KuruTown(くるたうん)

兵庫県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

兵庫県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

兵庫県の廃車買取業者の特徴について

兵庫県は県域が南北に長く、近畿地方の府県において最大の土地面積となります。日本海に面する北部と、瀬戸内海に面する南部となり、兵庫県内の南北で別れるだけでも廃車業者の特徴は違います。

特に兵庫県北部での自動車の廃車を考えている方は、冬季になると日本海側気候の影響を受けて豪雪地帯に指定されることもあり、車を廃車する業者へは早めの相談が必要です。


また、2019年に播但連絡道路が通ったことで、北部の引取りも対応がしやすくなったことから対応できる業者が増えています。

兵庫県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:6件/1-6件目を表示

兵庫県の車検や各種手続き業者一覧(6件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 寿自動車整備

    寿自動車整備

    兵庫県姫路市西今宿3-8-11

    業種整備工場
    受付業務
    • 車検(引取り・納車可)
    • 点検・整備
  • 大英石油 株式会社

    大英石油 株式会社

    兵庫県神戸市長田区浪松町5-2-15

    業種ガソリンスタンド
    受付業務
    • 車検
    • 点検・整備
  • 行政書士西本守秀事務所

    行政書士西本守秀事務所

    兵庫県姫路市佃町19

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印
  • 創作ガレージ しげ

    創作ガレージ しげ

    大阪府吹田市山田西2-7-8

    業種整備工場
    受付業務
    • 車検(引取り・納車可)
    • 点検・整備
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 廃車の買取・引取り
  • 稔行政書士事務所

    稔行政書士事務所

    兵庫県神戸市須磨区緑が丘2-6-6-2

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印

兵庫県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

兵庫県には2つの運輸支局があります。運輸支局が遠い場合、廃車手続きも合わせて依頼すると、日数がかかったり、人件費がかさばり請求される場合があります。出来れば最寄りの運輸支局の周辺に買取業者がいないか確認してみましょう。


兵庫県内の管轄の分け方は、神戸市に兵庫陸運部があり、神戸市周辺から兵庫県北部からです。姫路市に姫路自動車検査登録事務所があり、姫路市周辺から兵庫県西部を管轄しています。運輸支局に近い廃車業者へ依頼すると、引取の費用や廃車手続きに行く手間がかからない為、廃車手数料を抑えて廃車依頼できる可能性がありますので確認してみましょう。

車両登録ごとの管轄の運輸支局

兵庫陸運部:神戸ナンバー

姫路自動車検査登録事務所:姫路ナンバー


兵庫県で多く廃車依頼のある車の特徴は

兵庫県で人気があり、中古車市場においても流通数の多いタイプというと、ミニバンといわれるボディサイズの大きいワンボックスカーになります。5ナンバーの規格におさまる車は少なく、ほとんどが3ナンバー規格の乗用車となっています。

Lサイズミニバンとは

ミニバンはミニと名称につく車両形状ですが、アメリカで販売されているバンにくらべてのミニサイズが由来と言われている車で、決して小型車ではありません。他府県では軽自動車規格のバンが人気という地域もありますが、兵庫県ではLサイズクラスのミニバンに人気があります。

ミニバンは、車室空間が広く取れることやアレンジ力の高さが好評で、海外では要人用の送迎車やタクシーとして利用されている車にもなっています。

兵庫県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

兵庫県にある廃車業者が、多走行車や低年式車、修復歴がある車でも買取が出来るのは何故なのでしょうか。

大手の中古車買取店では、走行距離が10万kmを超えていたり、年式が10年を経過していたり、過去に修復歴がある車の場合は、再販時にどうしても価値が下がってしまうため、買取がつけづらかったり、ついたとしても低い査定額になってしまうことがほとんどです。

ところが、兵庫県にある廃車業者はこのような状態でも買取をすることが出来ています。

販路拡大のオートオークション

兵庫県神戸市に中古車のオートオークション会場があります。オートオークション会場と神戸港・神戸空港は距離が近く利便性が良い為、車の仕入れを行う中古車業者は国内外を問わず訪れています。

オートオークション会場では、中古車買取店が個人ユーザーから買取り仕入れた車を出品し、利益を得ています。特に神戸市付近の車買取業者は、出品の為に仕入れに力を入れていることが多く、輸送費コストも抑えられるため買取価格も期待できるのです。

修復歴がある車でも、需要はある

中古車販売店の評価シートなどに記載されている修復歴車とは、どのような車のことかご存知でしょうか。事故車や修復歴があるというと自動車の骨格に関わる8つの個所のうち一つでも車が損傷し、修復またはパーツの交換をしている車のことです。

ただし、修復を行い走行が出来る状態になった車になりますので、国内では再販時事故歴がある車としてマイナス評価になり売却価格の7分の1程度に落ちることがあるものの、海外では中古車としての需要があり、売却できる確率も高くなっています。

