KuruTown(くるたうん)

宮城県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

宮城県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

お急ぎください!!

10年前、10万キロ走行の車も売れるかも!?まずは無料査定へ!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

どんな車でも、0円以上の買取保証!!

レッカー・廃車手続き代行廃車費用が無料で、手間なく簡単に廃車!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

宮城県の廃車買取業者の特徴について

宮城県は都市部から郊外へ移動する際、交通機関を利用しての移動がいまだ困難なエリアが多くなっています。そのため、宮城県内全体として車の利用率が高く、通勤や通学など毎日の移動に、自家用車を利用する家庭が多くなっています。


そんな宮城県で、車の廃車を少しでもいい条件でするにはどうしたらいいのか、興味がある方も多いのではないでしょうか。こちらでは宮城県での廃車について、廃車業者の特徴などご紹介いたします。

検索結果:6件/1-6件目を表示

宮城県の車検や各種手続き業者一覧(6件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 株式会社 北整備

    株式会社 北整備

    あなたの愛車の整備はお任せください!

    どんな小さな車に関する悩みもご相談ください。経験豊かなメカニックが 親切丁寧に対応いたします。25名の従業員が点検整備、故障修理、事故修理、 鈑金塗装、その他を迅速な機動力をもって対応いたします。 品質に関するISO14001(車検)環境に…続きを見る

  • みとで行政書士事務所

    みとで行政書士事務所

    宮城県仙台市太白区西の平1‐10‐1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
  • 行政書士 かんの事務所

    行政書士 かんの事務所

    福島県福島市大森字北島44-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印
  • 遊佐行政書士事務所

    遊佐行政書士事務所

    宮城県大崎市古川小稲葉町10-22

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 住所変更
    • 車庫証明の申請等代行
  • 行政書士 てしろぎ事務所

    行政書士 てしろぎ事務所

    宮城県仙台市青葉区中央2丁目8-11

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行

宮城県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

宮城県は仙台市に宮城運輸支局があり、宮城県全域を管轄しています。苦竹インターチェンジが近く、遠方からも宮城運輸支局へ廃車業者は手続きに訪れています。


仙台市内にある廃車業者は比較的運輸支局に近いため、移動費用や人件費などの廃車手続きコストを抑えることができます。運輸支局に近い廃車業者を選ぶと、廃車手続き代行手数料などが低く抑えられていることが多いため、距離も業者選びの一つの目安となるでしょう。

宮城県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

宮城運輸支局:宮城ナンバー、仙台ナンバー


宮城県で廃車する車の特徴

宮城県は東は太平洋、西は奥羽山脈に面していて、県内のエリアが山間部と沿岸部に分かれています。

エリアごとに特性があり、最も人口の多い仙台市では、公共交通機関の終電の時間が早いことから、交通機関を利用せず自動車で通勤する人も多い為一世帯あたりの自動車保有台数が高くなっています。

道路環境に強いSUVが人気

宮城県では内陸部、沿岸部どちらも山または海に面している分、季節の影響を受けやすい地域です。特に冬季に入ると、降雪量が多く気温が低いため、道路横の積雪がたまりやすいことから路面凍結が起こることもあります。そのため県内の車買取市場では、走行安定性があり道路環境に適応力の高いSUVなどの走破性の高いオフロードカーが人気となっています。

宮城県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

宮城県内にある廃車業者のなかには、一定の条件を満たしていることで廃車買取査定において高く買い取ることができる業者があります。その高く買い取れる理由とはなんでしょうか。

廃車買取業者の立地条件が良い

宮城県は仙台市に仙台空港や仙台港があり、国内外の玄関口となっています。仙台塩釜港は自動車運搬船が入港している為、海外への輸出ルートを持つ中古車買取業者もこちらの港を車の輸出に利用しています。

日本の自動車メーカーの車は日本国内だけでなく海外でも認知度があがってきているため、年式が古く人気が下がってきている車でも、海外ではまだまだ人気が高かったり、走行距離や修復歴などの査定評価が日本と異なるため、低年式や過走行車、事故車であっても買取できる場合があるのです。

仙台市内の海外に輸出販路を持つ業者と、国内販路のある業者どちらにも査定してもらって比べることをお勧めいたします。

宮城県の廃車買取、人気車種

宮城県にある廃車業者から人気が高く、買取価格に期待することが出来る車の共通点とは、どのようなポイントがあるのでしょうか。


宮城県内の廃車業者の中でも、買取価格を高くつけることが出来る業者というと、海外への輸出ルートを持っている業者が多くなっています。そのため、国内では人気が下がりつつあった国産セダンが海外の需要が高いことから人気となっています。

ホンダのアコードとトヨタのセルシオは、ボディサイズや馬力は異なるものの、どちらも高級セダンとなっており内装も上質なものが使われているため、年式が古い車であっても、長く良い状態を保てている車が多くなっています。


国内では年式が古い車になると、中古車としての価値は一気に下がりますが、海外では走行可能であれば低年式車であっても、まだまだ中古車として利用されているため、海外輸出を行う業者では買い取りがついているのです。

