KuruTown(くるたうん)

山形県の廃車買取業者を紹介。
廃車費用をかけずに高く車を買取ってもらいましょう。

山形県の廃車買取なら、
どんな状態の車でもOK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 廃車や事故車など、
    他社で「0円査定」の車でも
    高価買取実績あり!
  • 故障車や車検切れなど、
    不動車等どんな状態の車でも、
    レッカー引取費用無料!
  • 陸運局での面倒な手続き、
    相続関係の複雑な手続き、
    廃車手続き無料!

山形県の廃車買取業者の特徴について

山形県は日本海に面した庄内地方、内陸部の最上地方と村山地方、そして県南の内陸部ににある置賜地方があります。

米沢市内の吾妻山から源を発する最上川は、県内を北に流れて酒田市から日本海へと注がれています。

最上川流域に居住区域があり、日本海沿岸部と内陸部では気候や地質が異なるため、自動車関連でも人気があり需要が高い車が異なっているため、廃車業者の数や、買取価格査定にも差が出ています。


こちらでは、山形県の廃車業者の特徴についてご紹介します。

山形県で廃車するなら廃車買取業者にお任せ!

無料査定はコチラ

検索結果:2件/1-2件目を表示

山形県の車検や各種手続き業者一覧(2件)

  • カーネクスト

    カーネクスト

    全国対応可能な廃車買取、廃車引取サービスならカーネクストへ!

    当社にて廃車をお任せいただけると、引取手数料、書類代行手数料ともに0円の無料にて対応致します。また、買取が可能な車両に対しては買取金額をお付けして買取も致します。もちろん、車検が残っている車両の場合は、車検の残りに含まれる自賠責保険や自動車…続きを見る

    カーネクストの特徴
    廃車買取の対応エリア 廃車手続き代行費用 廃車引取り/レッカー費用
    全国 無料 無料
  • 行政書士 かんの事務所

    行政書士 かんの事務所

    福島県福島市大森字北島44-1

    業種行政書士事務所
    受付業務
    • 名義変更
    • 廃車
    • 住所変更
    • 車検証再発行
    • 氏名変更
    • ナンバー変更
    • 車庫証明の申請等代行
    • 出張封印

山形県の廃車手続きを行う運輸支局・自動車検査登録事務所

山形県には、2つの運輸支局(山形運輸支局、庄内自動車検査登録事務所)があります。内陸部では県南側にある山形運輸支局が管轄しています。

また、日本海側では庄内自動車検査登録事務所が管轄しており、双方から近いところにある自動車整備工場や車買取店舗では、近隣の為に手続きにかかる移動費が抑えられることから、廃車の手数料も抑えることができている場合が多くなっています。

山形県の車両登録ごとの管轄の運輸支局

山形運輸支局:山形ナンバー

庄内自動車検査登録事務所:庄内ナンバー


山形県で廃車する車の特徴

山形県は気候に特徴があり、東北地方の中でも降雪量が多い地域ではあるものの冬場は温暖で、積雪があってもすぐに解けることから積雪による道路への対策をとった車よりも、融雪後の路面凍結で滑りやすくなる路面環境に対策がとれている車に需要があるようです。

山形県で廃車されている車種

山形県は移動手段に公共交通機関ではなく車を利用する人の多い車社会で、車の需要が高くなっています。

人気の高い車種というと、勾配のある道路環境や冬季の路面凍結対策になる足回りが強いSUVで、トヨタのハリアーやスバルのフォレスター、スズキのジムニーが上位に並んでいます。

山形県の廃車業者が車を高く買い取れる理由

車社会の山形県では、車需要自体が高いため回転率も高く、廃車業者が買い取っている車は走行可能なら県内での中古車販売店で次のユーザーに売却されていくことが多くなっています。

ただし、年式が古かったり多走行であった場合は買取がつきづらいため、業者の選び方次第で高く買い取るところと、買取が出来ない業者に分かれてきます。


こちらでは、山形県の廃車業者が低年式車や多走行車を高く買取が出来ている理由についてご紹介します。

オークションによって販路を拡大

山形県の天童市には業者のみが参加することが可能な中古車オートオークション会場があります。


近隣だけでなく県外や海外からの車に関わる業者が参加するオートオークションのため、中古車販売店だけでなく遠方の個人ユーザー向け小売り業者も仕入れに訪れています。

参加する県内の中古車販売店が車需要が高いため、まだまだ走行可能な軽自動車やSUVを探しています。


また、低年式多走行車などは中古車販売店では再販が難しいことも多いものの、修理用部品どり車などを探している廃車業者から人気があり入札がありますので、出品している買取業者はあらゆる車を買取することが出来るのです。

