自動車の永久抹消に必要な書類(印鑑証明書・委任状など)についての説明と
廃車手続き(永久抹消)の方法・やり方についても掲載。

永久抹消の必要書類

永久抹消を、車屋さんや代行業者などのお店に依頼をする場合と、ご自分で永久抹消を行う場合とでは必要書類数が変わってきます。下記2つの項目、「お店に依頼をする場合の永久抹消の必要書類」、もしくは「ご自分で永久抹消を行われる場合の必要書類」のどちらかより、永久抹消の必要書類をご確認下さい。

お店に依頼をする場合の永久抹消の必要書類

  1. 所有者の発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 所有者の所有者の実印の押印があるもの
  3. ナンバープレート前後面の2枚
  4. 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

2の委任状には、1の印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
3の車検証、または4のナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合は、理由書が必要となります。
5のメモ書きは、リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者から受けた際の「解体報告記録がなされた日」のメモ書きです。(こちらが解体を行った証明になります。)
災害などによる場合は、5の代わりに罹災証明書が必要となります。

また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。

ご自分で永久抹消を行われる場合の必要書類

  1. 所有者の発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 所有者の所有者の実印の押印があるもの
  3. ナンバープレート前後面の2枚
  4. 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  5. 地域によっては不要

6~8の書類は、永久抹消当日に用意すれば結構です。
2の委任状には、1の印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。所有者本人が申請を行う場合には、こちら2の委任状を省略することができます。但し、実印の持参が必要となります。
3の車検証、または4のナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合は、理由書が必要となります。
5のメモ書きは、リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者から受けた際の「解体報告記録がなされた日」のメモ書きです。(こちらが解体を行った証明になります。)
災害などによる場合は、5の代わりに罹災証明書が必要となります。

また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。

車検が1ヵ月以上残っている場合(重量税の還付)

  1. 所有者のマイナンバーカード、または通知カード、または個人番号の記載がある住民票コピーでも可
  2. 重量税還付金を受領する方の金融機関情報金融機関名や口座番号など
  3. 重量税還付金の受領権限に関する所有者の署名と押印があるもの
  4. 代理人(窓口へ出向いた方)の身分証明書代理人が申請する場合のみ
  5. 代理人(窓口へ出向いた方)の印鑑代理人が申請する場合のみ

以上の書類等が別途追加となります。
1は、マイナンバー制度により必要となりました。
2を受領する方が所有者以外の場合は、3の委任状が必要となります。
4、5は、お店に依頼をする場合や所有者本人が申請を行う場合には不要です。

車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

住所が異なる場合

  1. 発行日から3ヵ月以内のもの

以上の書類が別途追加となります。
1の住民票は、車検証記載の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がりが分かる住民票が必要となります。複数回の転入をされている場合は、繋がりの確認ができる複数枚の住民票(除票)、もしくは戸籍の附票(住所の変更履歴が記載された戸籍謄本の附票)が別途必要となります。

氏名が異なる場合

  1. 発行日から3ヵ月以内のもの

以上の書類が別途追加となります。
1の戸籍謄本は、車検証記載の氏名から、現在の氏名(印鑑証明書の氏名)への変更が記載された戸籍謄本が必要となります。

▲ページの先頭へ