長崎県で古い車や多走行車など、いわゆる廃車を手放す時に、どこの業者に依頼するのが一番良いのか、そんな疑問を抱える方も多いと思います。

「初めてでも安心して廃車を依頼したい」

「一番高く買い取ってくれる業者は?」

「廃車手続きなどの費用はどの位かかるの?」

クルタウンでは皆さまの疑問にお答えすべく、実際にユーザーアンケートを調査会社に依頼し、長崎県のオススメ廃車買取業者をピックアップしました。

長崎県の廃車買取業者ピックアップ

カーネクスト(長崎県対応)

カーネクストは古い車、車検切れ、故障車、事故車など、廃車でも原則0円以上で買取り致します。廃車にかかる費用は一切無料!全国対応でレッカー引取り代無料、廃車手続きも無料で代行しています。カーネクストでは、・・・続きを見る

カーネクストの特徴

  • 廃車同然の車でも高価買取
  • 廃車手続きが完全無料
  • 不動車のレッカー引取料も無料
今すぐ無料査定!

長崎県の廃車買取業者の登録は68件です。長崎県の廃車買取業者は諫早市エリアにヤードを構えていることが多く非常に強化されているエリアとなりますが、松浦市や佐世保市などの長崎県北部は廃車買取業者が少なく引取り日程などにおいても相談が必要です。特に、事故車や故障車等の引取りで必要となるレッカー車を保有している廃車買取業者が少ないので必ず早めに確認するようにしておきましょう。
私たち「KuruTown(クルタウン)」では、長崎県の廃車買取を対応している業者さんをご紹介しております。お気軽にお問い合わせください。

長崎県の廃車買取業者一覧(0件)

お探しの条件に合う店舗・整備工場が見つかりませんでした。
条件を拡大して再検索下さい。

長崎県の廃車買取業者の特徴について

長崎県は離島などを含めて土地面積を有していますが、自動車を専門に扱っている業者はどこに集中しているかなど、業界に詳しくなければ知る機会はあまりありません。こちらでは、長崎県の廃車業者の特徴をご紹介します。

長崎県には3つの運輸支局があります。長崎市周辺など県央部は長崎運輸支局が、佐世保市周辺などの県北部は佐世保自動車検査登録事務所が、対馬市や壱岐市等の離島は厳原自動車検査登録事務所が管轄しています。廃車の手続きには必ず運輸支局へ行く必要がある為、手続きを行っている業者は、できるだけ運輸支局へ近い方が手続きに時間を割かず行うことができます。廃車依頼をする際に廃車手続きの手数料がかかる場合がある為、できるだけ運輸支局に近い業者さんを選ぶことがポイントです。

では、長崎県で廃車業者さんの多いところとはどこでしょうか。長崎県諫早市は、諫早中核工業団地があり、自動車メーカーの拠点が多く設けられています。自動車の廃車解体を行う業者は、引取り解体した自動車から取り出した部品や、バッテリーなどの部品をリサイクルやリユースして販売しています。製造工場へ調節販売を行うことで、中間マージンが発生していない為、買取額が高額になるこもとあるのです。

廃車でも海外へ輸出販売

廃車でも海外へ輸出販売

廃車といえば低年式(古い車)や多走行車(10万km以上)の車のことをいいますが、廃車は日本で販売されることは少なく、ほとんどの車が海外へ輸出されます。海外では故障しにくい日本車が大人気で、トヨタ車をはじめとして高値で売られています。特に商業車やトラックは商売ができる車(お金を生むことが出来る車)として高値で取引されているのです。廃車買取業者は、日本では値段が付かないような廃車でも海外への販売ルートを保有していることで買取ができるのです。

事故車や不動車はパーツとして販売

事故車や不動車はパーツとして販売

廃車買取業者の特徴として、不動車や事故車は自動車からパーツを取り外し、海外へ輸出販売されています。海外では日本車が大人気で毎年多くの中古車が輸出されていますが(年間約130万台程度)、日本でも自動車が故障することがあるように海外でも自動車が故障することがあり、その場合に必要となるのがパーツ(部品)なのです。日本車が海外へ輸出される台数が多くなればなるほどパーツ(部品)の需要も多くなるわけです。廃車買取業者は、自走ができる車は中古車として海外へ、そして不動車や事故車等はパーツとして海外へ輸出販売しているからどんな状態の車でも買取が出来るのです。

不動車は鉄・スクラップとして販売

不動車は鉄・スクラップとして販売

廃車買取業者は、中古車やパーツの海外輸出以外に鉄・スクラップとして販売されています。自走が可能な中古車は輸出されることが多いのですが、人気のない車の場合は、中古車としてもパーツとしても販売する事ができないため、鉄・スクラップとして資源の再利用を行っています。プレスといって自動車を四角く鉄の塊にしてから販売します。鉄・スクラップとして販売する場合は重量によって価格が異なり、重量が大きいほど値段は高くなります。したがって、不動車の場合でも重量が重い車は高値で買い取ってもらえる可能性があるのです。

長崎県の廃車買取、人気車種

長崎県の廃車買取業者は、一般ユーザーから買い取った車を鉄やスクラップとして販売したり、中古車や部品を輸出したりすることで利益を上げているため、廃車や事故車、故障車などでも高価買取をしています。
こちらでは、長崎県の廃車買取業者に高く売れる代表的な車種をご紹介致します。

ホンダ アコード

ホンダ アコード

古くなった車や走行距離が多い車は廃車買取業者によって鉄やスクラップとして資源の再利用がされます。アコードは海外輸出販売などは少ないため、売れる部品を取外して解体されます。しかし、ツアラーのグレードは高値で取引されていますので、車両コンディションが良いツアラーを売却される方は、査定をしてもらうときにグレードを必ず伝えるようにしましょう。