ホンダ アコード

ホンダ アコード
古くなった車や走行距離が多い車は廃車買取業者によって鉄やスクラップとして資源の再利用がされます。アコードは海外輸出販売などは少ないため、売れる部品を取外して解体されます。しかし、ツアラーのグレードは高値で取引されていますので、車両コンディションが良いツアラーを売却される方は、査定をしてもらうときにグレードを必ず伝えるようにしましょう。

トヨタ セルシオ

トヨタ セルシオ
日本の高級車として、トヨタの最高級車として人気があったセルシオは、海外輸出ではエンジンや、鉄スクラップなどの販売ができることで廃車買取業者によって買取をしてもらうことができます。4000ccの排気量ですので自走可能でも不動車でもある程度の査定額をつけてもらうことが期待できます。また、セルシオは純正でアルミホイールが付いているので、廃車買取業者に依頼する際にはそれもプラスポイントです。日本国内では買取価格が付きにくい車になりますので、セルシオを売却する際は廃車買取業者による査定をおすすめします。

トヨタ チェイサー

トヨタ チェイサー
チェイサーは、昭和年代から平成の時代に大人気の車で多くの流通台数があります。中古車として海外へも輸出されますが、同じトヨタ車であるハイエースやカローラ等と比較すると人気は低く、低年式かつ多走行車は解体業者によって引き取られるケースが増えてきました。しかし、ツアラーVの価値は未だに高く、日本国内でも高値で取引をされています。スポーツカーやターボ車を専門的に取り扱う業者も存在し、多走行車を取り扱う台数が多い廃車買取業者に情報が寄せられます。廃車買取業者であれば適正価格で買取りをしてもらえると思いますので一度問い合わせてみましょう。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア
令和の時代になりヴェルファイアの販売が中止されることがトヨタより発表されました。ヴェルファイアは2008年頃より販売が開始され若者をはじめとして高い人気がありました。特に、ZGエディションのグレードは日本での初年度登録が1年落ちの車は、東南アジアへの輸出販売価格が新車を上回ることでも有名です。日本国内でもまだまだ需要があるヴェルファイアですが多走行車の場合は相場もずいぶんと下がってきました。しかし、多走行車や低価格の車両を取り扱う事業者とネットワークを保有しているのが廃車買取業者です。廃車買取業者には毎月多くの多走行車の車が入庫します。したがって、日本国内の販売を主たる事業としている事業者も廃車買取業者との取引を行っているため、ヴェルファイアを売却検討している方で多走行車の場合は廃車買取業者に相談してみるとよいでしょう。

宮城県内にある廃車業者の賢い選び方

宮城県内に拠点を置いている廃車業者へ、廃車を依頼する場合、業者選びは廃車をするときにどれだけお得に廃車ができるかどうかのポイントになります。

賢く廃車をするために大切な廃車業者選びのポイントについて、こちらでご紹介します。

廃車を専門に行う業者を選ぶことで費用を抑える

廃車には、廃車引き取りと廃車手続き、廃車解体の処理という3つの外せない工程が存在します。

その中でも、最も廃車費用がかかってしまう可能性があるとすれば、廃車を解体業者へ移動するためのレッカー費用でしょう。


車検が残っている車であれば、任意保険やロードサービスに加入していることもあり、事故等で動かない時も車の輸送に関しては保険を利用するなどが可能になっています。

ただし、車検が切れていて動かない状態の車を移動する場合、任意保険は先に切ってしまっていたり、ロードサービスの加入も契約を終えていることがほとんどとなるため、車を移動するには個別でレッカーを手配しなくてはいけません。

レッカーの費用は距離にはよるものの、不動車ですと10,000円から30,000円程度かかることも少なくありません。買取が50,000円ついたがレッカーが20,000円かかったので実質30,000円になったという方はかなり損をしてしまいますよね。


レッカー費用を抑えるには、レッカーを自社で保有していて費用がかからない業者など、引取費用がかからない業者を選ぶことが大切なポイントになってくるのです。

廃車手続きは専門の部署があるところを選ぶ

廃車手続きというと、運輸支局へ書類を持っていって処理をするだけと思われるかもしれません。

軽自動車の場合、所有者本人が廃車手続きをするなら認印の準備をしていれば、そこまで難しく感じず、ご自身で手続きをされる方もいらっしゃるでしょう。


ただし、普通自動車の場合、必要な書類は所有者の登録情報ごとに異なります。特に、車検証登録を最初に行ったのが数年前という方は、その期間に引っ越しをしていたり、ご結婚をされていたりすると必要書類が追加されていくため複雑になっていきます。

このような時に、時間がかかってしまうと廃車手続きが遅れてしまい受け取れるはずの還付金が減っていってしまうということもあるのです。


廃車手続きも合わせて依頼するなら、専門の部署を設けていて、必要な書類の案内をいつでも確認できるような業者を選ぶことをおすすめします。

宮城県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

お急ぎください!!

10年前、10万キロ走行の車も売れるかも!?まずは無料査定へ!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

どんな車でも、0円以上の買取保証!!

レッカー・廃車手続き代行廃車費用が無料で、手間なく簡単に廃車!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

廃車TOPに戻る