KuruTown(くるたうん)

鳥取県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

鳥取県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

お急ぎください!!

10年前、10万キロ走行の車も売れるかも!?まずは無料査定へ!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

どんな車でも、0円以上の買取保証!!

レッカー・廃車手続き代行廃車費用が無料で、手間なく簡単に廃車!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

鳥取県の廃車買取業者の特徴について

鳥取県は、面積が約3507平方メートルと全国で7番目に小さい都道府県です。人口も約55万人と現時点では日本全国で最も少ない都道府県となっています。鳥取県内では移動手段として自動車を使用される方が多く、その分県内で廃車を考える方も多いと考えられます。

では、鳥取県で廃車を業者に依頼するにはどのようにしたら良いのか?廃車費用を少しでも抑えるコツとは?

こちらでは鳥取県の廃車業者の特徴をご紹介いたします。

検索結果:3件/1-3件目を表示

鳥取県の車検や各種手続き業者一覧(3件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 合同会社プロトオート

    合同会社プロトオート

    鳥取県の車のことなら当店にお任せください

    お客様のご希望ご要望に沿うよう、 出来る限り誠心誠意対応させていただきます。…続きを見る

  • 行政書士みしろ事務所

    行政書士みしろ事務所

    島根県松江市矢田町195-6

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車庫証明の申請等代行

鳥取県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

鳥取県内の運輸支局は、鳥取市にある鳥取運輸支局ひとつとなっています。鳥取運輸支局が鳥取県全域の管轄を行っています。鳥取県は東西に長く広い、日本海に面した県です。

鳥取運輸支局がある鳥取市は、東側の日本海側寄りに位置しており、鳥取県内でも場所によっては鳥取運輸局からかなりの距離があります。

したがって、廃車業者によっては鳥取運輸支局までの移動時間や手間がかかり、廃車手数料が発生してしまうところもあるようです。そういったことからも鳥取運輸支局に近い鳥取市周辺の廃車業者に依頼をすることで、廃車に関する手数料を少しでも抑えるコツとなるのではないでしょうか。


鳥取県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

鳥取運輸支局:鳥取ナンバー


鳥取県で廃車する車の特徴

鳥取県には貿易にも使われている境港と鳥取港があります。鳥取県内には海外への輸出ルートを持っている廃車買取業者も多く、海外での人気が高いハイエースバンやミニバンタイプの需要が高くなっているようです。

ハイエースバンやミニバンタイプで人気の車種

鳥取県内で廃車する車種の特徴をみてみると、トヨタのハイエースバンやアルファードなどのミニバンなどは、年式の古いものや走行距離がそこそこいっているものであっても、海外の中古車市場では十分に需要があります。

したがって、欲しがる廃車買取業者も多いことから高価買取が見込めます。鳥取県の中古車市場をのぞいてみるとそのほかには、トヨタのランドクルーザープラドやヤリスクロスなどのSUVタイプも人気が高くなっているようです。

鳥取県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

鳥取県にある廃車買取業者がクルマを高く買い取ることが出来る理由は主に2つあげられます。

廃車買取業者にとって買取査定額を付ける基準は、クルマの車種や状態はもちろん、そのクルマをどのようにリサイクルすることが可能どのような販路があるかどうかのほか、そのクルマにかかる手間やコストによっても大きく左右します。

使用済自動車は出来る限りのリサイクルを

廃車買取業者では引き取りした使用済自動車を出来る限りのリサイクルをすることで、買取価格を付けることが可能となっています。


使用済自動車というのはとても貴重な資源の塊だということをご存じでしょうか?