ホンダ シビック

ホンダ シビック

シビックで一番価値が高いグレードはタイプR。スポーツカーとしても大人気で、日本国内でも海外でも人気が高い車です。スポーツカーの輸入が盛んなニュージーランドでは修復歴がある車の輸入規制がありますのでコンディションが良い状態でなければなりませんが、非常に高値で取引がされています。シビックのAT車などに関しては、他の普通車と同様の価格のため買取価格はつかないことがありますが、陸運局での面倒な廃車手続きや、車両引取り費用などが無料でやってくれたりします。通常は、不動車の場合、引取りにレッカー費用がかかりますので、無料引き取りはありがたいですね。

トヨタ セルシオ

トヨタ セルシオ

日本の高級車として、トヨタの最高級車として人気があったセルシオは、海外輸出ではエンジンや、鉄スクラップなどの販売ができることで廃車買取業者によって買取をしてもらうことができます。4000ccの排気量ですので自走可能でも不動車でもある程度の査定額をつけてもらうことが期待できます。また、セルシオは純正でアルミホイールが付いているので、廃車買取業者に依頼する際にはそれもプラスポイントです。日本国内では買取価格が付きにくい車になりますので、セルシオを売却する際は廃車買取業者による査定をおすすめします。

トヨタ チェイサー

トヨタ チェイサー

チェイサーは、昭和年代から平成の時代に大人気の車で多くの流通台数があります。中古車として海外へも輸出されますが、同じトヨタ車であるハイエースやカローラ等と比較すると人気は低く、低年式かつ多走行車は解体業者によって引き取られるケースが増えてきました。しかし、ツアラーVの価値は未だに高く、日本国内でも高値で取引をされています。スポーツカーやターボ車を専門的に取り扱う業者も存在し、多走行車を取り扱う台数が多い廃車買取業者に情報が寄せられます。廃車買取業者であれば適正価格で買取りをしてもらえると思いますので一度問い合わせてみましょう。

長崎県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

  • 長崎ナンバー管轄:長崎運輸支局

    長崎ナンバー管轄区域
    長崎市、島原市、諫早市、大村市、雲仙市、五島市、南島原市、南松浦郡、西彼杵郡
  • 長崎ナンバー管轄:厳原自動車検査登録事務所

    長崎ナンバー管轄区域
    対馬市、壱岐市
  • 佐世保ナンバー管轄:佐世保自動車検査登録事務所

    佐世保ナンバー管轄区域
    佐世保市、平戸市、松浦市、西海市、東彼杵郡、北松浦郡

廃車業者の賢い選び方

長崎県で車が必要なくなったり、買い替えたりする際に、現在乗っている車を廃車にしようと検討している人もいるでしょう。長崎県で廃車を依頼できる業者は数多くありますが、損をしないように吟味して業者を選ぶことが大切です。

大半の人はどこに廃車を依頼しているのか

車を廃車にする際に、たいていの人はその車を購入したところで依頼するでしょう。新車で購入した車ならディーラーに依頼し、中古で購入した車なら中古車販売店に依頼する人が多いです。
また、買い替えをするために現在乗っている車を廃車にするのであれば、新しい車の購入先で依頼するケースもあります。いずれの場合もディーラーか中古車販売店に依頼する人が大半です。

しかし、廃車手続きの依頼先としてディーラーや中古車販売店を選ぶのは、決して賢い選択肢とはいえません。ディーラーに廃車手続きを依頼すると、2,3万円程度はかかってしまいます。故障や車検切れなどで動かせない車の場合には、7,8万円程度かかることも多いです。
中古車販売店の場合には、ディーラーよりは安く済む傾向にありますが、やはりお金がかかります。

廃車でできるだけお金をかけたくない人は、ディーラーや中古車販売店ではなく、他の業者に依頼することになるでしょう。例えば、行政書士事務所などで廃車手続きを受け付けています。行政書士事務所なら、比較的安い費用で済むため、ディーラーに依頼するよりは賢い選択肢かもしれません。

廃車手続きを依頼するのではなく廃車買取を依頼しよう

中古車としての売却が難しい車を手放す際には、廃車手続きをするしかないと思ってはいないでしょうか。実は、廃車予定の車は中古車とは別に売却可能です。廃車買取を専門に行なっている業者がいくつかあるため、そのような業者に買取を依頼しましょう。

廃車買取業者に買い取ってもらった場合には、お金を使って廃車手続きをしなくて済みます。廃車費用を節約したい人にとって、もっとも賢い選択肢です。
もちろん廃車買取であるため、古くてもボロボロになっていても全く問題ありません。不動車や故障車などでも買取対象です。ほとんどの廃車買取業者は、無料での引き取りに対応しています。その場合には、利用者側は一切お金がかかりません。

そして、廃車買取業者によっては、0円以上の買取を保証と明言しているところもあります。つまり、車の状態がいくら悪くても、断られることがないということです。逆に状態が良ければ、数万円程度の買取額になることもあります。

さらに、大半の廃車買取業者は、廃車手続きまで代行してくれるのが嬉しいところです。申込みをして車を引き渡したら、あとはもう何もしなくて済みます。
買取後は解体してパーツが再利用される仕組みです。状態が良い車なら、海外へ輸出されて使われる場合もあります。ただゴミになるのではなく、有効に再利用されるため、地球環境にも優しいです。

廃車買取業者も探してみると意外と多くあります。もし依頼先を迷うようであればこちらのランキングページを参考にしてみてください。