「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
かしこく水没車・冠水車を廃車する方法

かしこく水没車・冠水車を廃車する方法

車が水没、冠水してしまった場合、どのようにすれば、損せず、かしこく廃車ができるのか?をご紹介していきます。

公共交通機関が不便な地域では、自家用車がないと生活が困難になってしまう方も多くいます。
もしも、水没・冠水して廃車になってしまったら、車の買い替えを検討する必要があるかもしれません。
こちらのページでは、車が水没してしまった時の 水没車・冠水車をかしこく廃車する方法 をご紹介します。

水没車・冠水車になったら修理する?廃車する?

水没・冠水してしまった車は、状態によって修理か廃車の判断を迫られます。
水害車は状態によって修理費用がかなり違ってきます。修理または廃車にするかの目安は、水没の度合いで変わります。

座席のシート上まで浸かってしまっていたら、廃車をおすすめ

座席のシート上まで浸かってしまっていた場合の修理代金は、概算で50万~といわれています。淡水か海水かなど状態によってはそれ以上にかかることもあります。
水没被害でシート上まで浸かった場合、内装が水浸しになり泥汚れでルームクリーニング費用がかなり高額になることもあります。特に水没は泥水や汚水などが含まれていると、匂いがついてしまいます。この匂いはクリーニングしても取れないこともあります。
エンジンやトランスミッションは修理代金が100万を超えることもありますので、もしシート上まで浸かってしまっている場合は、廃車をおすすめします。

フロアマットまで浸かってしまっていたら、予算次第で修理

フロアマットまで浸かってしまっていた場合の修理代金は、概算で5万から10万、損傷状態によってはそれ以上になることもあります。
座席シートは水に浸かっていなくても、マット付近に匂いがついてしまってルームクリーニング費用が上がったり、海水が混ざっていた場合は足回りなどがさびやすくなっているため、後のトラブルの原因になることもあります。修理をして乗り続けるかどうかは、走行距離や年式なども含めて検討が必要です。
予算を決めておいて、修理の見積もりを出してもらい予算以内なら修理、超えたら廃車をおすすめします。

次の車の購入資金にあてたい、冠水車は買取してもらえるの?

廃車しようと決めたなら、次の車の購入資金のためにも、できたら高く買取をして欲しいと考えると思います。
では、どこに売却すれば水没車・冠水車はを買取してもらえるのでしょうか。
中古車販売店では、買い取った車を板金や整備して再販することを前提に査定しています。水没車や冠水車は修理代金が嵩んでしまったり、エンジントラブルなどが起こりやすいため査定は厳しくされることが多く、不動や故障をしていた場合は処分費用を請求されてしまうこともあります。

廃車専門の引取業者は買取が可能です

廃車専門の引取業者なら、水没車・冠水車でも買取が可能です。
エンジンルームまで水が浸かっていてエンジンが故障していても、シートが水浸しで匂いが残っていても買取の査定対象になります。
なぜなら、廃車専門の引取業者は車のパーツや車本体に使われている鉄・非鉄金属を解体して取り出すことができます。またその取り出して回収したパーツを国内外の販売ルートに流通することで、水没車や冠水車であっても買取が可能になるのです。

水没車・冠水車を高く買取りしてもらうコツがあります

では、廃車専門の引取業者へ水没車・冠水車を高く買取りしてもらうコツはなんでしょうか。まず第一に、早めに廃車の引取依頼をすることです。水没や冠水をしてしまった車は濡れていたり、見えないところに水気が残っていることもあり、とても錆びやすい状態です。足回りの部品などが錆びてしまうと、再利用ができなくなり価値が下がってしまいます。
窓ガラスを少し開けておくことで換気ができるため、カビ対策や匂いの対策になります。
バッテリーも中古部品としての買取に影響します。放電してしまうので電源は外しておきましょう。

エンジン不動の水没車でも引取に来てくれる?

廃車専門の引取業者へ連絡しようと思ったが、不動車でも引取に来てもらえるのかと不安になります。
エンジン不動の水没車でも、廃車専門の引取業者でしたら引取が可能です。

レッカー会社ではマフラーの排気口まで水に浸かった場合、個人ではエンジンの始動をしないように伝えています。
エンジンルームまで水が入ってしまっていた場合、エンジンをかけることで電気系統のトラブルが起こり、車両火災が発生する可能性があるためです。

廃車専門の引取業者はエンジン不動でも引取が可能

では、エンジンをかけなくても引取は可能なのでしょうか。
廃車専門の引取業者は、もともと不動車や故障車の引取を行うことが多いため、ローダー車やユニック車など引取り専用のキャリアカーを保有しています。
大型トラックで車を積み込み引取るため、エンジンがかからない状態でも引取が可能なのです。

また廃車引取のレッカー費用を安くしてもらえたり、無料引取をしてくれる業者もあります。
廃車引取の業者は大型トラックでドライバーが伺っており、同時に2台以上の積み込みをして引取を行なうことができます。そうすることで自走による引取に比べて必要なドライバー数も減らすこともでき、結果コストパフォーマンスが良くなっています。

水没車・冠水車の廃車手続きもしてほしい

水没車・冠水車が普通自動車だった場合、使用できなくなった状態にも関わらず廃車手続きをしないままでいると、自動車税が発生してしまいます。廃車手続きを後回しにすると無駄なコストが発生してしまいます。
廃車をすると決めた場合は、廃車手続きも一緒に依頼しましょう。

廃車専門の引取業者は廃車手続きの代行が可能

廃車専門の引取業者は廃車手続きの代行も可能になっています。
自身で廃車手続きをしようとすると、平日9時~16時しか受け付けていない運輸支局へ会社を休んでいく必要があったり、行政書士に手続きを依頼すると 5,000円から1万円程度の手数料を請求されたりと費用がかかってしまいます。

廃車引取の専門業者へ引取りと代行を合わせて依頼すると、廃車手続きの代行費用を安くしてもらえたり、無料で手続きしてもらうことが可能です。
なぜなら、廃車専門の業者は運輸支局へナンバープレートの返納へいったりする機会も多いため、手続きが負担にならないのです。また引取回収した水没車を解体後、リサイクルしてパーツを販売することで利益も得れるため、費用を抑えて代行が可能になっています。

かしこく水没車・冠水車を廃車する方法のまとめ

水没車・冠水車をかしこく廃車する方法をご紹介しました。
ポイントは、できるだけ早く修理か廃車の判断をすることです。
廃車をする場合は、廃車専門の引取り業者に買取をしてもらうことをおすすめします。

▲ページの先頭へ