代替用紙を準備することで手続きを行うことができるのです。

リサイクル券が見つからない場合の対処方法

車の購入時にリサイクル料金を預託した記憶はあるが、リサイクル券が見つからない時の対処方法をご紹介します。
リサイクル券の再発行はできませんが、ナンバープレートの登録番号と車台番号があれば【自動車リサイクルシステム】というウェブサイトで、自動車リサイクル料金の預託状況を確認することができます。
リサイクルや解体処理を依頼する廃車業者には、その預託状況を印刷した用紙を提出すればリサイクル券の代わりとして、受理してもらうことが可能です。

リサイクル料金を預託していない、未預託の状態の場合は

リサイクル法が施行される以前の年式の車で施行後車検を通していない場合などは、自動車リサイクル料金を預託されていないことがあります。
低年式で施工前の車であっても、リサイクルや解体をする時にはリサイクル料金の支払いが必要になってきます。
このような場合は後からのお支払いが必要になることもあるので、【自動車リサイクルシステム】というウェブサイトでリサイクル預託状況を確認し、未預託だった場合は廃車業者へその旨伝え、どのような形で預託金を支払うかの確認を行ってください。

リサイクル券にまつわるお話

ここまででも、リサイクル券に関してかなりの知識が増えたかと思われます。

リサイクル料金の支払い義務は所有者にある

リサイクル料金は旧所有者から新所有者へと巡ります。
新車購入時に支払ったリサイクル料金は、その車を譲渡するタイミングで、新所有者から旧所有者へ支払う必要があります。それは、リサイクル料金の支払い義務が、車を手放す時の所有者にある為です。

その為、新車購入時にリサイクル料金を支払っていてワンオーナーで廃車するなら所有者は同じですが、譲渡して名義変更をしていれば、譲渡した相手からリサイクル料金を受け取ることができます。

旧年式の車は装備が少ない場合がある

低年式でリサイクル法も施行される以前の車は、エアコンやエアバッグの装備がされていないものがあります。
エアコンはフロンガスが使われている為、処理に高額な費用がかかります。また、エアバッグは最近の車には標準装備されていることが多いのですが、低年式の車にはエアコン、エアバッグのどちらも装備されていないことがあります。

リサイクル券を紛失してしまった!廃車はできますか?のまとめ

このように、リサイクル券が手元になくても廃車はできます。
廃車をする時、車の解体を依頼する時にリサイクル料金を預託することは最終所有者の義務になります。
もしも手元にリサイクル券が見つからなくても廃車は可能ですので、落ち着いてリサイクル料金を預託しているか確認してみてください。