兵庫県の廃車買取から人気の車種とは

兵庫県の廃車買取を行っている業者からの人気が高く、買取価格に期待が出来る車種はいくつかあります。中でも、オートオークション会場が近かったり、貿易港湾が近いこともあり、海外で人気の高い中古車が、兵庫県内の中古車買取市場でも人気が高いようです。

トヨタ ダイナトラック

トヨタ ダイナトラック
ダイナトラックは、ガソリン車とディーゼル車と共に廃車でも海外で人気の車になります。日本国内では既に多くの高年式のダイナトラックが流通しておりますので、低年式の車は値が付きにくいですが、海外では「金を稼ぐことができる車」としてダイナトラックは流通しています。したがって、エンジンなどの状態が良くなければなりません。トラックの場合は普通車と比べると修理代が高くつくことが多いため、エンジン不動の状態だと引取費用が掛かる場合があります。もし、エンジン不動の場合は引取り費用などについて廃車買取業者に事前に確認しておきましょう。

トヨタ タウンエースノア

トヨタ タウンエースノア
平成8年頃から販売されたタウンエースノアは、ガソリン車のSR40G/SR50G、そしてディーゼル車のCR40Gと共に海外で人気が高い車種です。海外では4WDよりも2WDの方が高値で取引されています。廃車買取業者は中古車として海外へ輸出していますので、故障して不動車になった場合などは買取価格が大きく下がってしまいますので、タウンエースノアの売却を検討されている方は、故障する前に売却することをおすすめします。また、タウンエースノアと同じくライトエースノアも査定額に大きな変わりはありません。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア
令和の時代になりヴェルファイアの販売が中止されることがトヨタより発表されました。ヴェルファイアは2008年頃より販売が開始され若者をはじめとして高い人気がありました。特に、ZGエディションのグレードは日本での初年度登録が1年落ちの車は、東南アジアへの輸出販売価格が新車を上回ることでも有名です。日本国内でもまだまだ需要があるヴェルファイアですが多走行車の場合は相場もずいぶんと下がってきました。しかし、多走行車や低価格の車両を取り扱う事業者とネットワークを保有しているのが廃車買取業者です。廃車買取業者には毎月多くの多走行車の車が入庫します。したがって、日本国内の販売を主たる事業としている事業者も廃車買取業者との取引を行っているため、ヴェルファイアを売却検討している方で多走行車の場合は廃車買取業者に相談してみるとよいでしょう。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ
オデッセイは、廃車買取業者で引き取られた後に解体業者によって部品が取り外され、鉄スクラップとして資源の再利用になります。年式によってタイプがいくつかに分かれますが、アブソルートのグレードはMタイプやLタイプのグレードより少し価値が高いため、廃車買取業者に査定をしてもらうときはグレードがアブソルートであることを伝えましょう。解体業者の買取価格は、車両重量が大きいほど高値が付きますので、オデッセイは他の普通車と比較すると高値で買取りをしてもらえる車です。低年式、多走行車の場合は中古車として流通することは少ないと思いますので、自走可否や車両コンディションによって価格の変動はほとんどありません。

兵庫県で廃車するときのポイントは廃車業者選び

兵庫県で今後車の廃車予定がある方にとって、失敗せずに廃車をするために大切なポイントは廃車業者選びです。

廃車業者の選び方を間違えると、買取金額が高くついたと思ったのに、廃車手数料が買取価格から引かれてしまうことで廃車買取価格が一気に下がってしまうようなことが起こりかねません。このようなことが起きないように、廃車業者選びは慎重に行う必要があるのです。

値引きのカラクリに注意

廃車業者次第で、廃車に必要な手数料がかかるかどうかは異なります。車の買い替えや乗り換えの度に、毎回ディーラーに依頼するという方も多いでしょう。乗り換えであれば、次の車の購入時に下取り分値引してもらうことが出来ます。

しかし、免許の返納などで、車に乗る機会がなくなり、乗り換えではなく廃車のみ行う場合は値引きする車両がありません。

ディーラーでは廃車の処理を自社で行っているところはほとんどないため、廃車に費用がかかることが予想され、廃車手数料を請求されてしまう可能性があるので注意が必要です。

廃車専門業者に依頼すると安心

廃車の解体や、引取作業、手続きの代行を自社で行うことが難しい業者の場合、廃車費用がかかる可能性が高くなります。

それは、廃車依頼を受けた業者がさらに他の業者に発注を出すため、外部に依頼する分マージンが発生することで起きてしまうものです。そのため、廃車を専門に行っていて、自社で廃車の引取りから、解体、手続きの代行までのすべてを一貫して行うことが可能にな業者をおすすめします。


外部発注が発生しない分、買取に還元できる可能性もあり、買取額UPにつながる可能性もあります。

兵庫県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る