海外輸出の拠点となる酒田港がある

山形県は日本海側に面していて県北部の酒田市には、山形県唯一の重要港湾である酒田港があります。

酒田港は国際貿易港としてコンテナ輸出なども行われており、中古車輸出だけでなく、廃車業者が解体後取り出した中古車部品や金属素材なども輸出の対象となっています。

そのため、動かない車やボロボロの車でも輸出の販路をもつ廃車業者ではリサイクル部品として売却が出来るため買取が出来ています。

山形県の廃車買取業者で人気がある車種は

山形県内の中古車買取業者から人気がある車と、廃車買取業者から人気のある車は異なります。

中古車買取業者では基本的に車としての再販が見込める車に対して買取が付きます。買取額は、再販時に必要な諸経費を差し引いたものになるため、自社で整備や点検、車検業務を行うことが出来る中古車買取業者が買取がつく傾向になります。

また、廃車買取業者で買取が付きやすい車というと、海外で人気があり知名度も高いトヨタ自動車のクルマに人気が集まっている傾向にあります。

特に海外で商用車としても人気の高いトヨタのセダンやミニバンは良い査定結果になりやすい車となっています。

トヨタ ノア

トヨタ ノア
タウンエースノアから進化したノアは平成13年頃から販売されています。トヨタヴォクシーと同様に2000ccの車で2WDと4WDがあり、低年式車や走行距離が多い車は海外輸出されることが多い車です。ノアは海外輸出される場合は2WDの方が需要は高く、4WDの場合は北海道などの積雪があるエリアにて取引がされることが多いです。最近では走行距離が多い場合は買取価格が低くなってきましたが、それでも大人気のノアですので廃車買取業者で査定額がつく可能性は十分あります。

トヨタ チェイサー

トヨタ チェイサー
チェイサーは型式(タイプ)によって人気が異なり、一番人気のツアラーVはターボ車になります。ノンターボ車のツアラーSやアバンテとなると海外での人気が少なく価格はあまりう付きません。しかし、ツアラーVは非常に高い金額で取引されていますので高価買取が期待できます。ノンターボ車の場合は、自走可否を問わず解体業者による買取が行われていますので、車検切れの車でも長期放置の車でも故障車でも引取りをしてもらうことができます。

トヨタ コロナプレミオ

トヨタ コロナプレミオ
ディーラーや車買取専門店で、0円査定と言われたが廃車買取業者で査定をしてもらったところ数万円の査定額が付いて即決して売買契約をしたとの事でした。コロナプレミオは東アフリカなどで非常に人気が高く、中古車として輸出台数も多いですが既に海外で登録されているコロナプレミオも多いので部品としての需要も高く、自走の可否問わず海外に輸出される人気車種です。コロナプレミオの廃車を検討されている方は、車買取専門店では査定額が付かないと思いますので、廃車買取業者の査定に出してみましょう。

トヨタ コロナプレミオ

トヨタ コロナプレミオ
昭和年代のトヨタを支えたセダン車であるコロナ。最近でも旧車を好む方々の中では人気のある車です。通常は、廃車同然の車となったコロナは部品取りされパーツとして海外へ輸出されたり、コンディションが良い車は東アフリカなどの国に輸出されています。高額で売却できるとまではいかないものの、状態が良くても悪くても比較的価格が付きやすい車種ですので、車検切れで長期間放置されている車やタイヤがパンクしている車であっても、廃車買取り業者の査定額が期待できます。

山形県の廃車業者選び2つのポイントとは

山形県内で廃車予定がある方は、売却する廃車業者の選び方次第で買取価格が上がったり下がったりすることがあります。賢く廃車業者を選ぶために大切なポイントを二つご紹介します。

廃車に必要な工程を一貫して出来る業者を選ぶ

廃車に必要な工程とは、3つあります。

まず1つ目は廃車の引取業務です。これは廃車解体をする業者までの移動が必要な車にのみ必要な工程ですが、廃車前提の車は故障やバッテリ上がりで不動になっていることも多いため、積載車手配が必須な車も少なくありません。

2つ目は、廃車の解体処理です。車本体は解体処理を行い、再利用可能な部材と廃棄する部材に分けます。解体処理を行うことが出来る業者は、認可が必要なため限られています。

3つ目は、廃車手続きです。廃車手続きは、運輸支局へ必要書類と車についていたナンバープレートを取り外し持っていきます。個人で手続きをすることももちろん可能なのですが、書類の準備やナンバープレートの取り外しなど、業者に依頼したほうが手間が省けるという方も多くなっています。


この3つの工程をすべて行うことが可能な廃車買取業者へ依頼すると、一貫しているため外部発注が発生せずユーザー負担が少なくなり、買取に還元されやすいため買取価格も高くなりやすいのです。

廃車買取後の販路が多い業者を選ぶ

廃車買取を行っている業者の中には、リサイクルパーツを国内の修理工場やメーカーに販売するだけでなく、インターネット上で全国販売をしていたり、海外へ輸出販売をしているところもあります。


この買取後の販路が拡大し大きいほど、部品や部材ごとに需要のあるところへ売却することが出来るので、再販価格が上がり、買取価格も高くすることが出来ます。

山形県の市町村から自動車の各種手続き業者を探す

廃車TOPに戻る