KuruTown(くるたうん)

鹿児島県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

鹿児島県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

鹿児島県の廃車買取業者の特徴について

鹿児島県は、鹿児島湾を囲んだ地形になっています。県内に噴火活動の頻度が高い活火山が複数ある為、風が強い日は火山灰が降る地域もあります。自動車に灰が積もった状態で、洗車時に車体をこすってしまうと傷が残ってしまいます。

傷が入ってしまった車両は、錆やすかったりとマイナス評価がつきやすくなります。このように外装にトラブルがある車両を廃車するならどの廃車業者を選ぶと良いのでしょうか。

こちらでは、鹿児島県の廃車業者の特徴について詳しくご紹介します。

鹿児島県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:2件/1-2件目を表示

鹿児島県の車検や各種手続き業者一覧(2件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 行政書士 村尾克佳事務所

    行政書士 村尾克佳事務所

    宮崎県北諸県郡三股町大字餅原830-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 車検証再発行
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行

鹿児島県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

鹿児島県は2つ運輸支局があります。鹿児島市に鹿児島運輸支局があり、鹿児島市周辺や西表市などがこちらの管轄になっています。

奄美大島には奄美自動車検査登録事務所があり、奄美市と大島郡を管轄しています。廃車手続きを行うには、運輸支局に行く必要がある為、遠方の業者はまとめて手続きを行ったり、代行で手続きを依頼していることがあります。代行で外部へ依頼している場合は業者がすでに負担になっているため、廃車手続きの手数料が請求される場合があります。


どうしても運輸支局近くの廃車業者さんへ依頼することが難しい場合や、引取に来てもらえるエリア外で難しい場合は、手数料がいくらなのか確認してから依頼するようにしましょう。

鹿児島県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

鹿児島運輸支局:鹿児島ナンバー

奄美自動車検査登録事務所:奄美ナンバー


鹿児島県で廃車する車の特徴

鹿児島県は、県内で所有されている自動車保有台数の内訳のうち、貨物車が合計数に対して最も比率が高くなっています。貨物車の比率の高さでいうと全国で最も貨物車のシェアが高い県が鹿児島県なのです。

貨物車というと、大型トラックを含む普通貨物乗用車と、軽貨物車を含む小型貨物自動車になります。

鹿児島県を代表する人気の貨物車

鹿児島県で需要が高く人気の貨物車は、普通貨物乗用車であれば、日産のNV350キャラバンや、トヨタのハイエース、軽貨物自動車であれば、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴ、日産のNV100クリッパーとなります。トラックも人気ではありますが、屋根がある貨物部分にアレンジの利くワゴンやバンタイプに人気が集まっています。

鹿児島県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

鹿児島県を拠点とする廃車業者が、廃車の買取査定をした時に高く買い取ることが出来るのは何故でしょうか。廃車買取業者が買取査定で価格を高くつけることが出来る理由としては、買取後の車が部品や中古車として高く売却を出来る可能性が高いからです。

廃車買取を行った車をその後高く売る事が出来る理由について、こちらでご紹介します。

オートオークション会場で販路を拡充する

鹿児島県の姶良郡には中古車オートオークション会場があります。

オートオークションとは、業者が業者へ向けて出品しており、個人ユーザーのように車の乗り換えで探すだけではなく、パーツ取りやエンジンを探している人も車を見に来る為、自動車の内容によってはかなり高額で落札されることもあります。

個人から買い取って仕入れた車を、オークション会場付近の業者さんは出品してますので、仕入れの為に高額査定してもらえるこ可能性もあります。

傷がある車でも再販可能な販路がある

鹿児島県は地域性に含まれるものとして、降灰の影響を車が受けていることが多くなります。

火山灰によって、車体に傷がついている可能性も少なくありません。このように外装に傷がある状態の車や、塩害等で錆つきやすくなっている車でも、廃車を解体しリサイクルパーツとして活かすことが出来る販路をもつ廃車買取業者なら、買取後の販路が確保できているため、売却が可能となり買取を付けることが出来るのです。

鹿児島県の廃車業者から人気の高い車種

鹿児島県の廃車買取業者にとって人気の高い車にある共通点とは、どのようなものがあるのでしょうか。

鹿児島県では、商用車や商用貨物車に人気があります。営業車や運搬車としても利用が出来て、荷室のアレンジも出来るハッチバックタイプのビスタアルデオや、コンパクトカーではあるものの荷室を広く取っている日産のノートなども人気があり、買取も高くつきやすくなっています。

トヨタ ビスタアルデオ

トヨタ ビスタアルデオ
ワゴンタイプのビスタアルデオは東アフリカに輸出されることが多いため、低年式や多走行車でも廃車買取業者にとって買取りをしてもらえる車種でもあります。中古車として輸出する場合は輸出検査がありますので、車両コンディションや外装内装の状態、下回りの錆の状態など、一定基準をクリアした状態でなければならないのですが、日本国内には状態が良いビスタアルデオがありますので、大切に乗ってきた方は古い車でも買取り価格が付くのは嬉しいことだと思います。車の状態によって査定額は異なりますので、一度相談されることをおすすめします。

スバル レガシィツーリングワゴン

スバル レガシィツーリングワゴン
レガシィツーリングワゴンは、2000㏄~の排気量ですので故障車や事故車などの不動車でも廃車買取業者で買取りをしてもらうことができます。しかし、車両重量が大きな車に関しては不動車の場合レッカーでの吊り上げ作業が引取り環境によってはできない可能性があるため、事前に車両状況と駐車場所の環境を伝えておくことが必要です。レガシィツーリングワゴンのターボ車は、ノンターボ車よりも取外しできる部品が多くあるため少し高く買取りをしてもらうことができます。

日産 ノート

日産 ノート
平成14頃から製造販売されている日産ノートは、コンパクトカーとして人気が高く流通台数も非常に多い車種です。2WDと4WDのタイプがありますが、比較的2WDの方が人気がありますが、低走行、多走行車の場合は買取価格が付きにくく、できればコンディションが良く走行距離が多くなる前に売却されるのが一番おすすめです。もし、廃車同然となってしまった場合は、廃車買取業者に廃車手続き費用や、車の引取に来てもらう費用などを確認して、条件が良い廃車買取業者に依頼しましょう。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ
廃車買取業者にシエンタを買取してもらった方は、車買取専門店で廃車費用が約1万円ほどかかると言われて廃車買取業者の査定を出したとの事でした。低年式でありながら女性オーナーでしたので外装や内装は比較的綺麗な状態で、もう少し高値で売れると思われていましたが、海外での人気も限定的でしたので買取り価格としてはつきにくい状態でした。しかし、廃車手続き費用や引取り費用においては無料サービスでしたので廃車を決定されたとのことですが、廃車費用がかかる場合もあると思いますので、ディーラーなどで廃車費用がかかる車の場合は廃車買取業者の査定を受けてみるとよいでしょう。

鹿児島県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。

お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。


車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。

廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

鹿児島県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る