たとえばスクラップ寸前の使用済自動車であったとしても、鉄・非鉄などの金属部分を資源としてリサイクルすることが可能となっています。使用済自動車のリサイクルを行う工場は、自動車リサイクル法に基づき国に認可されている工場である必要があります。

また、使用済自動車のリサイクルには正規の国認定解体業の免許も必要となっています。国認定解体業の免許と自社リサイクル工場を持っている廃車買取業者であれば、余計なコストをカットすることができるため買取価格に還元しているところも多いようです。


そのような廃車買取業者であれば、車種やクルマの状態によっては高価買取も期待できるのではないでしょうか。

海外への輸出ルートがある

廃車買取業者がもつ販路として海外輸出ルートの有無はとても重要となってきます。

なぜなら、日本の中古車は海外での評価がとても高いこともあり、海外輸出ルートを持っている廃車買取業者であれば販路が広い分、高価買取が付きやすくなるからです。


廃車買取業者はリサイクルパーツなどを海外輸出することで、利益を得ているケースが多いのです。海外でも人気の高い日本車の特徴としては、軽トラック、ディーゼル車、人気オプションの付いているクルマ、悪路走破性の高いクルマなどがあげられます。

海外輸出ルートの有無は、各業者のホームページからも確認することが可能となっていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

鳥取県の廃車買取から人気がある車種とは

鳥取県の廃車買取業者から人気があり、高い買取査定が付きやすい車の共通点としては、運転しやすいコンパクトカーや広々とした室内空間でたくさんの人や荷物を載せることが可能なミニバンタイプとなっているようです。鳥取県の廃車買取業者に高く売れる代表的な車種をご紹介いたします。

日産 ノート

日産 ノート
平成14頃から製造販売されている日産ノートは、コンパクトカーとして人気が高く流通台数も非常に多い車種です。2WDと4WDのタイプがありますが、比較的2WDの方が人気がありますが、低走行、多走行車の場合は買取価格が付きにくく、できればコンディションが良く走行距離が多くなる前に売却されるのが一番おすすめです。もし、廃車同然となってしまった場合は、廃車買取業者に廃車手続き費用や、車の引取に来てもらう費用などを確認して、条件が良い廃車買取業者に依頼しましょう。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ
廃車買取業者にシエンタを買取してもらった方は、車買取専門店で廃車費用が約1万円ほどかかると言われて廃車買取業者の査定を出したとの事でした。低年式でありながら女性オーナーでしたので外装や内装は比較的綺麗な状態で、もう少し高値で売れると思われていましたが、海外での人気も限定的でしたので買取り価格としてはつきにくい状態でした。しかし、廃車手続き費用や引取り費用においては無料サービスでしたので廃車を決定されたとのことですが、廃車費用がかかる場合もあると思いますので、ディーラーなどで廃車費用がかかる車の場合は廃車買取業者の査定を受けてみるとよいでしょう。

トヨタ グランビア

トヨタ グランビア
グランビアはガソリン車(2700cc/3400cc)とディーゼル車(3000cc)があり、圧倒的に売却に有利なのはディーゼル車です。ガソリン車も中古車として海外へ輸出されていますし、パーツとしての流通もしていますが、グランビアのディーゼルエンジンの価値は高く廃車買取り業者によって高価買取されています。ガソリン車とディーゼル車の大きな違いは不動車の場合で、ガソリン車はある程度の車両コンディションが良くないと廃車同然の買取額になりますが、ディーゼル車は不動車でも高値が付きます。今、乗っている車のタイプによって早めに売却した方が良いかどうかを決めるのがよいです。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー
平成12年頃より販売が開始したハリアーは、低年式車や多走行車でもアフリカなどで大人気の自動車で多く取引されています。また初年度登録が現在から7年落ちの車は東アフリカのケニアに輸出されることが多く、日本国内より高値で取引がされています。(税関の関係上、現在から7年落ちでなければなりません。)中古車の輸出人気ランキングでトップクラスに入るハリアーは、日本国内だけでなく海外でも流通が多いため中古部品の需要も高く、故障車や事故車などでも使える部品があれば高値で取引されています。年式が古いからといって車買取専門店では「0円査定」となったハリアーでも廃車買取業者では買取価格が付く可能性があります。

鳥取県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。

お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。

この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。

車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。


廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

鳥取県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

お急ぎください!!

10年前、10万キロ走行の車も売れるかも!?まずは無料査定へ!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

どんな車でも、0円以上の買取保証!!

レッカー・廃車手続き代行廃車費用が無料で、手間なく簡単に廃車!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

廃車TOPに戻る