KuruTown(くるたうん)

熊本県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

熊本県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

熊本県の廃車買取業者の特徴について

熊本県は、九州地方の西側にあり、有明海に面しています。熊本県は南北に長い土地や天草諸島などに、居住区域が点々としているため車の廃車買取の業者も点在しています。

また、熊本県内で車を廃車する予定がある方に参考にしていただけるように、こちらでは熊本県の廃車業者の特徴をご紹介します。

熊本県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:2件/1-2件目を表示

熊本県の車検や各種手続き業者一覧(2件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 合志総合行政書士事務所

    合志総合行政書士事務所

    熊本県合志市御代志1656-250

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印

熊本県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

熊本市には熊本運輸支局があります。熊本県全域を管轄している運輸支局で、熊本県内で廃車の依頼を受けた業者はこちらの熊本運輸支局で手続きを行っています。

運輸支局との距離が遠方になる業者は、移動費や手間を考えて運輸支局付近の業者へ代行依頼していることもあります。

個人ユーザーから業者へ廃車の依頼をして廃車手続きまで一括で任せる場合は、運輸支局から距離がある遠方の業者に依頼すると廃車手続きに手数料がかかってくる可能性がありますので、廃車の依頼を行う前に手数料の確認が必要です。

熊本県の管轄の運輸支局

熊本運輸支局:熊本ナンバー


熊本県で廃車されている車の特徴

熊本県内での流通数が多く、廃車をよくされている車の特徴とはどんな車が多いのでしょうか。熊本県内は九州地方の中では福岡県に次ぐ自動車所有台数の多い県ですが、その中のシェアとして乗合車が他県に比べて割合が低くなっています。

乗合自動車とは、乗車定員11人以上の自動車で貨物自動車及び特殊用途自動車等以外の車の総称で、乗合バスや貸切バスのことです。熊本県ではバスの輸送人員自体が九州各地と比較しても少ないため、自家用車での移動をする人が多いことがわかります。

熊本県で需要のある代表的な車種

国勢調査での統計では、熊本市の目的地別の利用交通手段は自家用車のシェアが46.7%、二輪自転車のシェアが21.2%となっていました。都市部では二輪車による移動をする人も多い中、車を移動手段にする人から人気がある車両形状は、コンパクトで街乗りがしやすく勾配のある道にも強い、SUVやミドルサイズ以下のミニバンとなっています。

特に、トヨタのヤリスクロスやライズ、ホンダのフリードなどが新車販売でも人気が高くなっています。

熊本県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

熊本県内にある廃車買取業者が、廃車をより高い金額で査定することが出来ているのは何故なのでしょうか。

高く買取査定が出来ている2つの理由をこちらでご紹介します。

部品やリサイクルパーツを活かす

廃車業者は廃車買取を行った車を、引き取り後に解体しリサイクルできる部品や部材、金属素材などに分別します。リサイクルすることで再販が可能な部品は修理し、修理工場やメーカーへ売却することで利益を出すことが可能です。

特に事故による不動車や故障車の廃車予定がある場合は中古車買取店では査定がつきづらいのですが、解体後のリサイクルパーツの販路をもつ業者であれば、再販で利益が見込めるため高めの買取査定額をつけることが出来ています。

港からの海外輸出販路が強い

熊本市には熊本港があり、港からコンテナを使って海外輸出をしています。中古自動車や中古車パーツは海外の輸出ルートがあるかどうかが査定に大きな影響を与えます。

海外では今、国産車のパーツや部品の価値が上がっている為、故障車などの中古車買取では査定が付きづらい車も高額査定の可能性があるのです。海外で特に人気が高いハイエースやSUVは輸出販路がある業者が多いことから買取が高くなりやすい傾向にあります

熊本県の廃車買取業者から人気の車種は

熊本県の廃車買取業者から人気のある車種とは、どんな車があるのでしょうか。熊本県は、熊本港からの海外輸出販路が買取業者の査定にも大きく影響しています。そのため、海外で人気の高い車ほど需要も高く、廃車買取業者も買取査定を高くつけることで仕入れに力をいれています。

海外では、故障がしづらく、パーツもそろいやすいトヨタ自動車のクルマに人気があるため、トヨタのハリアーやダイナトラック、タウンエースノアなどは年式が古かったり、多走行でも買取がつきやすい車になっています。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー
平成12年頃より販売が開始したハリアーは、低年式車や多走行車でもアフリカなどで大人気の自動車で多く取引されています。また初年度登録が現在から7年落ちの車は東アフリカのケニアに輸出されることが多く、日本国内より高値で取引がされています。(税関の関係上、現在から7年落ちでなければなりません。)中古車の輸出人気ランキングでトップクラスに入るハリアーは、日本国内だけでなく海外でも流通が多いため中古部品の需要も高く、故障車や事故車などでも使える部品があれば高値で取引されています。年式が古いからといって車買取専門店では「0円査定」となったハリアーでも廃車買取業者では買取価格が付く可能性があります。

ベンツ S320

ベンツ S320
メルセデスベンツと言えばドイツ車ですが、海外でベンツS320は人気が高く特に左ハンドルは高値で取引をされています。日本で製造されたMade in Japanのブランド力が強いのでドイツ車のベンツでも高い人気があります。ベンツS320は、低年式や多走行車の場合、エアサスが故障している場合は修理費用が非常に高額になるので、エンジンやそのほかの部品で輸出販売されることが多く、買取価格に影響がありますのでエアサスが故障して車体が下がりきってしまう前に売却を検討しましょう

トヨタ ダイナトラック

トヨタ ダイナトラック
ダイナトラックは、ガソリン車とディーゼル車と共に廃車でも海外で人気の車になります。日本国内では既に多くの高年式のダイナトラックが流通しておりますので、低年式の車は値が付きにくいですが、海外では「金を稼ぐことができる車」としてダイナトラックは流通しています。したがって、エンジンなどの状態が良くなければなりません。トラックの場合は普通車と比べると修理代が高くつくことが多いため、エンジン不動の状態だと引取費用が掛かる場合があります。もし、エンジン不動の場合は引取り費用などについて廃車買取業者に事前に確認しておきましょう。

トヨタ タウンエースノア

トヨタ タウンエースノア
平成8年頃から販売されたタウンエースノアは、ガソリン車のSR40G/SR50G、そしてディーゼル車のCR40Gと共に海外で人気が高い車種です。海外では4WDよりも2WDの方が高値で取引されています。廃車買取業者は中古車として海外へ輸出していますので、故障して不動車になった場合などは買取価格が大きく下がってしまいますので、タウンエースノアの売却を検討されている方は、故障する前に売却することをおすすめします。また、タウンエースノアと同じくライトエースノアも査定額に大きな変わりはありません。

熊本県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。

まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。

車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。

廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

熊本県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る