KuruTown(くるたうん)

富山県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

富山県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

富山県の廃車買取業者の特徴について

富山県は、日本海に面した沿岸部と飛騨山脈や立山といった山間部のエリアに分かれています。

レッカーや積載車などの運送費用や手数料など廃車費用はどのくらいかかるのか?富山県で廃車業者が多い地域とは?など廃車が初めての方は特に疑問や不安も多いのではないでしょうか?富山県では他府県に比べて中古車関連の工場や業者が少ないと思われている方もいるかもしれません。


こちらでは富山県の廃車業者の特徴をご紹介します。

富山県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:3件/1-3件目を表示

富山県の車検や各種手続き業者一覧(3件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 行政書士 宮田事務所

    行政書士 宮田事務所

    富山県魚津市六郎丸732-32

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
  • 横倉行政書士事務所

    横倉行政書士事務所

    富山県富山市つばめ野二丁目121番地

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行

富山県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

富山県にある運輸支局は1つとなっています。富山県全域を富山運輸支局が管轄しています。

富山県内唯一の運輸支局である富山運輸支局は富山市にあるため、富山市に近い廃車業者に依頼をすることで、レッカーや積載車での運送にかかる引取り費用や運輸支局まで手続きに行く手間などがかかりにくくなり、廃車にかかる手数料を抑えて業者に廃車依頼をすることができる可能性も考えられます。

富山県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

富山運輸支局:富山ナンバー


富山県で廃車する車の特徴

富山県には富山湾沿岸奥部の3つの港域によって形成されている伏木富山港があり、北陸工業地域と中華人民共和国、大韓民との交貿拠点となっています。

鉄・非鉄などの金属や国産車のパーツなどが海外で人気が上がっていることもあり、湾岸付近にヤードを設け中古自動車や中古部品を海外へと輸出している廃車業者も多くなっているようです。

オフロードカーで人気の車種

富山県に面した平野部では稲作や漁業が盛んとなっており、荷物の運搬や仕入れに使いやすい軽バンや軽トラックが重宝されているようです。実際に富山の中古車買取市場をみてみると、軽バンや軽トラックの人気が高い傾向にあります。

また、富山県の山間部では冬季の積雪が厳しい地域となっているため、オフロードカーなどの足回りの強い車種が需要が高く、トヨタのハイラックスやスズキのジムニーなどは年式がそこそこいっているとしても長年にわたり高い人気を誇る車種となっています。

富山県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

富山県にある廃車業者が車を高く買い取ることが出来る理由は2つあげられます。

廃車業者にとって買取査定額が高くなるかどうかのポイントは、人気や需要が高い車種かどうかどの程度再利用できるかどうかなどがあげられます。人気や需要が高いほど、クルマの買取後の再販利益が期待できるでしょう。

海外への輸出が盛んに行われている

富山県には交貿拠点となっている伏木富山港が、高岡市、富山市、射水市にわたる位置にあります。


伏木富山港は、港湾法上の国際拠点港湾、港則豊穣の特定港に指定されているほか、日本海側拠点港のうち総合的拠点港と部門別では国際海上コンテナ、国内フェリー・国際RORO船、外航クルーズの3部門に拠点港にも指定されています。

廃車引き取りしたクルマをこの伏木富山港から海外へと輸出して再販している業者も多く、伏木富山港付近にヤードを設けている整備工場やディーラーなどが多く存在しています。


富山県内だけでは限られてしまう販路が海外輸出ルートも持つことにより、車両価値をあげることができるため、買取査定金額も上がる可能性が期待できるのです。

鉄・スクラップとしての再利用も

富山県の廃車業者のほとんどが、クルマの引取り後は丁寧に解体を行い、パーツや鉄・非鉄などの金属素材に分けます。そしてリサイクルパーツや鉄・スクラップとしての再利用を行います。

人気や需要がそれほど高くないものや年式がかなり古い車などは基本的に鉄・スクラップなどの資源として再利用されることが多くなっています。

したがって、故障車や動かないクルマであっても買取価格が付く場合も十分にあるのです。鉄・スクラップの価格は重量で決められているため、重量が重い車ほど鉄・スクラップなどの資源としての価値があるといえるでしょう。

故障車などであっても廃車買取業者に買取依頼をすることで、価格を付けて買い取ってもらえるかもしれません。

富山県の廃車買取から人気がある車種とは

富山県の廃車買取業者から人気があり、高い買取査定がつきやすい車の共通点はトヨタ車となっています。

トヨタ自動車は海外でもかなり評価が高く、世界のトヨタといわれているほどの信頼性を誇っています。

なかでもグランビアやハリアーなどのミニバンやクロスオーバーSUVのタイプは日本国内外で需要があり、多くの注目を集めているようです。このようなタイプの車種であれば、より高価買取が期待できるでしょう。

