沖縄県の廃車買取
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取の実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用が無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続きが無料!

沖縄県の廃車買取業者の特徴について

沖縄県は沖縄島を含めていくつかの島で構成されています。沖縄都市モノレールが公共交通機関であるものの自動車利用率が高い為、車の廃車買取業者も島内に点在しています。では、廃車手続きを依頼するならどこへ連絡したらいいのかと不安になりますよね。こちらでは沖縄県の廃車業者の特徴をご紹介します。

沖縄県は、3つの運輸支局があります。浦添市にある陸運事務所は、沖縄島内を管轄している運輸支局です。宮古島市に宮古運輸事務所、石垣市に八重山運輸事務所があり、それぞれの島内を管轄しています。
廃車手続きは基本的に来所しなくてはできない手続きになります。島内の廃車業者さんで運輸支局に近いほど手続きが早く、手数料もかからずに廃車ができることもありお勧めです。

もし走行可能な状態の車で、海風などの影響やさびなどの影響も出ていない車両ならば、沖縄県にある中古車オートオークション会場近くの買取業者さんに査定に出すことをお勧めいたします。車の業者専門のオートオークションで、車種や状態でセリは上がり下がりあるものの、解体業者さんに廃車を依頼するよりも買取額が高額になる可能性もあります。
場所は中頭郡にあり、付近の業者さんは輸送費をかけずに出品できる為、仕入れに力を入れています。一度問い合わせてみて下さい。

廃車でも海外へ輸出販売

廃車でも海外へ輸出販売

廃車といえば低年式(古い車)や多走行車(10万km以上)の車のことをいいますが、廃車は日本で販売されることは少なく、ほとんどの車が海外へ輸出されます。海外では故障しにくい日本車が大人気で、トヨタ車をはじめとして高値で売られています。特に商業車やトラックは商売ができる車(お金を生むことが出来る車)として高値で取引されているのです。廃車買取業者は、日本では値段が付かないような廃車でも海外への販売ルートを保有していることで買取ができるのです。

事故車や不動車はパーツとして販売

事故車や不動車はパーツとして販売

廃車買取業者の特徴として、不動車や事故車は自動車からパーツを取り外し、海外へ輸出販売されています。海外では日本車が大人気で毎年多くの中古車が輸出されていますが(年間約130万台程度)、日本でも自動車が故障することがあるように海外でも自動車が故障することがあり、その場合に必要となるのがパーツ(部品)なのです。日本車が海外へ輸出される台数が多くなればなるほどパーツ(部品)の需要も多くなるわけです。廃車買取業者は、自走ができる車は中古車として海外へ、そして不動車や事故車等はパーツとして海外へ輸出販売しているからどんな状態の車でも買取が出来るのです。

不動車は鉄・スクラップとして販売

不動車は鉄・スクラップとして販売

廃車買取業者は、中古車やパーツの海外輸出以外に鉄・スクラップとして販売されています。自走が可能な中古車は輸出されることが多いのですが、人気のない車の場合は、中古車としてもパーツとしても販売する事ができないため、鉄・スクラップとして資源の再利用を行っています。プレスといって自動車を四角く鉄の塊にしてから販売します。鉄・スクラップとして販売する場合は重量によって価格が異なり、重量が大きいほど値段は高くなります。したがって、不動車の場合でも重量が重い車は高値で買い取ってもらえる可能性があるのです。

沖縄県の廃車買取、人気車種

沖縄県の廃車買取業者は、一般ユーザーから買い取った車を鉄やスクラップとして販売したり、中古車や部品を輸出したりすることで利益を上げているため、廃車や事故車、故障車などでも高価買取をしています。
こちらでは、沖縄県の廃車買取業者に高く売れる代表的な車種をご紹介致します。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

令和の時代になりヴェルファイアの販売が中止されることがトヨタより発表されました。ヴェルファイアは2008年頃より販売が開始され若者をはじめとして高い人気がありました。特に、ZGエディションのグレードは日本での初年度登録が1年落ちの車は、東南アジアへの輸出販売価格が新車を上回ることでも有名です。日本国内でもまだまだ需要があるヴェルファイアですが多走行車の場合は相場もずいぶんと下がってきました。しかし、多走行車や低価格の車両を取り扱う事業者とネットワークを保有しているのが廃車買取業者です。廃車買取業者には毎月多くの多走行車の車が入庫します。したがって、日本国内の販売を主たる事業としている事業者も廃車買取業者との取引を行っているため、ヴェルファイアを売却検討している方で多走行車の場合は廃車買取業者に相談してみるとよいでしょう。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

オデッセイは、廃車買取業者で引き取られた後に解体業者によって部品が取り外され、鉄スクラップとして資源の再利用になります。年式によってタイプがいくつかに分かれますが、アブソルートのグレードはMタイプやLタイプのグレードより少し価値が高いため、廃車買取業者に査定をしてもらうときはグレードがアブソルートであることを伝えましょう。解体業者の買取価格は、車両重量が大きいほど高値が付きますので、オデッセイは他の普通車と比較すると高値で買取りをしてもらえる車です。低年式、多走行車の場合は中古車として流通することは少ないと思いますので、自走可否や車両コンディションによって価格の変動はほとんどありません。

日産 サニー

日産 サニー

廃車買取業者がサニーを買取した後は、部品の一つ一つを丁寧に取外しパーツとして海外バイヤーに販売しています。海外バイヤーに販売ができるものは、エンジンやドアなどのパーツですので、ある程度の良いコンディションでなければなりません。もちろん、エンジンは動く状態で、外装に関しては大きな傷やへこみが無いのが理想です。しかし、低年式、多走行のサニーの場合、エンジンや外装コンディションに問題がある場合が多いと思います。車両状態によって査定額が異なりますので、廃車買取業者に問い合わせをして査定をしてもらうことをおすすめしております。

トヨタ ハイラックスサーフ

トヨタ ハイラックスサーフ

世界中で人気の高いハイラックスサーフ。令和になった今の時代においてもSUVは高い人気を誇ります。その中でもトヨタ車のSUVとして代表のサーフは、年式が新しければ日本国内での再販、そして低年式、多走行車は海外輸出される場合が多いです。気を付けておきたいのがレジャーなどで使用されることが多いので足回りの錆です。特に北海道や日本海側で走行されていたサーフは、足回りの錆が目立つケースが多く、その場合は大きな減額対象ともなります。これは、車買取専門店でも海外輸出業者でも同じです。売却をする前に下回りをできる限り洗浄しておくのも対策の一つです。

沖縄県の廃車業者一覧(1件)

1件中の1件目を表示

  • カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    カーネクスト

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴

    廃車買取の対応エリア 全国
    廃車手続き代行費用 無料
    廃車引取り/レッカー費用 無料

条件を変更して沖縄県の廃車買取業者を検索

沖縄県の廃車を行う運輸支局・自動車検査登録事務所

  • 陸運事務所:沖縄ナンバー管轄
    那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡
  • 宮古運輸事務所:沖縄ナンバー管轄
    宮古島市、宮古郡
  • 八重山運輸事務所:沖縄ナンバー管轄
    石垣市、八重山郡