KuruTown(くるたうん)

滋賀県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

滋賀県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

滋賀県の廃車買取業者の特徴について

滋賀県は、面積のおよそ6分の1を占めている琵琶湖の周辺にある盆地部分が住宅街となっており、居住地面積は狭く密度は高くなっています。そのため、住宅街の道路の道幅は狭くなっているところが多い傾向があります。

しかし京都府や三重県、福井県などと隣接しており、京都府や大阪府には電車1本で行くことも可能となっているなど、公共交通機関は比較的充実しているといえます。


では、滋賀県で廃車業者を利用する際に気を付けたいこととは?滋賀県で廃車手数料を少しでも抑えるコツとは?こちらでは滋賀県の廃車業者の特徴をご紹介いたします。

滋賀県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:2件/1-2件目を表示

滋賀県の車検や各種手続き業者一覧(2件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • (株)旭商会

    (株)旭商会

    京都府宇治市槇島町三十五23番地

    業種廃車専門店
    受付業務
    • 廃車
    • 廃車の買取・引取り

滋賀県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

滋賀県にある運輸支局は滋賀運輸支局のみとなっています。滋賀運輸支局は守山市にあり、滋賀県全域を管轄しています。

滋賀県で廃車手続きを行う場合には、この滋賀運輸支局で行う必要があり、滋賀県内の廃車業者はすべて滋賀運輸支局で手続きを行っています。


滋賀県内にはいくつかの廃車業者がありますが、滋賀運輸支局に近い廃車業者の方が廃車手続きにかかる手間や時間を省くことが出来る為、廃車手続き代行にかかる費用を抑えることが出来る可能性が考えられます。廃車業者の場所も、廃車依頼にかかる手数料を抑えるコツのひとつとなるでしょう。

滋賀県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

滋賀運輸支局:滋賀ナンバー


滋賀県で廃車する車の特徴

滋賀県では、小回りの利くサイズの軽自動車やコンパクトカーに人気が集まっている傾向があります。これは、滋賀県内の道路状況が大きく影響しているといえるでしょう。

では、滋賀県でとくに人気の高い軽自動車やコンパクトカーの車種とは?

軽自動車やコンパクトカーで人気の車種

滋賀県の中古車市場や廃車市場を見てみると、軽自動車やコンパクトカーなどの人気と需要が安定しているようです。

なかでも軽自動車ではスズキのワゴンRやダイハツのタントカスタム、コンパクトカーではトヨタのルーミーなどが人気上位にあげられます。

近年は軽自動車でありながらも、軽自動車とは思えないほどの室内空間にゆとりのある車種も多く、利便性に優れていることなども人気の理由となっているようです。軽自動車やコンパクトカーは、運転のしやすさなどからも老若男女問わず多くの支持を得ています。

滋賀県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

滋賀県にある廃車買取業者がクルマを高く買い取ることが出来る理由は2つあげられます。

廃車買取業者にとって買取査定額を付ける基準は、クルマの車種や状態はもちろん、そのクルマをどのようにリサイクルすることが可能かどうかのほか、そのクルマにかかる手間やコストによっても大きく左右します。

鉄・スクラップとしての再利用も

ボロボロのクルマや故障車、動かないクルマなどであっても、廃車買取業者であれば買取価格を付けてもらえることがあります。それは多くの廃車買取業者では、使用済自動車を鉄・スクラップとしての再利用も行っているからです。

クルマの車種や状態によっては、中古車本体としてや修理パーツとして再販されることもありますが、そのどちらもが難しい場合にはプレスされます。


プレスとは、使用済自動車を専用の機械を使って鉄の塊へとすることです。簡単に言えば、自動車をぺしゃんこにして再利用できる資源へと生まれ変わらせます。この自動車スクラップの工程は自動車リサイクル法に基づいて行わなければいけないことが定められています。

自社リサイクル工場の所有

廃車買取業者といっても各業者によって強みなどはさまざまです。滋賀県内にもいくつかある廃車買取業者のなかでも高値の買取価格を付けてもらいやすいのが、自社のリサイクル工場を持っている廃車買取業者です。

自社のリサイクル工場を持っている廃車買取業者であれば、クルマの引取りから解体、リサイクルやスクラップなどをすべて一貫して行えます。


逆に自社リサイクル工場を持っていない廃車買取業者であれば、クルマの解体を業務委託する必要があります。そうなるとその分の中間マージンなどが発生します。中間マージンはクルマの買取価格から引かれることがほとんどですので、結果的に買取提示額が下がってしまうことになるでしょう。

滋賀県の廃車買取から人気がある車種とは

滋賀県の廃車買取業者から人気があり、高い買取査定がつきやすい車の共通点とは?滋賀県の廃車買取市場を見てみると、世界的に人気の高いトヨタ車のほかに、やはりコンパクトカーの人気が高い傾向があります。

滋賀県の廃車買取業者に高く売れる代表的な車種をご紹介したいと思います。

トヨタ スターレット

トヨタ スターレット
スターレットのターボ車(グランツァV)は非常に価値が高く、特にマニュアル車は国内でも海外でも高値で取引されています。さらに市場での流通台数も多くないため希少価値もあります。低年式かつ多走行車でも販売価格は100万円を超える場合もあるほどです。スターレットグランツァV以外の車両は、人気は低くあまり高い金額で売却することができません。通常の普通車と同額の買取価格になるケースがほとんどだと思いますので、基本的には廃車になると思っておいた方が良いかもしれません。しかし、それでも世界のトヨタ、廃車は廃車買取専門店に査定を出してみましょう。

トヨタ スプリンター

トヨタ スプリンター
スプリンターは小型のセダンタイプとして海外でも人気があり、ドバイや東アフリカなどに中古車として、部品として輸出されています。スプリンターは既に製造が中止されているので日本国内で再販されるケースは少なく、ほとんどの車が海外へ輸出されています。エンジン状態によって査定額は大きく変わり、不動車の場合は廃車同然の車として扱われるため、故障する前にお手放しを検討するのがおすすめです。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン
排気量が2000cc~3000ccとさまざまなタイプやグレードにて販売されてきたトヨタクラウン。高年式のクラウンでは3500ccタイプも製造され販売されるなど、昔から現在まで高級車としての確固たる地位を守っています。クラウンは年式によってはエンジンなどが輸出されますが、海外で人気がないタイプのクラウンでも排気量が大きい場合(3000ccなど)、解体業者によって鉄やスクラップとして利益を得ることができるため、故障車や長期放置車両でも買取りをしてもらうことができます。廃車買取業者には解体業者のネットワークを保有しているケースが多いので一度相談されることをおすすめします。

日産 ノート

日産 ノート
平成14頃から製造販売されている日産ノートは、コンパクトカーとして人気が高く流通台数も非常に多い車種です。2WDと4WDのタイプがありますが、比較的2WDの方が人気がありますが、低走行、多走行車の場合は買取価格が付きにくく、できればコンディションが良く走行距離が多くなる前に売却されるのが一番おすすめです。もし、廃車同然となってしまった場合は、廃車買取業者に廃車手続き費用や、車の引取に来てもらう費用などを確認して、条件が良い廃車買取業者に依頼しましょう。

滋賀県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。

お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。

車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。


廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

滋賀県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る