KuruTown(くるたうん)

石川県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

石川県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

石川県の廃車買取業者の特徴について

石川県は日本海に面しており、冬季は季節風の影響を大きく受けます。県南部の加賀地方は西側に日本海の直線的な海岸線が続いており、東側には両白山地の山々が重なっています。

石川県では、冬季は気温が低くなり降雪量も多いことから、路面凍結や積雪で道路状況が悪化しやすくなってしまう傾向があります。したがって、クルマの故障に繋がる影響も多くなっているようです。


こちらでは石川県の廃車業者の特徴をご紹介します。

石川県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:2件/1-2件目を表示

石川県の車検や各種手続き業者一覧(2件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • エサカ車検

    エサカ車検

    石川県金沢市駅西新町2-12-15

    業種ガソリンスタンド
    受付業務
    • 車検(引取り・納車可)
    • 点検・整備

石川県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

石川県内にある運輸支局は1つのみとなっています。石川運輸支局が石川県全域を管轄しています。

石川県で廃車手続きを行う場合には、金沢市内にある石川運輸支局で行う必要があります。石川運輸支局に近い金沢市周辺にある廃車業者であれば、引取り費用などの運送費用や廃車手続き代行手数料などの費用を抑えることができる可能性が考えられます。


廃車業者を選ぶポイントとして、金沢市周辺の廃車業者で考えてみてはいかがでしょうか。

石川県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

石川運輸支局:石川ナンバー、金沢ナンバー


石川県で廃車する車の特徴

雪が多く降る地域など、積雪などの影響を受けた道路は、除雪をされていても足を取られて滑りやすくなってしまいます。

そのため、前後の駆動を分けて滑りにくいようにしている4WD車や重量があり滑りにくくなっているSUV車などが石川県の中古車買取市場では人気の高い車種となっています。

4WDやSUVで人気の車種

石川県の中古車市場や廃車市場をみてみると、4WDやSUVの流通数がとくに多い傾向があります。4WDのなかではトヨタのアルファード、SUVのなかではトヨタのハリアーなどがとくに人気が高くなっているようです。

ほかには、石川県では公害のベッドタウンから金沢市内までの通勤でクルマを使用しているという方も多く、燃費の良いコンパクトカーやハイブリット車などのの人気も高い傾向があります。石川県の中古車市場で人気のクルマはどれも、日本国内だけではなく海外でも人気の高い車種となっています。

石川県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

石川県にある廃車業者が車を高く買い取ることが出来る理由は2つあげられます。

廃車業者にとって、買取査定が高くなるかどうかのポイントは、そのクルマをどのようにリサイクルすることが可能かという点が重要となってきます。したがって、リサイクルできるパーツが多いほど良いですし、そのパーツを流通する販路先が多いほど良いでしょう。

中古車オートオークション会場での再販が出来る

石川県には北陸のオートオークション会場があります。

オートオークション会場とは、自動車の販売および買取を行う業者が自動車を売買する会場で業者のみの会員制の自動車オークション会場のことです。

石川県のオートオークション会場には、北陸地方全域の車販売業者が訪れるということもあり、引き取りした使用済自動車をオートオークション会場で利益を得ているケースが多いようです。オートオークション会場がある加賀市や白山市の廃車業者ではとくに、仕入れのために高価買取を行う可能性が高くなっているようです。


廃車業者を選ぶポイントとして、オートオークションへの販路も持っている業者を探すというのもひとつの良いポイントといえるのではないでしょうか。

日本国内だけではなく海外への輸出ルートも

廃車業者は基本的に引き取りを行ったクルマは丁寧に解体を行い、リサイクルパーツやリビルトパーツ、もしくは鉄・スクラップなどとして再販を行います。

したがって販路を多く持っている廃車業者の方が買取価格を付けてもらえる可能性は高くなります。使用済自動車のリサイクルパーツやリビルトパーツ、鉄・スクラップは石川県内に限らず日本全国もしくは海外への輸出を行っている廃車業者も多く存在します。

リサイクルパーツやリビルトパーツはとくに修理部品として使用されることが多いので、なかには廃盤となっているものなどもあり、そういった車種でも人気の車種は期待以上の買取価格を付けてもらえる可能性なども十分にあるのです。

石川県の廃車買取から人気がある車種とは

石川県の廃車買取業者から人気があり、高い買取査定が付きやすくなっているクルマの共通点は広い室内空間や広い荷室が特徴のミニバンタイプやライトバンタイプ、ステーションワゴンタイプなどの自動車となっています。なかでも世界中でとても高い人気と評価を誇り続けているトヨタ自動車のクルマの流通数が多くなっているようです。

トヨタ セルシオ

トヨタ セルシオ
廃車買取業者が高く買取りができる車は、排気量が大きい車や海外へ輸出できる車ですが、セルシオは4000ccと排気量が大きく、廃車買取り業者で買取りをしてもらうことができます。部品を取り外して海外へ輸出されることが多く、車両コンディションが悪くて部品が取れない場合でも、解体業者は鉄やスクラップでの販売をすることができるので買取りをすることができます。廃車買取業者は、部品の輸出業を行っている事業者や、解体業者とのネットワークを保有していますので査定を出すなら廃車買取業者がおすすめです。

トヨタ ノア

トヨタ ノア
タウンエースノアから進化したノアは平成13年頃から販売されています。トヨタヴォクシーと同様に2000ccの車で2WDと4WDがあり、低年式車や走行距離が多い車は海外輸出されることが多い車です。ノアは海外輸出される場合は2WDの方が需要は高く、4WDの場合は北海道などの積雪があるエリアにて取引がされることが多いです。最近では走行距離が多い場合は買取価格が低くなってきましたが、それでも大人気のノアですので廃車買取業者で査定額がつく可能性は十分あります。

ベンツ C200

ベンツ C200
ベンツC200は、右ハンドルと左ハンドルがあり、特に左ハンドルのベンツC200は高い人気があります。ベンツC200は日本車と比べても丈夫でエンジン関係は故障しにくい特徴があります。低年式の場合は電気関係の故障は多いものの外装や内装や丈夫です。海外で人気があるのも納得です。右ハンドルも左ハンドルもC200はエンジンコンディションが良ければ海外輸出されます。もし、故障車や不動車の場合は買取価格が大きく下がってしまいますので、車検切れなどで売却を検討されている方は早めの手放しをおすすめしております。

トヨタ サクシードバン

トヨタ サクシードバン
業務用で使用されていたサクシードバンの走行距離は277,000kmで、日本国内での再販は難しいほど多走行車でした。サクシードバンは海外輸出販売を行う業者に人気のある車両で、自走が可能であれば多少の傷やへこみがあっても高価買取をしてもらうことができます。こちらのサクシードバンを売却された方は複数の廃車買取業者に査定依頼を出してから売却先を決めたとのことでした。いくつかの廃車買取業者に問い合わせをして、買取価格や廃車手続き、引取り費用などを確認して決めることをおすすめします。

石川県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。


廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

石川県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る