トヨタ グランビア

トヨタ グランビア
グランビアはガソリン車(2700cc/3400cc)とディーゼル車(3000cc)があり、圧倒的に売却に有利なのはディーゼル車です。ガソリン車も中古車として海外へ輸出されていますし、パーツとしての流通もしていますが、グランビアのディーゼルエンジンの価値は高く廃車買取り業者によって高価買取されています。ガソリン車とディーゼル車の大きな違いは不動車の場合で、ガソリン車はある程度の車両コンディションが良くないと廃車同然の買取額になりますが、ディーゼル車は不動車でも高値が付きます。今、乗っている車のタイプによって早めに売却した方が良いかどうかを決めるのがよいです。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー
平成12年頃より販売が開始したハリアーは、低年式車や多走行車でもアフリカなどで大人気の自動車で多く取引されています。また初年度登録が現在から7年落ちの車は東アフリカのケニアに輸出されることが多く、日本国内より高値で取引がされています。(税関の関係上、現在から7年落ちでなければなりません。)中古車の輸出人気ランキングでトップクラスに入るハリアーは、日本国内だけでなく海外でも流通が多いため中古部品の需要も高く、故障車や事故車などでも使える部品があれば高値で取引されています。年式が古いからといって車買取専門店では「0円査定」となったハリアーでも廃車買取業者では買取価格が付く可能性があります。

ベンツ S320

ベンツ S320
メルセデスベンツと言えばドイツ車ですが、海外でベンツS320は人気が高く特に左ハンドルは高値で取引をされています。日本で製造されたMade in Japanのブランド力が強いのでドイツ車のベンツでも高い人気があります。ベンツS320は、低年式や多走行車の場合、エアサスが故障している場合は修理費用が非常に高額になるので、エンジンやそのほかの部品で輸出販売されることが多く、買取価格に影響がありますのでエアサスが故障して車体が下がりきってしまう前に売却を検討しましょう

トヨタ コロナプレミオ

トヨタ コロナプレミオ
ディーラーや車買取専門店で、0円査定と言われたが廃車買取業者で査定をしてもらったところ数万円の査定額が付いて即決して売買契約をしたとの事でした。コロナプレミオは東アフリカなどで非常に人気が高く、中古車として輸出台数も多いですが既に海外で登録されているコロナプレミオも多いので部品としての需要も高く、自走の可否問わず海外に輸出される人気車種です。コロナプレミオの廃車を検討されている方は、車買取専門店では査定額が付かないと思いますので、廃車買取業者の査定に出してみましょう。

富山県の廃車業者の賢い選び方とは

初めて廃車をする方は廃車業者を選ぶ時に、その廃車業者次第で廃車に手数料がかかり、損をしてしまう可能性があることをご存知ないかもしれません。お手軽に面倒な手続きを任せることが出来る業者をと選んでみたら、思った以上に廃車手数料がかかってしまい驚いたという方もいらっしゃるでしょう。


こちらでは、廃車業者を賢く選んで、廃車の費用をかけず、さらにお得に廃車するために、賢い廃車業者選びのポイントを二つご紹介します。

廃車の工程を一貫で出来る業者を選ぶ

廃車には、車本体の引取りと廃車の解体処理、そして廃車の書類手続きといった3つの工程が必須となっています。

廃車を完了するまでに必要な工程にかかる費用は、実は廃車業者次第で異なります。この場合、廃車の引取りと廃車の解体、廃車手続き代行まですべて自社で一貫して行うことが出来る廃車業者なら、廃車を他社に外注することで発生することがないため廃車費用を抑えることが出来るのです。


もしもディーラーへ廃車の下取りを依頼した場合、廃車する車には中古車としての価値がなければ下取りはつかず、廃車引取り、廃車解体、廃車手続きはすべて外部発注になる可能性もあるため、廃車を依頼するユーザーに負担となる可能性が高いのです。


廃車専門の業者であれば、すべての工程を自社で一貫して行うことが出来る設備や輸送用のトラック、廃車手続きの専門部署を設けている業者もいます。まずは廃車専門の業者に見積もりを聞いてみることをおすすめします。

廃車することで受け取れる還付も忘れずに

廃車業者選びのポイントの二つ目は、廃車すると発生する還付金を廃車業者から受け取ることが出来るかどうかです。

車検が残っている車で、乗る機会が無くなってしまい廃車をすることにした場合、4月から3月までの年度内の廃車なら2月末までに廃車手続きを完了していれば普通自動車のみですが、自動車税の還付があります。

また、車検が残っている車は強制保険で必ず加入している自賠責保険の返戻金や、車検を通す前に支払っている重量税は車検途中で廃車すると還付を受け取ることが出来ます。


廃車業者の中には、この還付を買取金額に含めて提示するところもありますが、何も伝えずに車検が残っている車なのに下取りや、買取査定の金額が少なかったりつかないという業者もあるのです。廃車業者に見積もりを聞くなら、必ず還付について問い合わせるようにしましょう。

富山県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る